オグリキャップ

January 16, 2018

サブちゃんが気にかけたキタサンブラックの血統問題 - リアルライブ https://npn.co.jp/article/detail/55794280/
>芸能ニュース 2018年01月15日 15時00分
55794280 https://images.npn.co.jp/article/1/1/80/55794280.jpg
>昨年の有馬記念を制覇して有終の美を飾り、今月7日に引退式を行った演歌歌手の北島三郎がオーナーのキタサンブラックだが、北島サイドから「血統NG発言」があったことを、発売中の「週刊ポスト」(小学館)が報じている。
>キタサンは通算獲得賞金18億7684万円で歴代1位(秋の古馬GI3冠ボーナス込ではテイエムオペラオーが1位)となったが、今後、北海道の牧場で種牡馬として生活。初年度の種付け料は500万円に決定したという。
>キタサンの父は名馬ディープインパクトの全兄だが現役時代の実績はなし。そのため、初年度の種付け料は50万円だったという。
>有馬記念を間近に控えた昨年12月中旬、都内のホテルで北島主催の競馬関係者を集めた忘年会を開催。その際、北島サイドの関係者が各メディアの競馬記者に対し、「(キタサンの)血統のことは書かないように」とクギを刺したのだとか。種付け料が決まる前だったため、どうやら価格が下がることを危惧したようだ。

キタサンブラックが種牡馬として成功するかは半信半疑、いや二八ぐらいで疑念の方が明らかに強い。キタサンが菊花賞を勝った時の競馬ファンの反応は「まさかブラックタイドの仔がGI獲るとは」だったし、その後ブラックタイド産駒が次々活躍なんて事もない。こういう、一頭だけ突然変異のように現れた強い馬って、その競走能力は得てして一代限り、産駒には伝わらないものだ。記事にもあるテイエムオペラオーの種牡馬成績然り、オグリキャップ然り、ミホノブルボンまた然り。まあ、それらと違ってキタサンを繋養してるのは大手である社台スタリオンステーション、種付頭数にしろ繁殖牝馬の質にしろ最初の2〜3年はそれなりに力を入れるだろうけど、そのスタートダッシュで活躍馬を出せなかったら早晩見限られるだろう。種付料500万ってのはサブちゃんの顔を立てたからだろうが、かなりの割高に映る。てか、それを裏付けするように、このポストの記事にしたって

 >キタサンの父は名馬ディープインパクトの全兄だが

ブラックタイドって馬名すら書いてもらえない、その程度の扱いだってところに実状が表れてるよな、と。非競馬メディアが非競馬人に向けた記事としてはそれぐらいしか書きようがない訳で、さながら「じゃない方芸人」や「二世タレント」。とほほほ(´・ω・`)
Just So Happens
Peacock
Postcards
1994-10-19



  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

May 30, 2017

【大差】ローソン、セブン、ファミマの「ミニクロワッサン」を食べ比べてみた結果 → 1社だけ格が違ェェェエエエ! http://rocketnews24.com/2017/05/29/905541/
>中澤星児/2017年5月29日
minikuro-e1495697627849 https://sociorocketnews.files.wordpress.com/2017/05/minikuro-e1495697627849.jpg
>オグリキャップいたァァァアアア!!

食レポの内容は置く、それより何より、この一文だ。純粋に形容詞としてオグリキャップというワードが出て来るってすげえよなと。これ書いた中澤さんがどの程度競馬好きなのか、仮に依存症レヴェルの人だったとしても、そんなホイホイ競馬例えばっかりしてたら普通は読者からクレームが付くだろう。っつうか、俺が今回驚いた事自体が既に、ロケットニュースで初見比喩である事の証明だ。いや改めて、オグリキャップの偉大さに感動した(´-`).。oO


