February 11, 2021

 高知競馬で多頭数落馬による競走不成立があったそうで、でも調べたら思わず「アカン!」と口走ってしまった。
地方競馬ライブ
4コーナー回って騎手が追うのを止めているが、その後に映る着順表示板に【審】の字(=審議の意)は出ておらず、だから騎手は「これ不成立だろ」と勝手に(!)判断し競走を放棄した事になる、これを油断騎乗と批判されても何一つ反論出来まい。
 「赤信号、みんなで渡れば怖くない」とばかり全員が止めてしまった以上、施行者としては競走不成立として全馬券買い戻しとするのもやむを得ないし、その判断は正しかったと思うが「お前ら(=騎手)何してくれてんだ、このレースの売上パーじゃねえか」と施行者は騎手をドヤし付ける権利と正当な理由がある。
 こちとら別に無茶を言ってるのではない。2014年に中山で、4コーナーから1周するレースの最初の直線で馬体故障を発症し馬場に横たわってしまい、後続馬が直線に向いた際に係員が外側に誘導する指示を出した事あったが、この競走は成立してる。
まさかの障害競走:酒とワラwの日々
このエントリ↑でも触れてるが、それに先立つ2008年にここ高知で同様の事例が起きてて、この時は結果競走不成立となったとはいえ、馬場のド真ん中で馬が倒れているにも拘らず後続馬の騎手は内外二手に別れて追いまくっている。競馬珍プレイとしてつとに有名な笠松の、競走中にハロー車が入り込んでしまった際も、騎手はハロー車を避けながらもちゃんと追っている。

然るに今回は。

高知けいばオフィシャルサイト-RyomaDerby-ニュース http://www.keiba.or.jp/top/news/diary.cgi?no=10209
>令和2年度 第15回 第6日 第6競走 6番
>騎手塚本雄大は、エイシンバロニン号に騎乗したところ、発走後において進路選定の判断を誤り(前走馬に接触、落馬、競走中止)、騎手としての注意義務を怠ったため、令和3年2月16日までの実行2日間騎乗停止。

発端となった騎手にお咎めがあるのは当たり前として、他の騎手にもちゃんと指導したんだろうねえ(’A`)?
FEETS DON'T FAIL ME NOW
HERBIE HANCOCK
FUNKY TOWN GROOVE
2015-10-07



  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメントする

名前
 
  絵文字