ふなっしー

September 21, 2014

新潟は楽しかったなっしーなー http://www.nikkansports.com/race/news/f-rc-tp0-20140921-1370615.html
bffc8e79.jpg セントライト記念の表彰式で、プレゼンターを勤めたふなっしーと蛯名騎手がジャンプ http://cache2.nipc.jp/race/news/img/hr-su-140921funa-ns-big.jpg
>ふなっしーが新潟競馬場のイベントに初登場し、セントライト記念の表彰式プレゼンターを務めた。
>ふなっしーは「梨の収穫の季節なのに船橋から中山競馬を奪った新潟競馬場へひと言もの申しに来たなっしー。でも、たくさんの子どもたちに会えて、そんな気もうせたなっしー。12月には船橋の中山競馬場が再開するのでよろしくなっしーなー。新潟は楽しかったなっしーなー。新潟のもち豚串焼きもとってもおいしかったなっしー。また新潟競馬場に来たいなっしー。感謝、感激、梨汁ぶしゃー」とコメントした。
>[2014年9月21日17時30分]

如才ないよな。この手のイヴェントって芸能人からスポーツ選手から、それはいろいろ来るけど、

 >「12月には船橋の中山競馬場が再開するのでよろしくなっしーなー」

これ、いかにふなっしーの地元の事とはいえ、言える人なんてなかなか居ないものだ。その辺のタレントより遥かに高いスキル持ってるのは前からで、例えば食レポするのも「イリュージョン」と称して背中のファスナー(!)開け閉めして、もちろん本業グルメレポーターには敵わないとはいえ、充分上手い事こなすのだからして。「もうン億稼いだ」なんてヤらしい話も出回るようになったが、この人、モトイ、妖精さんなら納得だ。イヤすげぇよなあ( ´-`)y-~~~

ナッシング・バット・ジャズ
ナッシング・バット・ジャズ

アーティスト:クリヤ・マコト・オールスターズ
販売元:日本コロムビア
発売日:2014-04-22

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

June 30, 2014

「ふなっしーの優しさに泣いた」。HKT48の“メロンジュース”を、応援ソングに選んだ寛容さ。 http://japan.techinsight.jp/2014/06/music-st_funassyi_ouennka1406281630.html
>2014年06月28日 19:30
4db21410.jpg 「ふなっしーの優しさに泣いた」との声が続出 http://japan.techinsight.jp/wp-content/uploads/2014/06/201395036_624.jpg
>音楽番組『ミュージックステーション』内でご当地キャラクター・ふなっしーが“私の応援ソング”として紹介したのは、2013年に発売されたHKT48の「メロンジュース」。この曲は「“フルーツソング”だから他人事とは思えない」と説明されていたが、ふなっしーと指原莉乃(HKT48)ファンにとっては感慨深い選曲だったのだ。
>ファンの間では洋楽のハードロック好きで知られている、ふなっしー。だが27日放送の『ミュージックステーション』(テレビ朝日)2時間スペシャルのアンケート企画“有名人も選んだ私の応援ソングランキング”で、ふなっしーが選んだ曲は女性アイドルグループ、HKT48の「メロンジュース」。意外な選曲だと思ったファンも多かったようだが、この日の番組出演者の中に指原莉乃(HKT48)がいたことで納得。ふなっしーが「メロンジュース」を選んだことに大喜びするワイプに映った指原の笑顔を、ふなっしーはリアルタイムで見ることができただろうか。
>『笑っていいとも!』の正式な月曜準レギュラーとして、2013年10月から出演していたふなっしー。既存の月曜レギュラーだった指原に自分の新作のキャラクターグッズをふなっしーがプレゼントしたり、指原からは新曲のCDが贈られたりしていることがツイッターやGoogle+で報告されていた。共演者として指原から温かく迎えてもらったのだと、そのやり取りからふなっしーファンは安心していたのだが…。
>だが今年の2月、指原は自身の冠番組で「ふなっしーは横須賀出身」「“ふなっしーお守り”はただの布」、しまいには「(ふなっしーの)本名、言うぞ」と彼女は番組で一緒に仕事をしている仲間とは思えない発言を連発。すると“ふなっしーを潰すのか”、“何の恨みがある?”とふなっしーファン以外の方からも反感を買い、指原は多くの抗議を受けることとなった。
>その後3月12日に行われた『船橋オート 日刊スポーツ GIIさざんかカップ』ご当地キャライベントで、ふなっしーは指原のこの発言について次のように述べている。
>この騒ぎがあった後の『笑っていいとも!』の放送前、指原は血相を変えて「ごめんなさい!」とふなっしーに謝ってきたそうだ。彼女はふなっしーを“お笑い芸人のようなイジられキャラ”と見ていたので、面白い話題提供のつもりだったのだ。だが多くの抗議を受けたことで指原は大変驚き、「こんなに熱心なファンがふなっしーにいるとは、分からなくて…」と落ち込んでいたらしい。
>ふなっしーはその後自身のツイッターで指原の番組のファンだと公言したりして、彼女に対して何のわだかまりも持っていないことをアピール。5月に発売された初のふなっしー公式ムック本では、指原との対談が実現。お互いへの共感とリスペクトを語っている。
>『笑っていいとも!』はすでに放送が終了しているので、ビジネス上での親しさアピールならもう必要はないかもしれない。しかしふなっしーが生放送の『ミュージックステーション』で「メロンジュース」を選んだのは、今も変わらない指原へのエールであろう。事実『ふなっしー(funassyi) ツイッター』に“ふなっしー! メロンジュース選んでくれてありがとうございます!! とっても嬉しかった”と指原からお礼が入ると、ふなっしーは“さっしー元気なっしー♪いつも応援してるなっしー”と返している。この『ミュージックステーション』でのふなっしーの選曲には、「ふなっしーの優しさに泣いた」と多くのつぶやきで溢れていた。
>(TechinsightJapan編集部 みやび)

意外な形で船橋オートの名が!芸能マスコミこんなトコまで取材行っとるのか!いやマスコミにそこまでさせるふなっしーが凄いのだが(つっても3ヶ月半「寝かされ」てるのだが)、それにしても船橋オート儲けたねえ、これ宣伝効果にしたらデカいぞマジで。
 そして変わらず『良い人』なふなっしーも流石だ。売れても天狗にならず、ぶっちゃけ船橋オートがそんなギャラ弾んでるとも思えないが(地元ヴォランティアとして低めに設定してる可能性の方が高い)、何度も都合付けて出てくれてるのだから実にありがたい。今後も船橋のスーパースターであって欲しいもんだわさ(´∀`)

フィンガー・ポッピン
フィンガー・ポッピン

アーティスト:ホレス・シルヴァー
販売元:EMIミュージックジャパン
発売日:2010-04-21

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

April 20, 2014

第74回皐月賞(GI)の結果

いわゆるマツクニローテの発見以降、皐月賞の権威は暴落した。元々時期的に芝の状態もベストとは言えないし、去年のキズナを初めとして、賞金的に足りてる有力馬が皐月賞に見向きもしない事も珍しくなくなった(マスコミも表立って批判するという事はしないし、皐月賞を八大競走とありがたがってるのはジジイファンだけだ)。今年のイスラボニータも、ここまでの使い方を見ると明らかに「皐月賞、何が何でも獲るぞ」っつう姿勢は微塵もない、日本ダービーに照準を合わせ、そこからローテーションを逆算したら皐月賞を使うのがベストと判断しただけなのは明らかだ。そんなイスラにトンコロ食らっちゃうようじゃ、時計やラップの分析はともかくレヴェル的には高くないなと。そりゃミッキーアイルもバンドワゴンもプレイアンドリアルも居ないメンバーだったとはいえ、これじゃ日本ダービーも状態抜きにハープスター獲っちゃうんじゃないの?まあヤられた腹いせも有るけどさ。
 っつう訳で、他の競馬ネタも。

賞金未払いでイタリア競馬パート狭潦覆隆躓 http://www.tokyo-sports.co.jp/race/horse/257995/
>2014年04月19日 12時58分
>欧州グレードレースの格付けを統括するパターン競走委員会(EPC)が15日に、イタリアを2015年からその構成メンバーから外すことを決定。さらに今年10月にはイタリアをパート宜颪らパートII国へ降格するように国際格付番組企画諮問委員会に勧告する予定だ。
>問題は2012年ごろから賞金の未払いが続いていることで、EPCは今年3月31日までに支払いを済ませるよう求めていたが、これが履行されなかったことで、最終手段に出ることになった。もしこのままパートIIに落ちることになれば、イタリアのレースの重賞格付け(GI、GII、GIII)が全て失われる。
>かつてフェデリコ・テシオという希代の生産者が存在し、ネアルコ、リボーという現代競馬の血統の祖ともいうべき名馬を輩出。最近でもトニービン、ファルブラヴという一流馬を生んだ競馬伝統国の凋落――。イタリアは今後競馬の存続をかけて立て直しを図ることになるが、背後には国の厳しい財政状況もあり前途は厳しい。デムーロ兄弟など短期免許騎乗でおなじみのイタリア人ジョッキーの他国流失(JRA大量移籍?)もありそうだ。

去年ミルコ・デムーロがJRA移籍を希望し受験した時の背景としてイタリア競馬危機が語られてたが、いよいよ切羽詰まって来たと。日本の競馬打ちとして、乗れる騎手が増えるのは大歓迎だが(ミルコのように親日家であるならなおさらだ)、その前提として彼の国の不幸を喜ぶ訳には行かないからねえ。

ふなっしー皐月賞的中!子どもが殺到 http://www.daily.co.jp/newsflash/horse/2014/04/20/0006879290.shtml
>2014年4月20日
>千葉県船橋市の非公認キャラクター・ふなっしーが20日、福島競馬場のイベントに登場し、メーンレースの表彰式でプレゼンターを務めた。この日、中山競馬場で行われた牡馬クラシック初戦のG1・皐月賞を“ふなっしー”にちなんで2、7、4番の単勝を購入、2番人気のイスラボニータが勝利し、見事に的中させた。単勝(2)は5・1倍の配当となっている。
>福島競馬場には対前年比139・0%となる1万7689人が来場。これは子どもを含まない数字で、子どもの来場者は2757人で同285・4%、東日本大震災以降ではこれまでの最高だった1767人を大きく上回り、記録更新となった。
>ふなっしー「福島競馬場に朝5時から来たお客様がいたって聞いたなっしー。驚いたなっしー。ありがとなっしー。きょうは福島の子どもたちに元気を与えるつもりだったけど、逆に子どもたちとふれあって元気になっちゃたなっしなー。馬券も当たって最高の気分なっしーなー。感謝、感激、梨汁ぶしゃー」

さすが大正義ふなっしー\(^o^)/ そして福島も頑張れ(`・ω・´)!

In Full Life
In Full Life

アーティスト:Mirko Signorile
販売元:Soulnote
発売日:2003-07-21

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

November 23, 2013

ふなっしー「中の人」ついに判明? 商標登録情報に「出願人」の氏名が http://www.j-cast.com/2013/11/22189795.html?p=all
>2013/11/22 18:47
>今大人気のゆるキャラ「ふなっしー」といえば、千葉・船橋市の名産「梨」をモチーフにした「梨の妖精」だ。これまで度々突っ込まれてきたが、「中の人などいない!」という設定を頑なに貫いてきた。
>しかし、「やっぱり中の人がいた!」ということが意外な所からバレてしまったようで、ネット上は大騒ぎだ。
15ad5a80.jpg 素晴らしい跳躍力を見せるふなっしー(13年11月撮影) http://www.j-cast.com/images/2013/news189795_pho02.jpg
>「ふなっしー中の人騒動」の発端は、ある情報ブログに2013年8月に投稿された記事だった。
>記事では、ふなっしーの商標出願・登録情報の「出願人」の項目にある男性の氏名が書かれていて、「この人が中の人ではないか」と指摘している。
>この人物と同じ名前の男性が船橋市で家具店を経営しているが、YouTubeに公開されているふなっしー関連の動画を見てみると、ふなっしーがいる場所が家具店の公式サイトに掲載された店内写真とよく似ている。さらに同名のFacebookアカウントではふなっしー関連の話題に「いいね!」しているということもあり、ふなっしーファン界隈では「この男性がふなっしーと深い関わりがある」と噂されていた。
>この商標出願・登録情報が「NAVERまとめ」に取り上げられツイッターで徐々に話題になり、11月20日に大手のまとめブログが「ふなっしーの中の人が判明かwwwwwwww」というタイトルで紹介したことで一気に騒ぎになった。
>ネット上では「ぎゃあああああああ」「まじかよ!」「男なのか!?」などと書き込まれ、驚きが広がった。
>ふなっしーはこれまで度々ツイッターなどで「中の人いるんですか?」「中の人教えろ」と絡まれてきたが、「中の人などいないなっしー」「中の人とか都市伝説すぎてブシャー」などと切り返し、「梨の妖精」というキャラクター設定に忠実に活動してきた。
>今回の騒動で、ふなっしーのツイッターアカウントあてには「ふなっしーの中の人本名ばれちゃったんだよね!?」「疑惑は本当なっしー?」といったリプライが寄せられている。北海道函館市の非公認ゆるキャラで、かつて一世を風靡した「まんべくん」の生まれ変わりである「てるひこ」も、「おい、●●(男性の実名)!」とふなっしーに呼びかけ悪ノリしているが、いずれにもふなっしーは反応していない。
>もちろん話題になっている男性は出願人というだけで、「中の人」はまた別にいる可能性がないわけではない。
>男性とふなっしーにはどのような関わりがあるのか確認するため家具店に連絡したが、ずっと留守番電話でコンタクトは取れなかった。

まあ「サンタクロースは実在しない」みたいなモンだが、大げさに吹聴するのも大人げないよなぁ。ミッキーマウスの中に人が入ってる事は誰だって理解してるが、それを承知の上でみんなエンターテイメントを楽しんでるのだし、今のご時世にプロレスを八百長呼ばわりするのはアタマの悪い人でしかない。それらと同じく、ふなっしーはふなっしーとして楽しめば良いというだけの事だ。
 で、その『お約束』という話。バクチでも例えば競輪のラインという概念を競馬競艇オートと比べ八百長だと捉える人は決して少なくないが、競輪ファンはそういう手合いの短絡性を指摘し啓蒙してあげなければいけない。一見、不毛な行為に一見映るけども、それこそが競輪という競技の他に無い独自性であり面白味・醍醐味なんだからして( ´-`)y-~~~

ノー・ルーム・フォー・スクエアーズ
ノー・ルーム・フォー・スクエアーズ

アーティスト:ハンク・モブレー
販売元:EMIミュージックジャパン
発売日:2010-04-21

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック