やしきたかじん

June 23, 2016

【ボート記者リレーコラム】魂を揺さぶられたレース http://www.tokyo-sports.co.jp/race/boat/556418/
>2016年06月22日 10時19分
>開場以来、今年で60周年を迎えるボートレース住之江。これを機にボートレース界をけん引してきた住之江の歴史を簡単にひもといてみた。
>もともとは1952年に開場した狭山競走場(大阪府狭山町=当時)だったが、当初からの赤字続きと55年に起きた干ばつによる干上がりで閉鎖せざるを得なかった。
>その移転先となったのが、当時は低湿地帯だった現在の住之江レース場で、56年6月19日に開場。その後は時代背景の後押しもあり、売り上げ、入場人員ともに順調に伸ばし、61年8月には「ファンのために」という要望に応えるべく、第8回ダービーを開催した。
>☆若林 茂(わかばやし・しげる)=1968年1月30日生まれの48歳。法政大学卒業後、様々な職業を経て、2010年東京スポーツ入社。以来、大阪レース部に所属し、現在はボートレース住之江と近畿周辺の女子戦を担当。

これ競艇やってる人には初歩の初歩なんだろうけど、そうでない俺には全くの初耳で、かなり驚かされた。大阪狭山は南海高野線で難波から23分・堺東から12分なら場所は悪くない…ってのは今の感覚、住之江ですら単なる低湿地帯に過ぎなかった昭和2〜30年台(!)だと結構な田舎だったんだろうな。普通の大阪人が競艇やりたいってなったら尼崎行っちゃうか。ずいぶん前、テレ玉で『たかじん胸いっぱい(←この番組自体が、もうずいぶん前になってしまった)』をネットしてたのだが、一度「在阪5私鉄を色んな角度から比較する」って企画があって、そこで南海電鉄を「乗客のパンチパーマ率が5社中1位」と紹介し、「しかし尼崎競艇開催日は阪神電車に負ける」と続け演者とスタジオ観覧客がドカーン!とウケたのをよく覚えている。たかじん当時ですらそうなら、昔の競艇客はわざわざ狭山行くより尼崎ってのが当然だったんだろうな。
 それにしても、たった3年で閉場って杜撰にも程がある。やっぱ当時の狭山町では責任問題で上を下への大騒ぎ、町長リコールだ何だで色々と揉めたんだろうか。謎だ('A`)?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

October 31, 2015

「秋元康、和田アキ子は負け組」!? 北島三郎G1制覇に見る、“芸能人馬主”の現実が悲しすぎる…… http://www.cyzo.com/2015/10/post_24684.html"
>2015.10.30 金
3e5d84ef.jpg 馬主はつらいよ http://www.cyzo.com/images/kitasan.jpg
>演歌の大御所・北島三郎の愛馬、キタサンブラックが25日、第76回菊花賞(G1)を優勝。馬主歴47年(初出走時)のベテランがついにG1オーナーの座についた。賞金はなんと1億1200万円である。
>北島氏は、これまで170頭以上の競走馬を所有。その総費用は8億円とも10億円ともいわれているが、やはり歌謡界の“ドン”はスケールが違う。
>実際に芸能人やスポーツ選手など、多くの著名人がJRA(日本中央競馬会)の馬主となっているが、年間7000頭近いサラブレッドが生産され、2000名ほどの馬主がいる中で、年間24しかないG1レースを勝つことは並大抵のことではない。北島氏ですら、47年目にしてやっとG1を勝ったのだから、その大変さがわかるというものだ。
>しかし、北島氏のように馬主になってある程度成功することは極めてまれであり、多くの著名人は馬主として結果を残せず、撤退しているのが現状だ。
>例えば、芸能界の大物・和田アキ子は、本名の飯塚現子名義で馬主登録。これまで30頭以上の競走馬を所有してきた。馬名はソウルマン、ソウルマックス、スターオブブルースなど歌手にちなんだものが多い。これまでかかった費用は馬代金・預託料合わせて5億円以上と思われるが、賞金による回収はその半額以下。重賞を勝って注目されるような活躍馬は、全く現れなかった。
>AKB48などのプロデューサーでお馴染みの秋元康氏も、これまで6頭を所有したが、ゴールドディスクという3勝馬以外の5頭は、すべて未勝利。さっさと見限って撤退した模様である。
>中には、元メジャーリーガーの佐々木主浩氏のように、馬主歴6年で重賞勝利、7年目にヴィルシーナでG1レースヴィクトリアマイル優勝。演歌歌手の前川清所有のコイウタも同G1レースで勝利といった、強運を持ち合わせた著名人もいるが、これはまれな例。実際に浅田次郎、大橋巨泉、志村けん、陣内孝則、鳥羽一郎、萩本欽一、やしきたかじんなど多くの著名人が、馬主として挫折を味わっている。
>北島氏が馬主になってG1レースを勝つのに費やした47年は、馬主としての成功が容易ではないことを表している。

