August 25, 2020

「道外の人が考える1泊2日北海道旅行プラン」を実際にやってみた結果 – 北海道ファンマガジン https://hokkaidofan.com/1haku2travelplan/
>2020/08/25
>編集部
ROUTEMAP https://hokkaidofan.com/wp/wp-content/img/uploads/ROUTEMAP.png
>北海道サイズは、実際に出張、旅行、移住してみないとわからないものです。
>そのようなわけで、北海道を訪れたことのない人に「1泊2日北海道旅行プラン」を考えてもらうと、真面目に考えたのに ほぼ不可能と思われるプランが誕生します。
>そこで今回は、そんな無茶な旅行プランを道外の人が考えてくれたので、実際にそれを実行してみようと思います。
hikaku-hokkaidoroutemap01 https://hokkaidofan.com/wp/wp-content/img/uploads/hikaku-hokkaidoroutemap01.jpg
hikaku-hokkaidoroutemap02 https://hokkaidofan.com/wp/wp-content/img/uploads/hikaku-hokkaidoroutemap02.jpg

北海道デカいネタはこの手のポータルサイトの定番、どこであれ一度は手掛けているだろう。しかし実際やってみた、となるとTV番組【水曜どうでしょう】や【ブギウギ専務】クラスの大技だ。ご苦労様。
 さて、内地民競馬クラスタはJRA函館or札幌と帯広ばんえい競馬のハシゴを夢想した事が一度はあるだろう。で、出来るのか?
 北海道シリーズ中の帯広は全てナイター開催なので、両競馬場で第1レースから最終まで楽しむなら土曜帯広→日曜JRAの順しかない。移動距離の短い札幌を先に考えるが、クルマで3時間半と近い(!)から、最終レース終わりでレンタカーで当日中に札幌ホテルにチェックイン出来る。それにそもそも札幌の観光スポットってそれほどない。だから競馬場入り前&最終レース→千歳空港までの空き時間にクラーク像見て時計台とテレビ塔見て…で充分だろう。あまりに有名な札幌グルメの数々は、実はそのほとんどが千歳空港でも飲み食い買い物出来るので、さして問題もなかろうし。
 クルマが使えない人でも、帯広〜札幌はJR特急で一本、2時間半だから、帯広泊→朝イチ特急で札幌入りする事も出来る。千歳からの帰り便をギリまで遅らせれば、まあ良い旅行と言えるのではないか。
 問題は距離がある函館〜帯広で、移動に関しては当該記事より遥かに楽だが、それでも全レース観るという条件を付けると、函館観光を諦めざるを得ない。例えば
 
 帯広空港に午前着→十勝川温泉日帰り入浴→旧愛国駅&旧幸福駅→
 全国的知名度を誇るグルメを堪能→競馬場→夜通しレンタカーで函館→
 朝市→仮眠(!)→競馬場→ラッキーピエロ&ハセガワストア→函館空港
 
五稜郭も函館山もトラピスチヌ修道院も湯の川温泉もナシだけど ━━ 6時間運転して函館観光して完徹のまま競馬、はさすがに保たないだろう ━━ 函館グルメは堪能出来たから良し、と割り切るしかない。
 どうしても函館をエンジョイしたいなら、全レース参加という大原則を捨てるしかない。逆順にして

 函館空港→トラピスチヌ修道院→競馬場→五稜郭→函館山→
 湯の川温泉→超絶早起きして朝市→レンタカーで帯広に昼前着→
 十勝川温泉日帰り入浴→全国的知名度を誇るグルメを堪能→
 競馬場→ナイター照明が点灯した辺りで撤収、帯広空港

こんなトコロか。「地方競馬でも千四・千六・八百とか距離変えるのに、ばんえいって距離も障害も一緒でしょ、別に全レース観ないでも」と割り切れるならアリ。アリっちゃアリだけど…。
 とにかく帯広〜函館はクルマで6時間というのがネックになる。でも、それでも、重ねて書くが、これでも当該記事より遥かに楽なんだよな。北海道の何とデカい事か(´・ω・`)



  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメントする

名前
 
  絵文字