  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

April 17, 2017

読者は全盛期を知らない?『ViVi』が「浜崎あゆみ増刊号」発売 http://sirabee.com/2017/04/16/20161093687/
>2017/04/16 11:30エンタメ
sgirabee20170415ayu01 (画像はインスタグラムのスクリーンショット) https://img.sirabee.com/wp/wp-content/uploads/2017/04/16083430/sgirabee20170415ayu01.jpg
>「ViVi」6月号(講談社)で、歌手の浜崎あゆみが表紙を飾る増刊号が刊行されることが決定し、話題になっている。
>浜崎あゆみの連載「Ayuのデジデジ日記」が前号で最終回を迎えたことを記念し、撮り下ろしカットやインタビューが掲載されるとのこと。
>浜崎あゆみの私服スナップやプライベートの顔をメッセージつきで紹介する「Ayuのデジデジ日記」は、2000年に「Ayuのポラポラ日記」という名でスタートし、17年間続いた。
>連載開始当時はギャルのカリスマと呼ばれ絶大な人気を誇った浜崎だが、ネット民の反応はクールなものが多いようだ。

 >・連載終了したし、viviはいままでお疲れ様でしたという意味で表紙に使ってあげたのかねえ ・読者の若い子達は全盛期とか知らないんじゃないの? ・38歳でViViの表紙… ・20歳前後が38歳に憧れるかね

>と、読者の年齢層との乖離に違和感を覚える意見が多数見受けられた。
>(文/しらべぇ編集部・星子)


相変わらずネタ提供に余念がない人だ…って、この増刊号はあゆ本人の意図ではないけども。アンチではないが特にファンという訳でもない俺も何度かネタにさせてもらった、しかしこの記事一番の驚きは、その連載が17年も前から、それもつい先日まで続いてたという事。38ったら、オッサンでも知ってる蛯原友里押切もえの1ヶ上、でもって2人は実年齢に合わせて掲載雑誌も高年齢誌にシフトして行ってるが、あゆはモデルとして出てた訳じゃないし、「ギャルのカリスマ」として表現者である事の拘りがあったのだろう、一世代上の雑誌に転身する訳には行かなかった、行けなかった…と。それは解るけど、純粋にファッション誌として普通に読んでた読者にとっちゃ、ちょっと困ったろうに。
30、40代ショック!新入社員にとって「ドーハの悲劇」は生まれる前 https://www.buzzfeed.com/tatsunoritokushige/30-dai-bi-kku-ri-do-ha-no-higeki-mo-zard-make-na-i-de-mo
この手の記事もそうだが、ヒトって自分が思ってるよりずっと早く歳を取るものだ。
 この罠だが、競馬やってれば割と陥らずに済むものだ。重賞過去10年の表とかを毎週のように目にしてるし、「オグリキャップの時代って三連単なかったんですねえ」「馬連だってなかったよ」「えええええΣ(゚д゚)!」とか、もうジェネレーションギャップっつうもんを嫌というほど思い知らされる、己が歳と向き合わざわるを得なくなる。悲しい事だけども('A`)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

February 14, 2017

NHKドキュメンタリー - プロフェッショナル 仕事の流儀 特別企画「競走馬・オグリキャップ」 http://www.nhk.or.jp/docudocu/program/284/1669439/
>今回は特別企画!伝説の名馬・オグリキャップが主人公だ。「ブラッドスポーツ」といわれ、血統が重視される競馬の世界。“二流”だったオグリキャップは、次々とエリート馬たちを倒し、有馬記念などG1レースを4勝。名実ともに、サラブレッドの頂点に上り詰めた。なぜオグリキャップは、血統や生まれ育った環境などの“格差”を乗り越えて活躍できたのか。今回、調教師や騎手、馬主など徹底取材。「名馬の流儀」に迫る。

昨夜のこれ、視たが、往時を知ってる身としては食い足りない部分も正直あった。何でこの人に聞かないの?とか。でもそれやると50分の放送尺には収まらないし、オグリファンだけではない、ばかりか競馬ファンですらない視聴者にも伝えるのだからポイントを絞り込んで(どこにどう絞り込むかが制作者の技だ)、アツく、しかしのめり込み過ぎずに程良い熱量で伝えなければならない。「程良い熱量」と言いつつ、引退レースである有馬記念の熱狂を伝えるために自社映像(使用料も掛からない!)ではなく敢えてフジテレビの実況をチョイスした辺りがセンスだ、冷静沈着なNHK実況ではなくドラマチックに伝えようとするフジのスタイルの方が、あの場のドラマを伝えるには相応しい。この番組、なかなかの優秀作ではないか。
 にしても、30年も前なんだなあ、俺も歳取る筈だ。あと、ディープインパクトってたった(!)7000万の馬だったんだなとか、他にもすっかり忘れてた事をいろいろ思い出したり、抽出しの整理整頓になった。ありがとう制作者( ´∀`)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

February 03, 2016

【あの時・オグリキャップ】(番外編4)白川次郎アナウンサー : スポーツ報知 http://www.hochi.co.jp/horserace/20160204-OHT1T50156.html
>2016年2月1日18時24分 スポーツ報知
20160204-OHT1I50067-L白川次郎アナウンサー http://www.hochi.co.jp/photo/20160204/20160204-OHT1I50067-L.jpg
>―1990年の有馬記念で実況を担当されました。印象的だったのが残り200メートルでオグリキャップが先頭に立った時に「さあ、頑張るぞ、オグリキャップ」との言葉です。
>「完全に思い入れですね。『頑張れ』では応援になってしまうので『頑張るぞ』にコンマ何秒かで変えたんです。ラジオたんぱ(現ラジオNIKKEI)は場内放送を競馬会から委嘱されているオフィシャルの放送なので、厳正中立でなければいけない。これはどこの局でも一緒なんですけどね」
>―実際にレースを実況した感想は。
>「まさか(オグリキャップが)勝つと思っていませんでした。『ホントに? え〜っ!』という感じ。人間の世界ではあり得ないような奇跡的な勝ち方でした。ゴール前はものすごくテンションが上がって、結局、レース前に用意したコメントを全く使いませんでした」
>―勝った時のコメントを用意していたのですか。
>「出走馬全馬、勝った時にどう褒めてあげようかと称賛の言葉を用意するんですよ。当然、オグリキャップも用意してありました。ただ、これだけのことをやった馬に対して、通り一遍の褒め言葉はないだろう、と。空々しくなってしまうので、用意した言葉を一切捨てました。何を言おうかとなった時、びっくりした気持ちを素直に言おうと思いました。『この最後の瞬間にファンの期待に応えました』と。素朴に『すごい』と思いました」
>―ゴール後、オグリコールが起こった時に「さあ、みなさんもご一緒にどうぞ」と一言添え、黙ってマイクを場内に預けました。
>「実は、その年(1990年)のダービーで失敗しているんです。中野コール(アイネスフウジンで勝った中野栄治騎手をたたえるコール)が起きた時に、解説の方々に話を振ってしまいました。場内の音をそのままマイクに乗せて全国の皆さんに伝えれば、すごくいい雰囲気が伝わったはずなんですよ。せっかくいい音素材がありながら使えなかったという、ものすごく悔やんだ例があったんです。ですから、オグリコールが起きた時に、僕は黙ることにしたんです」
>―17万人のオグリコールを電波に乗せました。
>「音声さんや技術さんにお願いして、マイクのボリュームを上げてもらって。オグリコールを30秒くらい、ずっと聞いていただきました。それが全てを語っていると思うんです。その声を聞くだけで、スタンドの情景や競馬場全体の雰囲気が伝わったのではないかなと。あれは僕がどんな言葉を使っても言い表せない。言葉で伝えられる限界はやっぱりあって、それは常々感じており、競馬場のみなさんのリアクションを聞いてもらうことで、言葉を上回るものが伝わったと思います」
>(聞き手・石野 静香)
>◆白川 次郎(しらかわ・じろう)1945年11月5日、高知県生まれ。70歳。日大芸術学部放送学科から1968年にラジオたんぱ(現株式会社日経ラジオ社)に入社。オグリキャップが勝った有馬記念(88、90年)のほか、ミスターシービーが制した天皇賞・秋(84年)、トウカイテイオー復活の有馬記念(93年)などを実況。2002年に初のエッセー「あと100っ!」を出版。14年には過去のレース実況を収録したCD「白川次郎実況名勝負セレクション」を発売した。2014年6月に引退。現在は美浦トレーニングセンターのG1調教見学ツアーなどを行っている。171センチ、67キロ。血液型B。

「番外編4」とあるようにかなりの大特集だが(本項だってかなり端折ってる)、それが出来るばかりか、それを紙面で特集する事を許されるほどのスターホースだったという事だ。とにかくエピソードに事欠かない、そしてそれに触れた白川さんの強烈なプロ意識たるや!四半世紀経って、改めてオグリキャップの偉大さに思いを馳せると共に、これをやってくれた報知G.J.!と褒めそやしたい。俺はこの有馬は見(←「ケン」。バクチ用語で「スルー」の意)だったし、俺の馬券術は消しから入るのでアンチとまではいかないまでもオグリファンではなくて、でもそんな俺にすら「刺さる」良記事だった。再度、報知GJ(•∀•)!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

