December 24, 2020

 「今年はカレンダー何本も持って挨拶回りするサラリーマンあまり見ないね、『コロナあるんだから無闇に来るな』とか言われてるのかもしれないけど」などと社で話し合ってたのだが、蓋を開けてみれば結構な数のカレンダーと手帳がやって来た。日本政策投資銀行のカレンダーなんて「何でお前がそんなの持ってんだ」ってウケそうだが、結局やめにした。
 「バクチ者たる者バクチカレンダーを貼らずにどうする」というのがバクチ者の一般的な感覚だろうが、そもそもウチのマンションは古い造りでコンクリにクロス直貼りなんで、釘もネジも効かない(だから前述の日本政策投資銀行カレンダーをもらって来なかったのだ)。賃借人がコンクリートドリルで穴開けてカールプラグ打ち込んで…なんて出来っこない。粘着素材で貼るという手もあるが、一枚ものならともかく月めくりのカレンダーって意外と重量あるもので、やってみると上手く行かない。卓上カレンダーしかお呼びでないウチとしては、ほとんど例外なく壁掛けタイプなバクチカレンダーはどうにもならないのだ。
4155657_m
俺は写真をちょっとだけ齧ってたので、写真って大きいほど訴求力がある、というのは身を以て解ってる。選手の写真だったら、何なら等身大まで伸ばした方が圧倒的に格好良い。だから壁掛けカレンダーが大サイズになるのは必然で、では卓上カレンダーはというと今のご時世、「だったらスマホにダウンロードした方が良いわ」ってなるわな。卓上カレンダーって、いつまで生き延びられるんだろうか(´-`).。oO
フォトグラフ
木住野佳子
MCAビクター
1996-06-21



  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメントする

名前
 
  絵文字