June 26, 2021

スロットサンド紙幣収納庫内のお金が消えた…珍事件の想い出 | パチンコ店長楽太郎の秘密基地 https://www.rakuta6.com/2021/06/24/post-3991/
>2021年6月24日
>皆さんは、営業中に白服(一般の制服でなくスーツ着た従業員)が、島端の金庫やパチスロの台間メダル貸し機から現金を抜いている姿を見た事は無いだろうか。金を集めて中間集計して、釣銭として一部をまたホールの金庫等に戻す作業を何度か繰り返している。
>ある日のこと、知人のお店で、早番・遅番の切替時の金回収と点検において、一部の島の各台メダル貸し機のメーターと現金が合わず現金が足りないという事件が起きた。時間帯にして、丁度昼休憩で人手が薄くなる頃ではある。足りない金は、いくら探しても出てこない。前日のメーターの消し忘れなど不自然な点も無い。仕方なく、そのまま処理して釣銭を戻したそうな。ただ、差異があったのが一部の島だったので、店長さんが該当の島の防犯ビデオをチェックしたところ、驚きの光景が映し出されていた。店の入り口から白シャツ+スラックス+ネクタイ姿の男が、お店が金回収の時に使うショルダーバッグと似たバッグを手にシレっと入店し、被害のあったパチスロコーナーの通路に、ご丁寧にお辞儀をして入り、なんと鍵を使って台間メダル貸し機の金庫(投入されたお札を貯めておくところ)を手際よく開けて、何食わぬ顔で札を抜き取って鞄に詰め込んでいるではないか。で、一島分の金を抜くと、また島端でお辞儀をし、店の別の出入り口からススーっと出て行ってしまった。
>この手口の場合、いくつかのケースが考えられる。
>・従業員か元従業員による鍵の持ち出し
>・同型台間メダル貸し機のマスターキーが、設置店リストと共に出回っている
>・中古で台間メダル貸し機を買った場合、その販売業者が予備キーかマスターキーを流した。
>とりあえず出入りの設備業者に台間メダル貸し機や両替機や精算機他の鍵シリンダーを交換してもらった。

分電盤の鍵といえばタキゲンの200番と相場が決まっている、他のを見た事がない。
IMG_20210626_135604
つまり日本中ほとんどの分電盤が同じ鍵で開く。知らない人からしたら「それ鍵掛けた意味あるの?」ってなもんだろうが、部外者が勝手に開けて中のブレーカー落とす…ぐらいだったらまだ良くて、端子に触れて感電事故っていうのが管理サイドとしては一番困る。そのために、フリーハンドで開かないようになってれば良い…という意味での施錠でしかない。だから管理や工事業者からすれば、施錠されててなおかつどこでも同じ鍵で開くとかうのは作業性の向上にも繋がる、極めて有意な行為なのだ。と言いつつその鍵がアマゾンでもモノタロウでもホームセンターでも簡単に入手出来てしまうのってどうなのよ?っていう問題はあるけども。
 これはまあ、ちょっと特殊な業界の話ではあるが、でも【刑事コロンボ】で、マスターキーの型番を盗み見した人間が自分でマスターキーを作ってしまう話があった(この犯人は中古車ディーラーを営んでるので合鍵の作成など朝飯前)。これは半世紀近く前の作品だが、今でも、鍵を盗み見したり、SNSにアップされたキーホルダーに鍵番号が映ってたりするのから合鍵作って ━━ 自分で作るのはさすがにハードル高くても、街場の合鍵屋に作らせれるなら造作もない事だ ━━ 空巣だストーキングだなんて話はたまさか見聞きする。鍵って、施錠したからもう大丈夫!と思ってたら大間違いだ。
 だからこのパチ屋も、これでもう一安心なんて思ってるようなら甘い甘い甘い、カルピス原液より大甘だ。鍵は使い手を選ぶのだ(´-`).。oO
In Any Key
Gretje Angell
CD Baby
2019-07-25



  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメントする

名前
 
  絵文字