オフト後楽園

October 09, 2012

【MCS南部杯】2010年より売り上げ下回る http://www.sanspo.com/keiba/news/20121009/kei12100905020008-n1.html
>2012.10.9 05:02
2846bf6e.jpg マイルチャンピオンシップ南部杯で完全復活をアピールしたエスポワールシチー。佐藤哲三騎手は右腕を突き上げた http://www.sanspo.com/keiba/photos/20121009/kei12100905020008-p1.jpg
>第25回マイルチャンピオンシップ南部杯(8日、盛岡11R、交流GI、3歳上オープン、定量、ダ1600メートル、1着本賞金4500万円 =出走13頭)東日本大震災の影響で2年ぶりに盛岡で開催されたマイルチャンピオンシップ南部杯は、2009年&10年のJRA賞最優秀ダートホースで、1番人気エスポワールシチーが優勝した。2着ダイショウジェットに4馬身差をつける圧勝で、タイム1分35秒9(良)。4年連続の出走で1、2、4、1着と3年ぶりの2勝目で、GI7勝目となった。
>南部杯の売り上げは4億8110万2500円。東京競馬場で行われた昨年の70億2941万6200円(うち10%が盛岡への復興支援金に)とは比較できないが、震災前の2010年の5億32万3400円をも下回る結果となった。岩手県競馬組合は「今年はJRAの開催と競合していたこと、また、南関東や兵庫地区で発売がなかったことなどが売り上げ減になったのでは」と分析。また、南部杯のIPATまた、南部杯のIPATでの売り上げは3億2127万300円で、全体の66・9%を占めた。
>(紙面から)

 >南関東や兵庫地区で発売がなかった

これで泣きを見た同僚が一人。こいつは通勤定期で途中下車して中山で馬券を買うのが常で、しかし中山では売ってないしWINSも全滅、実券は東京競馬場地下の岩手コーナーでしか買えない。船橋競馬場で買えれば良いが去年、体育の日にJRAが三日間開催やった事を踏まえ南関東競馬4場が「どうせ今年もやるんだろ」と競合開催を避けるべくハナから開催予定を組んでおらず、よって鉄門は非情にも閉じられたまま。という事はオフト後楽園も休日非稼働。まあI-PATなりSPAT4なり電話投票加入してれば何て事ないのだが、こいつは電投に加入してない=実券買うしかない、事が広く知られてて、それ前提で馬券頼まれる事が結構有って、また今までこういう事態に遭遇しなかったため電投未加入なままだった。で、買えてりゃ獲れたのに、と。いわゆるカラ獲りというヤツだ。実券は実券で良いとして、やっぱ電話投票口座は作っとくに越した事はないっつう教訓だな。
 とはいえ南関も、大井か川崎がリレーナイターで16:30ぐらいに1レーススタートの一日9R制とかの開催すりゃどこでも南部杯買えた訳だしさ。何とかならんかったのかなぁ( ´-`)y-~~~

ダイヤル・S・フォー・ソニー
ダイヤル・S・フォー・ソニー

アーティスト:ソニー・クラーク
販売元:EMIミュージック・ジャパン
発売日:1996-07-24
クチコミを見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

November 03, 2010

 不吉な予感というか、やってて「あ、こらアカンわ」っつう日が有る。SPAT4の残高が無いので郵便局で金下ろしてオフト行ってJBCスプリントの馬券買って(クラシックの方は全く見えて来なかったのでやる気ゼロ)
017517aa.jpg
帰って日本選手権オートに専念って予定だったが、いざ郵便局に来てキャッシュカード忘れたのに気付き引き返し、出直して金を下ろし駅へ向かう途中腕時計を忘れた事に気付く。いや時計無くて困る状況では全くないけど、これだけやらかすと半分外れた感に支配される。でも超大穴狙い、買うのやめて本当に来られた日にゃ後悔どころの話じゃないので、初志貫徹し後楽園へ。するとドーム外周がえらいこっちゃな人手で、何かと思えばパフュームのコンサート今日だったのね。グッズショップの黄色い袋持ったのがズラリ、コスプレしてる女の子とかドームの看板写メしてるのとか、そういうのを尻目に馬券仕込み、
f3e6ed81.jpg
混雑嫌なので飯田橋へ歩いて帰宅。んでCS点けて、e19dbc5e.jpg
さあ優勝戦選手インタヴューっつうトコに電話。居留守使おうかと思ったが0120だから何かの企業から、んで出るとカード会社。何事かとTVの音消し話聞いてると長ったらしい挨拶に続いて弊社で取り扱う保険がどうたら「ジャカシイ!」全部聞き逃したわ。何で今日に限って、このタイミングで来るか、もうこの瞬間選手権負けだと観念した。それでも勝とうと思って車券買うのであり、真剣に予想し残高そっくり貼っ付けた。

 1 永井 大介 0 3.29
 2 若井 友和 0 3.32
 3 有吉 辰也 0 3.31
 4 荒尾  聡 0 3.30
 5 伊藤 信夫 0 3.32
 6 平田 雅崇 0 3.32
 7 金子 大輔 0 3.32
 8 重富 大輔 0 3.31

>投票受付完了
>受付を完了しました。ありがとうございました。受付番号:001
>飯塚
>▽下へ
>12R 3連単 3-1-4
>6.2 15,000円
>12R 3連単 1-3-4
>6.0 3,900円
>投票成立金額:
>18,900円
>b3H_9aWk.phmkCS5

スタート3と5が抜けた、と思いきや赤ランプ、まさか有吉じゃなかろうし信夫か?果たしてその通りで、改めての結果は周知の通り。

 SG第42回日本選手権オートレース(開催:飯
塚レース場) 永井大介選手 日本選手権優
勝でSGグランドスラムを達成!


1回目のSは明らかに永井は半歩、ワカ荒尾は一歩負けてただけに、信夫が余計な事しなきゃ…や、好き好んでフライングする奴ァおらん、しゃあないか。
 まあ選手権については改めて書くとして、今回、不思議と悔しいって気がしない。最初から負けの覚悟出来てたせいか、勝った永井への感動か、ワカが公約通りポイントでスーパースター王座決定戦への出場決めた嬉しさからか、それとも他の何かか。正直良く解らない。百パーの充足感ではないが虚無感とも違う。何か全てを有りのまま受け入れる、とかいうと悟りみたいだが、そんな高尚な人間じゃ全くない。何なんだろう('A`)?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック