April 28, 2021

「誰も自分には興味がないと思って動画を作ってます」堀内正人(ほりうち・まさと)のYouTube魂 | キンマweb - 近代麻雀 web https://kinmaweb.jp/archives/135187
>2021.04.26
>元麻雀プロ・堀内正人さんのユーチューブの人気が急上昇している。動画の再生回数、チャンネル登録者数が順調に伸び、麻雀関係のユーチューバーとしてはトップクラスの人気だ。2021年1月の売上200万円。
>なぜ、今、堀内さんがウケるのだろうか? (文・赤松薫)
スクリーンショット-2021-04-26-005400 チャンネル登録者7.93万人(2021年4月26日現在)月間売上は1月には200万円を超えるもその翌月は70万円に落ち次の月は100万円 https://kinmaweb.jp/wp-content/uploads/2021/04/スクリーンショット-2021-04-26-005400.png
>堀内さんが一躍有名になったのは、旅打ちを始めてからだ。それまでは、麻雀プロだったころのエピソードなどのトーク動画を投稿していたが、月間売上が40万円を超えることはなかった。
>「1回目の緊急事態宣言が解除になって少し外に出てもいいかなという気になったので『旅動画』を思いつき、試しにまず宮城県の古川市に行ってみました。これは、電話さんという人がノートで紹介していた麻雀「チョンボ」で打つためです。マンズがすべて抜きドラの3人麻雀で、その実践動画がおもしろかったので、今後は旅動画にしようと決めました」
>再生回数が増えるにつれて、堀内さん個人の人気も高まって来たのではないかと思うが、堀内さんはきっぱりと否定する。
>「視聴者のみなさんは、『堀内正人』という自分に興味があるのではなく、あくまでも麻雀動画の内容に興味があって見てくれるということはよくわかっています。それは、動画再生数に顕著に表れてきて、似たような動画を続けて投稿すると再生回数は落ちるし、視聴者にとって有益な情報が入っている動画は伸びます。それだけ、皆さんが麻雀に対して真剣なのだと思います」

ヒトの魅力よりコトの魅力って、何とも世知辛いがしかし堀内さん冷静だ。まあプロ雀士(「元」とはいえ)たるもの冷静な分析力なしに務まるもんじゃないけども。
 しかしそうか旅打ちはバズるコンテンツか。まあ確かに、TVでも自分と無縁な土地の情報に見入ってしまう事はあるものだし、ましてや麻雀好きが未知の地の麻雀(いみじくも堀内さんが語ってるように、麻雀にはローカルルールが山ほどある)に興奮し熱狂するというのは解る。
 俺自身も競馬競輪オートで旅打ちをして来た。それをブログネタにして、バズらなかったのはこれらの競技が麻雀のようなローカライズされてるものではなかったというのもあるが、根本的な問題として俺がつまらない人間だったというのが理由のほとんどだろう。グリーンチャンネルでの須田鷹雄のアメリカ競馬場行き当たりばったり企画など結構な人気だったし。結局、全てを決めるのは人間力なんだよな(’A`)
Around the World in 80 Days
Wiggins, Gerald
Ojc
1991-07-01



  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメントする

名前
 
  絵文字