March 22, 2015

90周年のキユーピーマヨネーズ 「ユ」が大文字の理由とは http://www.news-postseven.com/archives/20150321_311063.html
>2015.03.21 16:00
>大正14年に発売されたキユーピーマヨネーズ。当時は高級品として珍重され、デパートのみでの販売だった。
>注目すべきは、「キューピー」ではなく、「キユーピー」であること。
>「『ユ』が大文字なのは、デザイン上の理由です。横書きした時にユだけ凹んでしまうのがデザイン的に美しくないから、『ユ』を大きくしたんです」(田中さん)
>※女性セブン2015年4月2日号

ホンマか?と画像検索してみたが、何せ大正時代だけに出て来ない。辛うじて同社のサイト内にあるぐらいだった。
沿革|キユーピー https://www.kewpie.co.jp/company/corp/info/02_main.html
にしてもこれ、「キヤノン」みたいなものだな(「キャノン」表記は間違い)。と、ここで昔の競馬に思いを馳せる。古い人ならオグリキャップの正式な登録名はオグリキ「ヤツ」プである事を知っている。当時は地方競馬では促音・拗音の使用が認められていなかったためだが、命名意図は明らかなので実況では笠松時代から「キャップ」と呼ばれていたし、中央移籍後もマスコミは常に「キャップ」と表記してたけども('A`)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

December 03, 2013

流行語大賞に史上最多4つ お笑いなし http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2013/12/02/0006541375.shtml
>2013年12月2日
f2ceb611.jpg
『お・も・て・な・し』のジェスチャーを披露する滝川クリステル=東京會舘(撮影・園田高夫) http://i.daily.co.jp/gossip/2013/12/02/Images/06541616.jpg
>「2013ユーキャン新語・流行語大賞」が2日、都内で発表され、年間大賞には「じぇじぇじぇ」「倍返し」「お・も・て・な・し」「今でしょ!」の4つが輝いた。大賞に4つが選出されたのは史上最多。

 >【トップテン】(※五十音順)
 >アベノミクス
 >今でしょ!
 >お・も・て・な・し
 >ご当地キャラ
 >じぇじぇじぇ
 >特定秘密保護法
 >倍返し
 >PM2・5
 >ブラック企業
 >ヘイトスピーチ


まあどれ落としても反発されたろうし4頭同着、じゃなかった4語同時受賞でも良いか。いかにも日本的な落としドコロだ…とひねくれて見る事もなかろうて、今年は豊作の年だったのは確かだし。で、これを受けてウチの社では「オグリ(キャップ)の毎日王冠かよ」っつう笑い話になったのだが、実際笑えたのは揃いも揃ってオッサン会社だからだorz
 今の若い人には想像も付かないだろうが、昭和の時代は三連単どころか馬連すらなくて、だから単勝・複勝・枠連の3つしか賭式がなかったのだが、例えば単勝百円台の一本被りの馬と単勝万馬券の人気薄が同枠になったとする。で、その人気馬から枠連を買って、然る後に同馬が発走除外になった時、同枠に(たとえどんなに人気薄だったとしても)まだ馬が居るためゾロ目以外は買い戻し対象とはならず(3頭以上同枠の際はそれすら受けられない)、だから「俺こんな脈のない馬買った覚えないぞ!」と泣こうが喚こうが何の救済措置も受けられない。これはさすがにアンマリではないか?っつう訳で「明らかに人気化が見込める馬は最初から他馬と同居させないようにしましょう」という単枠指定制度なるものが生まれた。「主催者による予想行為ではないのか」という批判もあったが、他競技では普通に行われてるし、その他競技より報道量が桁違いに多い中央競馬だったら日曜重賞の人気度は週中には容易に想像出来る。で、単勝支持率が30%を超えると思われる馬を単枠指定する。
 それで89年の毎日王冠だが、イナリワン・オグリキャップ・サッカーボーイ・メジロアルダンの実質4頭立てと言われるほど他馬とは力量差があり、かつその4頭に甲乙付け難い卍巴戦、競馬マスコミの論調もキレイに割れた。4頭全て単枠指定すれば良いのだが、30%ルールからすると3頭単枠指定は出来ても(実例は既に複数回あった)4頭指定は自己矛盾する、どうするJRA?という意地の悪い記事まで出る始末。
 これに対するJRAの出した答は「オグリ1頭だけを単枠指定する」というもの、言われてみればコロンブスの卵っつうかまことにごもっとも。しかしその後サッカーボーイが脚部不安で回避→じゃあ最初から3頭単枠指定しときゃ良かった…ではなく、そもそもレースが8頭立てとなってしまったため単枠指定そのものが全く意味なしという(9頭立て以上で初めて意味を為す制度だから当然だが)、何とも膝カックンな結果を迎えたのだった。レース自体は今なお語られる事も多い伝説的名勝負となったのだが、俺はどうしても週中のドタバタを思い出してしまいちょっと笑ってしまう…のは、当の俺自身も底意地が悪いからだ( ´,_ゝ`)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

June 24, 2012

JRAホームページ|データファイル 12.06.24 第53回宝塚記念(GI)の結果
オルフェーヴルは単勝一番人気でこそあったがオッズは3.2倍、前二走と比べるとはっきり支持率が下がってた。競馬マスコミも本命印を付けている記者の方が稀、◎が一つも付いてない新聞も珍しくなかった。結果オルフェは勝ったとはいえ、そのレースっ振りは3歳時の「つえー!」と呆れさせるほどの強さではなかったし、むしろ他馬がことごとく凡走してくれた事に救われた(ネコパンチは自分のペースで逃げられず、ルーラーシップには流れが早過ぎ、ウインバリアシオンはタメないと弾けないのに早く動き過ぎetc.)。図式としてはオグリキャップのラストラン、有馬記念に近いか。でも、オグリの時とハッキリ違ってたのは本場がそれほど盛り上がらなかった事(TVで視てた限りだが)、一番人気とはいえ皆がオルフェの復活を望んでるという訳ではなかった事の証左だ。しかしそれでも勝ちは勝ちだ。
【宝塚記念】池添「責任がある」 覚悟のオルフェ騎乗 http://www.sponichi.co.jp/gamble/news/2012/06/21/kiji/K20120621003508240.html
>【池添と一問一答】
>――厳しい言葉も浴びた。
>初めて騎手をやめようかと思った。もうG1には乗らない方がいいのかと。
>[ 2012年6月21日 06:00 ]

池添は入線後何度も何度も雄叫びを上げ、何度も何度もガッツポーズし、何度も何度もオルフェの首筋を叩いた。池添本人にしか解らない苦しみと、それを乗り越えた喜び。レースレヴェルそのものは凡戦とまでは言えないが中身は決して濃くはない、これで凱旋門賞に色気が…なんて口が裂けても言えない。でも、それでも、池添やオルフェ関係者には素直にオメデトウだ。
 ところでウチの社には「オルフェ頭でこんなオッズ付く事二度と無い」っつうだけの理由で買い宣言したヤツがおったが、獲れたんだろうか。抜けてそうな気がするんだが…('A`)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

July 03, 2010

 仕事終わりで函館スプリントステークスの前売買って歯医者行って整体行って帰宅。函館SSのカギは幾つか有るが、最大のポイントはラブミーチャンの取捨だろう。俺は報知フィリーズレビューの時バッサリ切って儲けさせてもらったが、芝そのものは確かにこなしてはいた。本質的には1ハロンでも短い方が良いのと、坂が堪えた感で、前走も最後捕まったとはいえ自身従来のレコードを更新するだけのスピードは見せている。内枠にハナ速い馬はおらず、ウエスタンビーナスが回避にヘッドライナーが枠順発表前取消と展開面も恵まれた、今回アカンかったら「やっぱりダート馬」と諦めるにしても今回買うだけの価値は有る。幸いにして、単はともかく連勝は売れてないし(・∀・)ニヤニヤ
2ce6254e.jpg
とほくそ笑んでたら訃報(´・ω・`)
「芦毛の怪物」オグリキャップが死亡0http://www.sanspo.com/keiba/news/100703/kba1007032025020-n1.htm
>2010.7.3 20:24
>多くファンから人気を博し、競馬ブームを支えたアイドルホースで「オグリ」「芦毛の怪物」などの愛称で呼ばれたオグリキャップ(牡25歳)が3日、余生を送っていた北海道・優駿スタリオンステーションで、脚部を骨折して死亡した。
>オグリキャップは1987年に地方・笠松競馬でデビュー。12戦10勝と圧倒的な成績を残し、1988年に中央競馬(JRA)に移籍した。中央競馬では引退レースとなった1990年の有馬記念を含む重賞12勝(うちGI4勝)という偉大な記録を残した。通算成績は地方、中央を含め32戦22勝。
>競走馬の引退後は種牡馬となったが、中央競馬での重賞勝ち馬を出すことはできなかった。主な活躍馬にクイーンS2着のアラマサキャップや小倉3歳S2着のオグリワンがいる。地方競馬ではアンドレアシェニエ(牡9歳、現役)が14勝を挙げている。2007年に種牡馬を引退し、余生を過ごしていた。
>オグリキャップは父ダンシングキャップ、母ホワイトナルビー、母の父シルバーシャークという血統。笠松時代は鷲見昌勇厩舎、中央時代は瀬戸口勉厩舎に所属。1988年にJRA賞最優秀4歳牡馬、1990年にはJRA最優秀5歳以上牡馬および、年度代表馬になった。
>引退レースに騎乗した武豊騎手の話
>「競馬の歴史にすごい名を残した馬に2度騎乗させてもらって本当にありがたかった。誇りに思う。オグリを知らない若い世代のファンもいらっしゃるので、あのスーパーホースのすごさを伝えていきたい」
>増沢末夫元騎手の話
>「ああいう名馬だし、亡くなるというのは残念ですね。骨折ですか…」
>笠松競馬時代の装蹄(そうてい)師の三輪勝さんの話
>長生きをしていたから、いずれはと思っていたが、悲しい。元気な時にもう一度会いたかった」

俺的にはすこぶる馬券の相性が悪く、何度となく泣かされた馬だった。散々語り尽くされた馬について、俺から付け加える事も無かろうて。合掌(-人-)
 で、安直なお涙頂戴はあんまり好みではないが、後は頼んだ感みたいな因縁は感じる。俺の馬券は抜けでも構わんから取り敢えず頑張って見せ場は作れラブミーチャン( ´-`)y-~~~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

April 09, 2010

アパパネの強さの秘密とは… http://uma36.com/?pid=column_view&id=400010&no=420759
>2月18日から関東馬では最も長く栗東に滞在しているアパパネだが、担当の福田調教厩務員との熱愛ぶりが話題となっている。普段から彼にベッタリと顔をすり寄せ、その瞳はまさに“恋する乙女”なのだとか。女性リポーターが馬房を訪れた際は、「2人の邪魔をするな」と言わんばかりのキツい目でにらみつけ、離れた途端に彼氏のこかんに顔をうずめ、イチャイチャと…。
>阪神JF優勝後、放牧に出さずに厩舎で調整した経緯は、アパパネの恋心を察しての“親心”だったのでは、と妙に納得させられた。ゲート入りまで厩務員に付き添ってもらえても、次に会えるのはレースを終えたあと…。誰よりも速くゴール板を駆け抜けて彼に会いたい、褒められたい、という想いが、彼女の強さの秘密なのかも知れない。
>(美浦時計班・加藤剛史)
>2010年04月07日

股間に顔を埋めイチャイチャと…(*´Д`*)ポワワ いや、これは、オグリキャップはエンジン音の違いを聞き分け担当厩務員の出勤を解ってたとか系のエピソードにカテゴライズするべきなのだろうが、にしても股間…(*´Д`*)ポワワ
 やっぱ、どうしても、ホウヨウボーイは非常に馬っ気が強く、パドックで牝馬の後ろに付いただけでブランブランさせてたとか、8回負けたうちの6回の勝ち馬は牝馬だったとか、ヤエノムテキは同厩の牝馬シヨノロマンが近くを通るたびガン見して固まってたため、同馬に恋してるんじゃないかと言われたとかのエピソードを思い起こさせる。3歳ってのは人間でいうとピチピチでムチムチでパッツンパッツンなオニャノコで、それが股間…(*´Д`*)ポワワ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック