うまプロ

October 25, 2010

 持ってるなー小森( ´-`)y-~~~
「もはや怖いんだけど…」小森純がTV番組での菊花賞予想的中にコメント。 http://narinari.com/Nd/20101014448.html?xml
>2010/10/25 11:48 Written by Narinari.com編集部
>タレントの小森純が、10月24日に行われたG1菊花賞を的中させ話題を呼んでいる。芸能人が競馬の予想を当てたというだけならさほど珍しい話ではないが、彼女が注目されるのは、今年6月にW杯1次リーグE組の日本代表戦予想で勝敗・スコアを“完全的中”させたほか、10月3日にも波乱のG1スプリンターズステークスを的中させるなど、驚異的な予想を連発しているためだ。
>今回の菊花賞の予想は、レース前日の23日深夜に放送されたフジテレビ系深夜番組「うまプロ」で披露されたもの。本命には7番人気のビッグウィーク、対抗には1番人気のローズキングダムを挙げ、実際の結果も予想通りの1着、2着となり、払戻金は単勝2,320円(7番人気)、馬連2,170円(6番人気)、馬単7,440円(23番人気)の好配当となった。
>この結果を受け、小森純は24日に公式ブログを更新。「なんか競馬また当たったらしいですね…………菊花賞の1位・2位を当てました☆」とファンに報告し、「うちのカンってなんなんだろ? もはや怖いんだけど……」と、自身もその的中率に恐怖を感じるほど驚いているようだ。
>小森純は6月に、都内で開かれたサッカー日本代表応援イベント「EVERY TEAM NEED…Fan Power ガールズゴール!」でW杯1次リーグにおける日本代表の試合結果を、カメルーン戦は1-0、オランダ戦は0-1、デンマーク戦は3-1の2勝1敗と予想。翌日のスポーツ紙などでも「大胆予想」と伝えられていたが、結果は勝敗・スコアともに完全に一致していた。
>また、10月3日の競馬G1スプリンターズステークスでは、優勝した10番人気の香港馬ウルトラファンタジーの単勝1万円分を1点だけ購入。生まれて初めて買ったという馬券で見事に29万3,000円を手にしている。
>もちろん、秋華賞の予想(プリンセスメモリーとアプリコットフィズの組み合わせを予想→ハズレ)のように、当たらないことはある。しかし、時に専門家からは出てこないような驚きの予想が的中するケースが出ていることもまた事実で、今後も彼女の予想から目が離せなそうだ。
JRAホームページ|データファイル
TV解説の柏木集保はレースを「低レヴェル」と斬って捨て、1番人気ローズキングダムの鞍上・武豊を「拙騎乗」と批判した。それもTVでなかったら机バンバン叩いて熱弁振るうぐらいの勢いで、だ。
競馬コラム - netkeiba.com | 菊花賞 http://www.netkeiba.com/news/?pid=column_view&no=15835
それは解るが、こういう事が起こるのもまた競馬だ。我々はその事を昨秋のエリザベス女王杯で学んだのではなかったか。いや今年のオークスだってそうだ、あれから半年も経ってない。いやいやスプリンターズステークスもスローの前々決着、ほんの3週前(!)だ。
 さて、菊花賞に距離短縮論者が居る。古馬解放論者も居る。ついでに天皇賞(春)にも距離短縮論者が居る。俺はその全てに反対だが、居る事は知っているしその言い分に一応の理屈が有る事も知っている。で、今回の菊花賞の結果を受けて「長距離戦はこういう事が多いから距離短縮した方が」つってるブロガーが一人居た。「イタい人」として好事家の間で知られたちょっとした有名人なのだが、にしても浅っ!人気の差し馬同士で牽制し合ってるのを尻目に前々決着、でも歴史に残るレースとして後々語られる名レースは珍しくもない(この菊花賞がそうなるかは未知数だが)。また、前述のスプリンターズを初めとして、短距離戦でもスローの凡戦はしばしば起きている。そういうの無視して「ホレ見ろ」つってるだけじゃねえ( ´,_ゝ`) それ以外の短縮論者全てに「こんなアサハカな奴と頭の中身一緒に思われちゃ敵わん」てなもんだろう。
 それより俺が思うのは、横山典の不在の大きさだ。クィーンスプマンテの女王杯では、自身断トツ人気馬に騎乗し後ろから他の人気馬にマークされる立場だったにも関わらず真っ先に動き、前を捕まえに行った(結果、届かずの3着だったとはいえ)。イングランディーレの天皇賞(春)では自ら主役となり、人気薄をものかはまんまと逃げ切った。今回もノリが居たら、レース形態はおそらくは大きく違ったものになったろう。…ノリぃ(´・ω・`)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

April 12, 2010

AKB48・篠田&大島&小嶋が福島に参上 http://www.sanspo.com/geino/news/100411/gnj1004111621013-n1.htm
>2010.4.11 16:19
>人気アイドルグループ、AKB48の篠田麻里子(23)、大島優子(21)、小嶋陽菜(21)の3名が福島競馬場で行われたトークイベントに参加した。
>フジテレビ系で放送中の競馬バラエティ「うまプロ」(土曜深夜1時5分〜)に出演中の篠田は桜花賞の本命にコスモネモシン(牝3、美浦・清水英厩舎)を推奨。「誕生日が一緒の3月11日だから応援します」と気合十分だったが、残念ながらコスモネモシンは9着に敗れてしまった。

着実に競馬ファンを敵に回しとるな( ´,_ゝ`) 番組も4ヶ月目に突入したっつのにまだ「誕生日が一緒だから応援」とか言うか篠田。…いや篠田を責めるのは酷かもしれん。競馬番組出演者がこんな事言おうもんなら総バッシングだが、前ネタにした通り、この『うまプロ』は競馬番組としての部分は外野のVTRに丸投げで、スタジオトークは競馬番組である事を捨て切った、出演者が競馬に何の興味も無くてもOKなツクリになっている。その結果がこの耳を疑う発言なのであって、にも関わらず代理店やマスコミから競馬関係者って扱い受ける篠田はある意味被害者なのかもしれん。だから篠田を叩くのはよそう。ただフジ、えー加減にせーよと。『うまプロ』は二度と視んからな俺(゚д゚ ≡ ゚д゚)、カーッ ペッ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

March 15, 2010

フジテレビ賞スプリングステークスをプロデュース!【中山競馬場】 http://www.jra.go.jp/news/201003/031502.html
>2010/3/15
>中山競馬場では、3月21日(祝・日)のフジテレビ賞スプリングステークス(GII)当日、フジテレビジョンとのタイアップによりオリジナルファンファーレの演奏やU−1(ウマワン)グランプリを開催いたします。皆様、ぜひご来場ください!
>日 程
>3月21日(祝・日)【フジテレビ賞スプリングステークス(GII)当日】
>内 容
>(1) フジテレビ賞スプリングステークスのオリジナルファンファーレ演奏
>(2) U−1(ウマワン)グランプリ開催
>場所・時間
>(1) 中山競馬場ウイナーズサークル 15:45(レース発走時)
>(2) メディアホール 16:50〜17:40(予定)
>出演者
>(1) 中央大学吹奏楽部
>(2) おぎやはぎ、篠田麻里子(AKB48)、壱岐尾彩花、お笑い芸人4組 他
>ファンファーレ制作者
>林田健司氏
>(SMAP「青いイナズマ」等、多数の有名アーティストに楽曲を提供)
>※ (1)については、発走時刻の変更により演奏開始が遅れる場合があります。また、天候状況等により、演奏を中止する場合がありますのであらかじめご承知おきください。
>※ (2)のご観覧には「整理券」が必要です。「整理券」は当日の開門から正門前広場(パドック側)で先着600名様に配布いたします。
>※ メディアホールは16:35頃に一時閉鎖いたします。「整理券」をお持ちの方のみ、16:45頃から順次ご入場いただきます。

必死だなフジ。競馬ファンから総スカン食って慌てて、ヴァラエティ色前面に打ち出そうとネタ芸人頼みか。でも競馬番組である事やめちゃった時点で離れてった客は、もう何やっても戻って来ないよ。ファンとかマニアとかいう層は、ひとたび裏切られたと知るや後脚で砂ブッ掛けるから。それも生き埋めにするぐらい大量にブッ掛けるから。でもってロードローラーで踏み固めてツバ吐いて小便掛けて立ち去るから。おぎやはぎと篠田は貧乏クジ引かされて気の毒だけど、ワシャ知らん。もういっそ、当日どしゃ降りんなんねーかな( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