世間一般の、競馬というものに関する無理解さを改めて思い知らされる記事だな、と。

 >多くの著名人が、馬主として挫折を味わっている

著名人じゃない一般人だって大変なのは一緒、馬主ってのはそういうものだ。っつうか馬主業がそんな簡単に儲かるものだったら、誰も彼も馬主に参入して来るっての。GIを獲るどころがプラスになる事すらレア、完全に道楽の世界であって、それでもやるのは競馬そのものが好きだからだし、例えばGIを勝つ事の名誉が欲しかったり、とにかくゼニカネは二の次としたものだ。「どうせ節税対策だから」とか軽い気持ちでやってたら保たない、本当に競馬が好きでないととてもやってられないものだ。そしてもちろん、本当に競馬が好きであっても経済的にシンドイとやっぱりやって行けない。

 >賞金はなんと1億1200万円である

あのねえ、それ全部馬主のじゃなくて、そのうち調教師が10%、騎手と厩務員は5%ずつが取り分で、しかも馬主に入る残り80%には税金が掛かるから、正味75%ぐらいとかなの。
進上金 - JRA
でもって業界の慣例として、勝ったら祝儀であるとか、重賞勝ったら記念ブルゾンやらキャップやら作って振る舞わないといけない。俺もかつて一口馬主をやってた事があるが、そのクラブでは、そういう経費に充当する分として1着時はさらに5%を引かれ、その上クラブの事務手数料まで引かれるので、賞金額の70%で算段してたものだ。まあ俺もご多分に漏れず、経済的事情から後ろ髪引かれつつ撤退したのだが(理由は他にもあるが、今回のテーマとは外れるので略)。

 >「秋元康、和田アキ子は負け組」!?

記者が言いたかったのは見出しの、この2人をdisりたかっただけじゃないか?って気がするんだよな。まあ確かに古くからの競馬ファンとして知られる存在ではなかったから、「さっさと手を引いた」「堪え性がない」という風に映ってしまってもしょうがないし、競馬以前の部分でこの2人を俺は好きではないが、でも、それでもこの記事は感心しないなあ('A`)

ディシジョンズ
ディシジョンズ

アーティスト:ジョージ・アダムス〜ドン・プーレン・カルテット
販売元:Solid
発売日:2015-06-16

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

April 01, 2014

たかじんのメロディーが流れる JR大阪駅が「やっぱ好きやねん」を導入 http://sankei.jp.msn.com/west/west_life/news/140331/wlf14033116490022-n1.htm
>2014.3.31 16:47
5103678d.jpg やしきたかじんさん http://sankei.jp.msn.com/images/news/140331/wlf14033116490022-p1.jpg
>1月に64歳で亡くなった歌手でタレントのやしきたかじんさんの代表曲「やっぱ好きやねん」が、JR大阪駅の大阪環状線ホームに響くことになった。JR西日本が31日、5月から発車メロディーに採用すると明らかにした。
>JR西の担当者は「大阪を心から愛してくださったたかじんさんの代表曲で、大阪の中心にある大阪駅も『やっぱ好きやねん』と利用者の皆さんに思っていただければ」と話している。
>JR西によると、昭和61年のヒット曲「やっぱ好きやねん」を発車メロディーに独自にアレンジ。5〜6秒の長さにしたという。

