February 16, 2021

仮想通貨で「170万円騙し取られた」男性の告白 | 災害・事件・裁判 | 東洋経済オンライン https://toyokeizai.net/articles/-/403810
>2021/01/15 13:00
>多田 文明
>ある30代の男性会社員は、本業の傍ら株式投資やFXもしており、それなりに知識があったにもかかわらず、170万円をだましとられました。
>9月半ば、男性は交際相手と別れたこともあり、コロナ禍のなか出会いを求めて、初めて大手のマッチングアプリに登録しました。すぐに女性から「いいね」がつきます。相手はシンガポール人でしたが、横浜に住んでいるといいます。こちらも「いいね」を返して、マッチング成立となりました。
>しばらくアプリ内でやりとりをした後、LINEでのメッセージのやりとりを始めます。「そこでの会話は友人とするような普通なものでした」と男性は話します。
>やりとりが1週間ほど続く中で、女性は「私は投資をしています」と切り出します。男性も投資をしているので、この話に花が咲きました。女性は「以前、兄はウォール街で金融アナリストとして働き、私も一緒に投資を学んだことがあります。兄からは売り買いの方法を教えてもらったので、自分も利益を出している」と言ってきました。
>女性は一気に襲いかかります。「今日は1600ドル稼ぎました!」、翌日も「1400ドル増えました」と射幸心をあおってきました。兄からの情報で間違いなくお金が増やせると言い、「興味はあるけど、原資がない」としぶる男性に少額からの投資を勧めます。
>女性が仮想通貨の投資に誘ってきたのには、ある背景がありました。それは2020年10月下旬頃からビットコインの価格が上昇しており、詐欺を仕掛ける側が絶好の好機と見ていたからにほかなりません。
>男性もビットコインの値が上昇傾向であったことは事前に知っており「ちょうど仮想通貨の投資には良い時期だ」と興味を持っていました。「今なら、儲かる」と思っていたタイミングで、投資詐欺の術中にはまってしまったわけです。
>女性から「今後の取引には2万ドル以上ないとリスクが発生するので、さらに追加するべき」との助言を受けますが、男性は「すぐには難しい」と答えます。と、女性はここで、さらなるトラップを繰り出してきました。
>女性が自分の写真を送り「私のこと好きですか?」と尋ね、「そうですね」と男性が返すと、「彼氏になってほしい」と告白。急な展開に面食らう男性に「来月会いましょう」とたたみかけます。こうした「ハニートラップ」をまじえた、再三の要求を断り切れずに、男性はさらに45万円分を入金してしまいました。

この人を「アホなやっちゃw 」と斬って捨てるのは簡単だが、単純な投資詐欺でなく色恋が絡んでるから厄介だ。オンライン結婚詐欺みたいなもんで。いや結婚詐欺は「カネ出してくれ」とは言うけど儲け話持ち掛けたりはしないか。
sagishi_woman
しかしこの人にしてもそうだが、「そんなもん見破れる、自分に限って引っ掛かる訳がない」ってみんな思ってるんだよな。かくいう俺だってそうならない保証はどこにもない。決して油断する事なく、「ヒトを見たらドロボウと思え」で行くしかないのだな(´-`).。oO



  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメントする

名前
 
  絵文字