August 24, 2021

新幹線乗車中にスマホから注文、座席まで配達 エキナカ商品拡販 | AdverTimes(アドタイ) by 宣伝会議 https://www.advertimes.com/20210823/article361238/amp/
>AdverTimes.
>2021年8月23日 掲載
>上越新幹線で9月4日、新幹線の座席からスマートフォンで、「エキナカ」の商品の注文を受け付け、席まで届けるサービスの実証実験が始まる。
>対象は、JR越後湯沢駅の専門食品店「CoCoLo湯沢 ぽんしゅ館」の商品。専用Webサイトから注文された商品を越後湯沢駅で積み込み、座席まで届ける。Webサイトにアクセスできる二次元コードは座席ごとに異なっており、利用客が入力しなくても、どの座席からの注文かを判別できるという。
>実験の対象車両は「Maxとき316号」(新潟駅午前10時18分発〜)と「Maxとき321号」(東京駅午後12時40分発〜)のグリーン車。期間は9月4日〜10月1日の間の土休日。

この実証実験、成功するイメージが全く湧いて来ない。だってこれ、越後湯沢通過客に湯沢の外商しますってだけでしょ?それに積み込み&各座席に届ける時間が限られてるからグリーン車に絞るのは良いとしても、一日1往復だけじゃどれだけ本気かも疑わしい、本気で需要をリサーチするつもりならエキナカ営業時間に走ってる全列車対象にするぐらいしないと。これ「実証実験したけど大した需要がありませんでした→やっぱり車内販売要らないね」って方向に持ち込むためのアリバイ作りじゃないの?と。
 確かに、JRはコロナ禍前から、新幹線に於いてすら一部列車では既に車内販売を中止してた。
20210828_193705
乗車前に飲食物を買って持ち込む利用客も多い、っつうか圧倒的に多数派だったから採算面で厳しかったというのもあるだろう。ただ、割安運賃のエクスプレス予約とかじゃない、いわゆる飛び込みの客というのは常に一定数いる。新幹線に乗り換えるための在来線が遅れて、乗車前に買い物する時間なんてなかったです…って人だって少なくなかろう。それで乗って、目的地に着くまで何一つ手に入らず我慢し続けるのはかなりの苦行だ(高速バスだったら途中休憩のサービスエリアで買い物出来る、その方がよっぽど乗客に親切というものだ)。越後湯沢に限らず高崎でも ━━ これは北陸新幹線でも出来る ━━ 東北新幹線でも仙台で、同様の実証実験を全列車でやって欲しいもんだ。
 かく言う俺は、10年以上前だがいわき平競輪に旅打ちした帰り、山手線だか京浜東北線だかの人身事故の影響で特急スーパーひたちが我孫子の手前で2時間近く立往生した、その時ビール2缶とチップスターとチーかま買って凌いだ事がある、あれは本当に助かった。そういう救済措置の面からも、何とか車内販売は維持してもらいたい(-人-)
ストリート・オブ・ドリームス
グラント・グリーン
EMIミュージック・ジャパン
1998-01-28



  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメントする

名前
 
  絵文字