大阪環状線だったら「回って回って回って回る」円広志の『夢想花』の方がしっくり来るし、たかじんさんも「北新地の方が良かったのに」とか言ってそうな気もするけど、でも良いよな。あと大阪と言ったらBOROの『大阪で生まれた女』とか、桑名正博やキダ・タローもどこかに採用されるべきじゃないか?
 バクチ脳としては、3競オートのファンファーレもどこか駅メロに採用されないか?と考えてみたくなるが、でもまず地方競馬以外は原則全場同一メロディだからご当地感に乏しく、営業エリアの小さい私鉄ならともかくJRには相応しくない。オートレースは全国に6ヶ所しかないから希少性の部分は大目に見るとしても、そもそも駅から無料バスに乗る時点で最寄駅感に欠ける、山陽以外はオミット。その山陽も、キオスクが昨年度いっぱいで閉店してしまったほどの小駅だしねえ。
 っつう訳で地方競馬。しかしご多分に漏れず地方都市はクルマ社会、実現可能なのは船橋・大井・名古屋・笠松ぐらいか。…どっかやんないかねえ。名古屋のあおなみ線や笠松の名鉄なんてハマりそうに思えるんだけど( ´-`)y-~~~

JR東日本駅発車メロディー・特急急車内メロディー 音源集 山手線全駅+α~
JR東日本駅発車メロディー・特急急車内メロディー 音源集 山手線全駅+α~

アーティスト:効果・特殊音
販売元:テイチクエンタテインメント
発売日:2005-06-22

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

January 10, 2014

たかじんにできて、なぜテレビはできない 「とくダネ!」小倉、無言で下を向く http://www.j-cast.com/2014/01/08193618.html?p=all
>2014/1/ 8 11:48
>歌手・タレントのやしきたかじんさんが2014年1月3日、64歳で死去していたことが報じられ、人々に大きな驚きと深い悲しみをもたらした。
>主に関西圏で活躍し、「ミスター大阪」の異名も持つだけに、在京キー局の情報番組でも訃報を大きく取り上げた。やしきさんの魅力の1つでもある「歯に衣着せぬ物言い」をうらやむようなやり取りもあった。
>14年1月8日放送の「とくダネ!」(フジテレビ系)では、「歯に衣着せぬ物言いで人気」「関西の視聴率男」が亡くなった、として取り上げた。
>コメンテーターのデーブ・スペクターさんは、「たかじんのそこまで言って委員会」(読売テレビ)、「たかじんNOマネー」(テレビ大阪)などで共演経験が多く、「好きというか崇拝している」という。
>笠井信輔アナウンサーはデーブさんからやしきさんの出演番組のDVDを渡されるそうで、「こんなことを関西ではやってるんだよと。ここまで言えるかっていうね。見てびっくり。関西ローカルだからここまで言えるのかと思いきや、むしろそれを武器に我々ができないこと、このスタジオで言えないことを放送で言っているという…考えられない」と、「毒舌」に驚くと同時におののいている様子だ。
>生前親交があった司会の小倉智昭さんも、「大阪でたかじんさんの番組見たり、北海道行ったら北海道の大スター日高晤郎のラジオ聞いたりするわけですよ。何でローカルでこの発言ができて、東京で同じようなことをメディアで言えないのかって思う。そこがちょっと違うんじゃないのかな、不思議だなってずっと前から思ってた」と、全国ネットの番組に対する煮え切らない思いをのぞかせた。
>しかし芸能リポーターの武藤まき子さんから「小倉さんも負けないで、言っちゃダメっていうようなこともどんどん言って、今年は!」と言われると、小倉さんは無言になり、ガクッとテーブルにうつぶせた。どうやら自分が「そこまで言っていいんかい」と言われる度胸はないようだ。

