September 23, 2021

 祝日だから休み、とはならなかった。そのココロは以前担当してた物件が緊急事態で、一日で良いから来てくれと。仕事覚えてるかも不安だったが、とにかく一年以上ぶりにスーツ着て一年以上ぶりに東急線乗ってというなかなかの難事だった。
831995_m
始まってしまえば身体が覚えてるというか、意外と何とかなるもので、途中からは雑談する余裕すらあった。で、流れで通販の話になったのだが、その人はアマゾンプライムに加入してるのでもう何でもかんでもアマゾンで買い物なのだとか。何でそこまで使い倒してるかというと、趣味で撮ってる写真をレンタルサーバーにアップロードしてて、そのダウンロード使用料が年間で数十万というから結構な小遣い稼ぎだが、入って来るそれをアマゾンギフトカードで受け取ってるのだと。見せてもらった写真はなるほどプロ級で、
KM19814318_TP_V
趣味がカネになるとはまことに羨ましい。しかし続けて「これグレーなんだけどさ、税金掛からないんだよ」え何で何で何で?
 画像データの使用料であるなら仕事への対価、報酬だから、経費を差し引いた利益が年間20万円を超えた場合には確定申告が必要になる(逆に言うと、20万までなら無税)。このサーバーレンタル会社が「登録された画像が第三者にダウンロードされた際の使用料はありませんが、アマゾンギフトカードが当たる抽選くじを1回引く権利が得られます」としてその抽選が100%当たるものだったら ━━ 建前として抽選そのものはきちんとやっている ━━ 一時所得扱いとなるかもしれなくて、だったら年間50万円まで無税だ(限りなく脱法行為に近いが)。それかサーバーレンタル会社でなくこの人が直接、利用料金ではなく投げ銭を画像利用者にお願いする…という形態を取ってれば(取りっぱぐれるリスクはあるが、だからこそ)贈与と見なされる可能性もある、この場合は年間110万円までなら贈与税は掛からない。けど、いずれにしたって「ウン万円までなら非課税です」であって、全く税金が掛からないスキームというのはどう調べても出て来なかった。
 結局、この人が「どうせバレやせんわい」とブッチしてるだけという結論になったが、言うのはヤメにした。たとえ正論であっても心象を害する事はあるものだし、大体が良いオトナなんだから、それぐらいのリスクも解ってるだろうし(´-`).。oO
ザ・ギフト
ミッシェル・カールトン
MCAビクター
1996-09-21



  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメントする

名前
 
  絵文字