February 17, 2021

競馬関係者が不正受給か コロナ給付金申請 大阪の税理士が指南/競馬・レース/デイリースポーツ online https://www.daily.co.jp/horse/2021/02/17/0014084803.shtml
>2021.02.17(Wed)
>美浦、栗東トレセンで働く多数の調教助手や厩務員らが、新型コロナウイルス対策の国の持続化給付金を不正受給した疑いがあることが16日、分かった。
>担当馬がレースで獲得した賞金に応じて得られる報酬が新型コロナの影響で減少したとして申請していたが、日本調教師会は「中央競馬の中止はなく影響はほぼなかった」と返還を求めている。
>大阪市の男性税理士が指南していた。「受給者は100人以上」と証言する調教助手もおり、総額1億円以上になる可能性もある。

由々しき事態だ。国のカネを不正に受け取ったとなれば全国民が被害者、全国民を敵に回したという事になる。その上で。
 何年前だか忘れてしまったが、騎手を初めとする競馬関係者が申告漏れを多数指摘され、修正申告したというニュースがあったのを覚えてる。
4401769_m
この人達はその後税理士と契約して…という流れだった筈だ。なら「税金とか難しうて私よう解らんのですわ、おカネの事はもう税理士さんに全てお任せしますんで」ってなって「え、私もコレもらえるんですか、じゃあ手続きお願いします」ってなもんだろう。「実入りが増えるんならイリーガルでも何でも良いですわ先生、何かオイシイ話ないですか」ってな人はさすがにいないだろう。
 だから罪が軽くなる、ってなもんでは決してない。無知であれ、罪は罪だ。競馬やんない人の、競馬に対するイメージが著しく悪くなったのは間違いない。先にも書いたが、少ないながらも俺の払った税金を不正に取得された事への怒りもある。ただ、ここを先途と「競馬なんかw 」と叩いて来る手合いには、断固として戦う姿勢を見せておきたい(`・ω・´)
マネー・ジャングル
デューク・エリントン
ユニバーサル ミュージック
2016-10-26



  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメントする

名前
 
  絵文字