February 14, 2010

 東京競馬場はいつ以来か思い出せない。最後に来た中央競馬は改装前でまだ右回りだった頃の新潟で、だから少なくとも15年来てないのは確かで、当時は競馬開催日だけの新宿→府中競馬場正門前駅の臨時直通特急があったように記憶するが、競馬場そのものは全く印象に残ってない。そこから今までの間に俺が足を運んだ競馬場は盛岡に南関4場、笠松福山佐賀。それ基準に頭がなってるから、とんでもねーな府中、と( ´-`)y-~~~
 まず駅からの専用歩道橋から造りが違う、これだけで「そら入場料200円するわ、いや200円でも足らんやろこれ」と。パドックもデカいし、それを見れる箇所の多さにも感嘆。スタンド下の空間もアホみたいにデカいし、コース側に出てスタンドを振り返るとその規模にはただただ呆れる。そらそうだ、ダービーの日12万とか15万とか来るんだもんな、こんぐらいなきゃ収容出来んわ。てか、隣のメモリアムスタンドまで入れたら700mとかだろ。私鉄や路面電車だったら一駅分の距離だよ。それだけの距離のスタンドだもの。ウチの近所に長さ700mの建物あったら大変だ。
 そんな中で行われる競馬もまた、ここ15年で俺が見て来た競馬と次元が違うもの。ラスト600が4コーナー回って直線向いたトコだし。福山だったら2コーナーだ。笠松だって浦和だって、スタンドから普通に肉眼で全馬捉えられる。それが府中、全然判んない。全景見渡せるトコがないし、仮にあっても双眼鏡なきゃ話にならんし。結局俺はゴール前の、スタンド1Fに下りるスロープ見下ろせるトコでターフビジョン→ゴール前だけ肉眼。レース始まってもオモテ出て来ないで中でモニター視てる人が居るのも納得だ、その方が見易いもの。倒錯的な競馬場だこと( ´,_ゝ`)
 今日のお目当てはビッグバン
cce74945.JPG
f0a4708d.JPG
前走・全日本2歳優駿は拙騎乗、勝ったラブミーチャンにケチ付けるつもりはないが1番人気に支持されてた同世代最強との評判馬、それがこの人気は美味しいわ(´艸`) …と買ったは良いが好位追走から真っ先に手応えなくすorz この馬としちゃ前に行き過ぎなのは確かだが、負け方がいかにも悪い。こんなものなのかなぁ('A`)
 結構空いてるがこれでも3万ぐらい入ってるんだろうなあとか、F値の明るい望遠レンズ付けたカメコの数の多さとか、そういうのに圧倒されて、段々凹んで来た。何か疎外感っつうか、ここは俺の居て良いトコじゃないなっつうか。なもんで気分転換に内馬場へ…いやこれも広いわ。経費削減か入れるエリアをかなり制限してたが、それでも大井の比じゃない。ターフビジョンの裏ってこんなんなってるのね
d2532e05.JPG
、と感心しつつ、改めてスタンドの巨大さに呆れる。人がゴミの様だ。
e9c3cfca.JPG
あと、悪名高き『うまプロ』(ざっと検索したら嫌ってるのは俺だけでない、総スカン状態だった)プロデュースらしい(そういややってたなそんなの)特製ドリンクの売ってる店もあった
c887557c.JPG
が、このクソ寒い日に、スタンド内ならともかく吹きっ晒しの内馬場でコールドドリンク飲む気にゃなれんわ。1000杯限定ってあるけど捌けたのかねえ?
 そいで角田だ。昨日書いたが因縁馬券で差し馬は決まり難い(松永幹夫のようなケースは極めて稀だ)し、当初は日曜も東京の筈だったのが回避で急遽決まった1頭じゃ、ちょっと手が出ない。
ef9903c0.JPG
それが3コーナー持ったまま捲ってくの見て頭に血が上った。考え過ぎんと素直に「昨日はありがとうございました」で買っときゃ何て事なかったのにorz 何とも苦い思いで、帰ろうとホースプレビューの脇通ったら、何故か亀田兄弟が中に居た。
bd2d1d93.JPG
バックヤードツアーの人達が結構驚いてて笑えた、それで少し気が楽になった(´∀`)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