関東一都六県の、東京キー局のTVが映るエリアだけで日本の1/3の人が住んでて、それだけ居るだけでその分の情報だけで手一杯になってしまう。だから普通に受け身で生活してると『外』の情報が入って来ない、ネットなどで能動的に外とアクセスしないと自分が情報遮断された状態である事に気付かない。これを「東京モンは東京マスコミに情報操作されてる」とか言うと大ゴトだが、外からはそのように見られているのは確かだ。今回のやしきたかじんも、東京のTVには出ない人だったから、訃報が各スポーツ紙の1面を飾りワイドショーでも大々的に報じらてるのをウチの社では「これそんな大ごとか?」っつう反応ばっかだし、追悼コメントを述べるトミーズ雅に至っては「あ、まだやってたんだ」「久々に見たわ」とヒドい言いっ振り。先に日本の1/3割と書いたが、残りの2/3の人達(=多数派だ!)からは「お前らアホか、たかじんはな(ry 」とコンコンと説教されても何一つおかしくないのだが、その1/3が全てと思ってる、思い込まされて来た人はまだその異常さに気付かず、挙げ句に『知らない自慢』すらしてしまう。
 でもってそれは当のマスコミすらそうで、去年俳優の地位武男が亡くなった時、朝日新聞の天性人語は、出演してた番組『ちぃ散歩』を引き合いに出し故人を偲んだのだが、たかじんの盟友・辛坊治郎に「んな関東ローカルの番組知らんわ」と噛み付かれた。朝日の記者は『ちぃ散歩』は全国ネットされてるものと思い込んでた、マスコミの中の人すら騙されてしまったのだ。
 もちろん逆もあって、ツイッターで今視てるTVの感想述べるツイートは珍しくないが、アレッ?と思わされる事が何度かあって、調べてみるとテレ朝『タモリ倶楽部』って東海や福岡では東京の1ヶ月遅れ、関西ではさらに半月遅れの放映なのね。でも彼らは、それを『今』として捕らえてるのだ。
 結局、自分の周りだけでなく、常に広い視野を持って情報収集しないとミスリードされたままに凝り固まってしまう訳で、それは知識にしろ意識にしろ思考体系にしろイカンよな、と。
 で、このブログ的バクチ話だが、スポーツ紙だったら東京本紙と関西版でコメントが違うというような事は基本的にない。とはいえ、各地域にしか載らないコラムや記事本文の中で独自コメントが出たり、そもそも予想の買い目がローカルという事は今なお多い。競馬に関しては、東西記者の予想欄を統合したり記事をすり合わせたりという事を各紙初めてるが競艇競輪オートに関してはまだまだ、これは何とかならんもんかなあ( ´-`)y-~~~

ローカル・カラー
ローカル・カラー

販売元:コロムビアミュージックエンタテインメント
発売日:1987-12-21

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

March 06, 2012

 昨夜(日付的には今朝)のチバテレ『アグレッシブですけど、何か?』久々に近所迷惑なぐらいワロタw
 企画はローカルMCサミット。名古屋のスーパースター・つぼイノリオまで行かんでも、ローカルアイドルやご当地ゆるキャラがあるように各地方それぞれの著名タレントというのがいる、それらが一同に会して何やかやろう…というのは過去ハズレなしとあって今回は第6弾。
 まず最初に登場はとちぎテレビのだいじお兄さん、外見は物真似芸人のホリの彫りを深くしたような、でも体操のお兄さんキャラ。続いて登場は大分のカボスひろし、バッファロー吾朗・木村がグリーンのラメの帽子を被ったような、と言えば良いか。そしてウドン国・香川からはレポーター本多春奈。最後に、基本女優なのだが青森でレポーター等もこなす百香、以上4人プラスMCの中島。
 で、みんな異様なハイテンションの中、まず百香持参の八戸土産・鶴子饅頭を開く。曰く、黒砂糖や炭で黒くした皮で濾し餡を包んで焼き、表面に落雁をまぶしたと。で、これをただ食べるのも芸がないからグルメレポで…と中島がだいじお兄さんに振るや、ヒソヒソ声で「実はこのキャラで食レポやった事ないんです」しかし覚悟を決め、声を張り上げTシャツを肩までたくし上げ、二の腕の筋肉を見せ付け饅頭を口に運ぶ。少しの沈黙の後、一同固唾を飲んで見守る中発せられた言葉が「旨い」一同コケ大ブーイング。挽回を求められたカボスひろしは「良い食レポには起承転結があるんです」と豪語。「わー美味しそうですねー、じゃあ頂きまーす」と口に運ぶ、普通に咀嚼、ストップし睨み顔、目を見開く、それに中島が「あ今『起』ですよコレ」「『承』ですね、探ってます探ってます」「あ『転』来ました!」と付けて散々煽るのだが、関心の『結』が「美味しい」やっぱりか、と一同笑いを噛み殺し顔を伏せる。
 舞台となったANAクラウンプラザホテル広島提供のビュッフェの食レポも、カボスが自分の前に置かれたフルーツ&生ハムをやろうとするや、だいじお兄さんと「苺は許さんぞ!(←栃木県は苺収穫高全国一)」「いや、この苺は僕に食べられたがってるんですよ」「お前、苺の顔が見えるのか?」突如始まるアドリブ小芝居。「兄さん。目で『食べて』って僕に訴え掛けてます」「そうか…(寂し気な笑顔で)幸せにしてやってくれ」「兄さん、ぼ○▲△×…」痛恨の大噛み(´;ω;`)
 もう一事が万事この調子。ウドン姫は突っ込み鋭く、百香は中島の段取り意図を無視しての発言や悪気のない毒を吐いたり、要所に存在感を示す。日本人のTV試聴時間は減る一方だと言う、確かに年々つまらなくなってるのは間違いないが、こうしてローカル番組視るとキー局にはないダイナミズムがまだまだ健在で、これを捨てるのはもったいないなと思う。東京住んでるとどうしても東京至上主義になってしまうし東京情報が全てと思い込んでしまいがちだけど、日本は広いよ、いや本当に。
 去年で連続記録は途絶えてしまったが、毎年12月は山陽オートのスピード王決定戦を見に行くのが年中行事となってた、その場内には普通に地上波を映してるTVが何台かあって、「こっち(=山口県)じゃ『クイズ!ヘキサゴンII』こんな時間やってんのか」とか、東京じゃやってない『たかじんのそこまで言って委員会』視れて「日曜の昼下がりにこんな濃ゆい番組やるって凄いなー」とか思ったものだ。やはり山口県は防府競輪に旅打ちした際、泊まった新山口のホテルで初めて『中野浩一のK-ファン』『サタうま!』視れた時の感動ったらなかった。今は旅打ちも貧乏旅行ゆえ、ヒットアンドアウェイ弾丸ツアーばっかになってしまってるが、土地の文化に触れるっつう意味でもちゃんと一泊した方が良いよなやっぱ。それぞれの地の番組視てえ('A`)

ローカル・カラー
ローカル・カラー

販売元:コロムビアミュージックエンタテインメント
発売日:1987-12-21

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

August 24, 2011

【紳助さん引退】「歯切れ悪いですね」 親友やしきたかじんさん、ツイッターで発言 http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/110824/ent11082411470012-n1.htm
>2011.8.24 11:44
>人気タレントの島田紳助さん(55)と親交がある歌手のやしきたかじんさん(61)が23日夜から紳助さんの引退騒動について自身のツイッターにこう書き込んでいる。
>ニュース番組などで報じられた紳助さんの会見を見て、《歯切れ悪いですね。本質が暴力団とのメールだけで吉本興行は切らないと思います》
>《ここ10数年間、南に土地ビルを収得・商売を展開している間に其の種の人達と関係が深まって行ったのは事実》と断言。
>さらに、《刑事事件にしないと云う前提での引退》と分析している。

そらそうだ、今表向きになってる理由だけで辞めるのなら、一緒に今すぐ辞めなければならない大物俳優に大御所演歌歌手、果てはアイドルプロデューサーとetc.芸能界にはそれこそゴマンと居る。

紳助さん手紙、山口組幹部宅から見つかる http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20110824-824674.html
>23日深夜引退を表明した人気タレントの島田紳助さん(55)が、友人の元ボクシング世界王者渡辺二郎被告(恐喝未遂罪で実刑判決を受け上告中)を介して暴力団関係者と交わしたメールは、両者の親密ぶりをうかがわせることが24日、分かった。大阪府警による暴力団関係者に関わる家宅捜索では島田さんからの手紙が見つかっていたことも明らかになった。
>捜査関係者によると、この暴力団関係者は、指定暴力団山口組ナンバー4にあたる「筆頭若頭補佐」という役職を持つ幹部。大阪府警が2005年にこの幹部の関係先を家宅捜索した際、島田さんから幹部に宛てた直筆の手紙や、幹部と同席した写真が見つかっていた。
>また、島田さんは05年から07年ごろのメールで、この暴力団幹部が競売入札妨害などの容疑で大阪府警に逮捕されたことを心配し、自分が経営する店で高額な飲食をしてくれたことを感謝していた。大阪府警が07年に渡辺被告を逮捕した際の携帯電話の解析でも同様の内容が明らかになったという。
>[2011年8月24日14時10分]

山口組ナンバー4と実懇の仲とは黒い交際にも度が過ぎるが、それでも現時点では紳介が結託して犯罪行為をした訳でもなし。つか、吉本興業解雇ですらない『芸能界引退』。しかもTV局に根回しもしておらず、これでは各局善後策に大わらわだ。

紳助レギュラー6本 TV界に激震 http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20110824-824509.html
>6つのレギュラー番組を持つ人気タレント島田紳助(55)の芸能界引退を受け、テレビ各局にも激震が走った。予期しなかった引退発表に驚きを隠せないまま、番組差し替えなどの対応に追われた。
>紳助は各番組でメーン司会を務め、番組名に名前が入っているケースもある。番組に与える影響は大きく、打ち切りも考えられる。
>[2011年8月24日9時14分 紙面から]
「ヘキサゴンII」を別番組に=フジテレビ http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2011082400335
>タレントの島田紳助さん(55)の引退を受け、フジテレビは24日、同日午後7時から放送予定だった島田さん司会の「クイズ!ヘキサゴンII」を、バラエティー番組「タカトシ・温水の1000円握って食べまくり旅名作アンコールSP」に差し替えると発表した。来週以降については未定。
>一方、TBSの「紳助社長のプロデュース大作戦!」(火曜、午後7時)は「世界陸上韓国テグ」のため30日は特別編成でもともと放送予定がなかった。9月6日以降については検討中という。(2011/08/24-11:23)

各局に莫大な違約金も発生する、こんな不義理を吉本もTV局も認める筈がない。だからこれは、会見で紳介が語ったように自ら身を引いたなんつう綺麗事ではなく「表向きそういう形式を取らせるから」と因果を含められたと見るべきだろう(紳介の「この程度の事で問題になるとは、認識が甘かった」という言葉は自発的に辞めるのでなく、辞めさせられる人間のそれだ)。そもそも吉本が所属タレントの去来を会見するなんて横山やすし以来の超レアケース(山本圭一も前田五郎も、本人同席のそれではなかった)、とにかく吉本としては一日も早く紳介を切らなければならない、それは決定事項だと伝えた上で身の振り方を紳介に一任したら芸能界引退を観念した、こういう流れだろう。
 常識的に考えて、まだ明るみになってない非常にヤバい事案がまだある筈だ。吉本にとって稼ぎ頭の一人である紳介ですら速やかに切らなければならないだけの、極めて重大な理由が。それが何かは判らない。所詮こちとら外野、推測しか出来ないのだから。ただ、紳介にそういう人脈があると囁かれてたのは今に始まったこっちゃない。梁山泊の株価操縦疑惑で逮捕されたメンバーの一人はJRAの馬主で、持ち馬の一頭にステキシンスケクンが…ってのはあぼーんした旧日記で当時ネタにしたっけ( ´-`)y-~~~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

May 21, 2011

 関テレローカルの『たかじん胸いっぱい』はテレ玉でも買取放映してる、ってのはあぼーんした旧日記で何度かネタにして来た。まあ2,3週遅れなのだが、今日のは(歴史の浅いTV大阪を除いた)在阪4局とフリーアナ事情についてのパネルトーク。で、たかじんが「毎日放送は千里のエラい山ン中で…」と言ってて出演者一同笑いに包まれたのだが、俺はアそうかと。大阪圏で生活した事がない俺にとって千里とは時刻表で見る千里ニュータウンの文字だけ、何のイメージもなかったが、ニュータウンとして大規模開発出来る土地なんて山を造成したに決まってるわな。そういや大昔の『突然ガバチョ!(=毎日放送制作)』、番組最後の方で笑福亭鶴瓶がスタジオ観覧客を最寄駅に送迎するバスに「またなー」と手を振り見送るシーンが必ずあったが、山中だから夜道は真っ暗なんだな。
 大阪の人にしてみりゃこんな事は何を今さら、至極当たり前な事だから特記すべき事象とも思わなかったのだろうが、当然共通認識であろうから触れて来なかった前提条件が通じない『外野』にとっちゃ不親切だし、それで内容や真意、真価が伝わらないという事も当然ある。まあ、だからっていちいち細かく書いてくのも文章が冗漫になるしスピード感も落ちる、良し悪しではある。俺的に、このブログでTV番組についてネタにする際は局名を書くようにしてるが、正直やり過ぎかなという気もちょっとある。バクチネタに関しては、なるべく専門用語を使わないよう心掛けてるが、全くという訳にも行かず苦心してる。場へ行って車券馬券買ったっつう話は、わざわざ読むのは当然知ってる人の筈だから、遠慮会釈なく専門用語略語陰語使いまくりでやってるけども( ´-`)y-~~~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック