January 12, 2021

「今月10万円コース」1日の電気代が5000円…電気料金"市場連動型"プランで契約している家庭の電気代が電力不足などの影響で高騰し阿鼻叫喚の事態に - Togetter https://togetter.com/li/1651064
電力って貯めておく事が出来ない(蓄電池レヴェルの話ではない)から、各電力会社は需要ピーク時に合わせた設備投資をしてて、また、ピーク時であっても他の電力会社に何らかの障害があった時に融通出来るように余力を持たせてる、すなわち基本的に電力とは余ってるものだ。そしてそういう余剰電力を売買する市場もある。
 さて、電力自由化によって生まれた新興の電力会社は、発電給電設備を自社では基本的に持たない。MVNO(=格安SIMや格安スマホ)が既存の携帯電話会社から回線使用料を払ってエンドユーザーと契約するのと同じビジネスモデル ━━ 既存の電力会社から電力を買ってエンドユーザーと契約する ━━ を展開してるのだが、これだと、平時は既存の電力会社より割安だが電力不足時には電気料金がまともに跳ね上がる。だから新電力会社の普通のプランは、そういう値上がりリスクを考えて普段の市場価格より高めの値段で従量料金を固定してるのだが、100%市場価格に全振りする事で普段の料金をより安く出来る連動型プランというのも当然あって、それだと有事にリスクヘッジ0の直撃弾となる。
 東日本大震災の煽りで原発稼働が停止、Co2問題から石炭火力新設が出来ないため日本の電力会社はベース電源をLNG(=液化天然ガス)に頼らざるを得ないのだが、オーストラリアが対中姿勢を強めたため逆ギレした中国が豪州産石炭を輸入制限、しかし国内向け電力を確保しなくてはならないため中国はLNG輸入をなりふり構わず急増しLNG相場が世界的に火柱高した、その結果がこれ↑だと。
3627524_m
株式投資やFX、商品先物取引でもやってる人だったら覚悟も出来てるだろうが、それこそMVNOの感覚で「ネットで比較!お得な電力会社」みたいなので選んで契約しちゃった人は諦めが付かないだろうなあ。安物買いの銭失い。御愁傷様(-人-)
Electric Byrd
Byrd, Donald
Blue Note Records
1996-03-05



  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメントする

名前
 
  絵文字