January 24, 2010

 中山競馬に船橋オートに競輪は立川に花月園とやってた訳だが、入院疲れがモロに来た。なもんでウチで電投、船橋メインに競馬をチラ見。結局一レースも手を出せずに終わったのだが、10Rの事故と11R大木の強烈なタレっ振りに肝を冷やした、

 過去レース結果|オート|ネットスタジアム
 過去レース結果|オート|ネットスタジアム

行けなくて結果オーライだったかもしれん。
 で、『みんなのKEIBA』をようやく視る事に成功(リニューアル第一回は伊勢崎行ってたし、第二回は入院してたし)。…まあ予想通り。優木まおみは『おもいっきりDON!』で生ヴァラエティは経験済、しかもアナウンサー志望だっただけあってキャスター的立ち位置は念願成就、真面目に取り組み、ぎこちなさも多少見せるものの慣れの問題だろう。川合メインと明確に位置付けられているため前任者・ほしのあきの様に前に出てテンション上げて…てな必要も無く進行に徹して、福原アナもさすが、それだけに川合俊一のデクの坊っ振りがより一層際立つ。本当に何でコイツなの?
 まあそれは良い。やはり問題は『うまプロ』(←一応早起きするつもりだったので録画しといた)、危惧してた事は前書いた

 新春競馬の一抹の不安 http://blog.livedoor.jp/ippachi_bakuchiuchi/archives/51324737.html

が、正にその通りの惨状に。てか、今振り反ってるから「ヒドい」って感想となるが、視て最初の印象は「安っ!」だった。だって、おぎやはぎと篠田麻里子(←一応書いとくがAKB48)だよ。前の『みんなのウマ倶楽部』は、ほしのあきと木下優樹奈とアンタッチャブル&おぎやはぎ(1週起き)、プラス東中デイリー報知スポニチ日刊サンスポから予想記者1人ずつ、だった事からしても人件費激減っ振りが半端無い。その前の『うまなで』は東原亜希と安田美沙子と今井りかと麒麟・川島、タレントギャラだけならかなり安いが毎週ゲストが加わるし、企画やコーナーもちゃんとしてて、今の様なビンボ臭さはミジンも感じなかった。それが『うまプロ』、

 ●競馬場で出すジュースのレシピ考えよう→アシの女の子がジュース飲みに行くだけ
 ●競馬応援ソングを作ろう→小木一人でカラオケボックスへ(明らかに同行ディレクターも一人で、D自らカメラ回してる)→大物ミュージシャンという触れ込みで東京03・角田が合流して適当に歌い散らかす
 ●東大競馬研究会現会長(1ヶ月やって黒字にならなかったら降板)による先週予想の反省とメイン予想
 ●有名馬主勝負服の篠田(ピン)に下らない質問
 ●最後に小木と矢作と篠田の推奨馬が一連でテロップ出る(予想根拠は無し)
 ●終わり、って何これ?あー貧乏( ´,_ゝ`)

何より問題は、競馬番組の部分は素人(=東大生)に丸投げ、スタジオのタレントに競馬番組である事を捨てさせた事。さらに前の『うまッチ!』『あしたのG』『うまなりくん』まで遡っても良いが、どんなにハメ外した爆笑V作っても「これは競馬番組だ、競馬番組のワンコーナーだ」っつう意識が作り手に確実に有った。だからこそ、競馬番組でありつつ、競馬に何の興味も無い人にも観賞に耐えるヴァラエティとして成立してたし、それは新たな競馬ファンの開拓にもなったろう。しかしこれは単に競馬シバリが有るだけのヴァラエティ、いや、そのヴァラエティにしたって小木の得意技『理不尽な権力発動』で篠田イジってる部分で辛うじて体裁保ってるが、ヴァラエティとしてのクオリティはチバテレビにも負ける。ここ30年のフジのヴァラエティで最低だと断言する。でもって土曜競馬完全スルーだし。そりゃ重賞無かったし地方もGI無いし海外行ってる日本馬居る訳でなし、にしてもあんまりな。補足しとくが、出演者に罪は無い。番組作りが最低なのだ。取り敢えず、フェブラリーSの週にもう一度視てみるが、それでアカンかったら終了だ。にしても、俺の30分を返せヽ(`Д′)ノ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック