January 16, 2021

新型コロナ: 函館市電に延伸構想、「民営化1年」空港アクセスの胎動: 日本経済新聞 https://www.nikkei.com/article/DGXZQOFC121D10S1A110C2000000/
>2021年1月14日 11:15
>北海道7空港の民営化開始から15日で1年、積年の宿題だった二次交通の充実への胎動が始まった。3月に完全民営化する函館空港(函館市)では市電の空港延伸への模索が続く。

函館空港から市電の東端にして始発の湯の川電停まで約4辧1日当たり1700人ほどの利用があれば採算が取れるんだそうな。
IMG_20210211_191505
平時、空港の利用客数はおよそ4500人だという事からすると不可能な数字ではないが、現実的とも言い難い。千歳や羽田のように、空港そのものがショッピングモールとかアミューズメント施設の役割を果たす事で集客を目論んでるのだろうが、であっても市電が全通したところで地元民はマイカーを利用するだろうし、道外観光客にとってもリムジンバスの方が便利だ。始めに結論ありきで市電延伸の理由付けをしてるように映る。
 ただ、道外観光客のうち、湯の川温泉直行客と競馬目的の者にとっては圧倒的に便利になる事は間違いない。競馬者として、注視して行きたい(´-`).。oO
アローン・イン・サンフランシスコ+1
セロニアス・モンク
ユニバーサル ミュージック
2016-09-28



  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメントする

名前
 
  絵文字