May 18, 2021

「小1からためた」6000万円を寄付 高齢男性が匿名で 横須賀 | 毎日新聞 https://mainichi.jp/articles/20210517/k00/00m/040/202000c
>2021/5/17 19:35
9 匿名男性から寄付された6000万円=横須賀市提供 https://cdn.mainichi.jp/vol1/2021/05/17/20210517k0000m040199000p/9.jpg
>神奈川県横須賀市は17日、匿名の男性から現金6000万円の寄付があったと発表した。
>市によると、男性は70〜80歳代で同日午後2時15分ごろ同市小川町の市役所を訪れた。応対した職員に「リュックサックに入った手紙を市長に渡してほしい」とリュックごと手渡し、名乗らずに立ち去ったという。
>職員が中身を確認すると1万円札6000枚と手紙が入っていた。手紙には小学1年生からためてきた金であることや、匿名を希望する文言が書かれていた。現金は銀行の帯封が巻いてあった。市は寄付金として取り扱う。【岩崎信道】

これ、社で話題となったのだが、例えば競馬でデカいの当てたとかだったら全部同じ帯封の筈で、しかし左下の束の一番上に横浜銀行のマークがあって、
yokohamabank-logo_464x309
でもってそれ以外のものが8割ぐらいある。という事は、いちどきに大金が手に入る事象がこの人にあった訳ではない。また、6000万わざわざ口座から下ろすとなったらどこの銀行だって事情を聞くものだ(その額の買い物をするとなったら振り込みが普通)、オレオレ詐欺じゃないか?とか、家族が誘拐とか監禁されてるんじゃないのか?とか。となると、小1からかは判らないがとにかくコツコツ貯めてて、100万貯まったら下ろして…の繰り返しで貸金庫かタンスに仕舞ってたのを今回持ち込んだんだろう。
 ではなぜこのタイミングで寄付を?家族がいたらそっちに財産残したいって思うのが普通だろう。逆に残したくない理由があるとか、ずっと独り身だったのならもっと若い時に、贅沢とまでは行かなくてもある程度は使ってるのが普通、1000万2000万ならまだしも6000万も70〜80代の人間が残しとくのは不自然だ。
 俺達の結論としては、老後は二人で余生をノンビリと…とか思って貯めてたのに奥さんに急に先立たれちゃって、カネの使い途が突然なくなっちゃったんじゃないか?と。この歳になると「じゃあいっそ、この6000万で贅沢三昧(はぁと 」なんて開き直れないだろう、そもそもそんな気力も体力もない、ならばせめて善行でも…と。であるならば ━━ 俺達の推理通りだったとして ━━ やっぱ寂しいよなあ。カネは使って初めてその価値と有難みが解る。奥さんと…っていうなら本当に良いカネの使い方だった筈なのに(´・ω・`)
孤軍
秋吉敏子=ルー・タバキン・ビッグ・バンド
SMJ
2013-09-11



  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメントする

名前
 
  絵文字