February 09, 2021

「ムーンライトながら」消えても「青春18きっぷ」2021年も春・夏・冬に発売 | 乗りものニュース https://trafficnews.jp/post/104410
>2021.02.08
>乗りものニュース編集部
>JRグループが2021年2月8日(月)、普通列車が乗り放題になる「青春18きっぷ」について発表。2021年も例年通り、春季、夏季、冬季に発売されます。

季節到来。とはいえ今年は、青春18きっぷの発売そのものを危ぶむ声も少なくなかったようだ。というのもコロナ禍によるJR各社の業績大幅減、こんなバーゲンプライスの切符を発売する余裕とかあるのか?と。
 あとは何といってもムーンライトながら号の廃止で、
IMG_20210211_164105
この青春18きっぷ発売を報じる各社の見出しにほとんど例題なく取り上げられていた事でも解るが「青春18=ながら号」ってイメージが非常に強い、分かち難いものだったから「ムーンライトながら廃止なのに本当に売るのか」と心配する人が続出したという事のようだ。
 青春18って、グループ旅行だと簡単に元が取れるが一人旅だと結構ハードルが高い。連休が取れない仕事だと必然的に日帰りとなるから、行ける範囲が限られる。利用期間内に5枚使い切れず、残り1〜3回分を金券ショップやヤフーオークションに出してる人も珍しくない。でもって俺の場合はギャンブル旅行となるが、競馬だと福島以遠しか使いでがなく、しかし青春18の利用期間中に福島開催はない。競輪だといわき前橋宇都宮伊東温泉静岡がターゲットとなるが、そもそもの開催日数が少ない上に無観客開催も少なくない事を思うと、本場観戦は簡単なものとはとても言えない。オートレースだと伊勢崎と浜松だが、競輪と合わせたところで期間内に5枚使い切れる訳がない、という結論になる(5枚使い切ったのは2016年の夏、一度きりだ)。結局、自分の休みと開催日程を照合して、狙いの日のために金券ショップやヤフオクでラスト1回分を拾って来るぐらいしか手はなさそうだ。ムーンライトながらもそうだが、もうちょっと若いうちにいろいろやっときゃ良かったなあ(’A`)
ライヒ:18人の音楽家のための音楽
アームストロング(レベッカ)
ユニバーサル ミュージック
2014-04-23



  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメントする

名前
 
  絵文字