March 13, 2020

京都向日町競輪場が2024年度まで存続へ 民間委託で経費削減が奏効、府が決定|京都新聞 https://www.kyoto-np.co.jp/articles/-/185453
>2020年3月13日 8:00
img_75ac6af2ba534d076742ce7144ed444b493217 2024年度までの存続が決まった京都向日町競輪場(向日市寺戸町) https://kyoto-np.ismcdn.jp/mwimgs/7/5/600m/img_75ac6af2ba534d076742ce7144ed444b493217.jpg
>府によると、民間委託で経費を節減し、奈良競輪場(奈良市)を会場に夜間の無観客レース「ミッドナイト競輪」を18年度から主催するなどの方策で、収支が改善した。17年度は2億4200万円、18年度は2億6800万円の黒字だったという。向日町競輪場では、バンクでの走行体験や、東京五輪で新種目となる自転車BMXフリースタイル・パークの特設コース設置で、新たなファンの掘り起こしにもつながっていることから、5年間の事業継続を決めた。
>府は20年度からの業務委託企業を募集し、現在運営している「日本写真判定」を選定、契約を結んだ。20年度一般会計予算案にはバンク改修費2400万円を計上した。13年度以来の補修で、7、8年は利用できるという。24年度以降については「多角的な観点から判断したい」(府総務調整課)としている。

存続本決まりでまずはめでたい。しかしそれにしても、2億6800万−2億4200万=2600万しかミッドナイトの効果ってないのか…って開催すればするだけ赤字と言われた一般開催の一部をミッドナイトに移行しただけでこれなら御の字か。そのプラス分だけで走路改修費を捻出出来たのだからして。

コロナで競輪無観客レース 静寂の中、選手も違和感 売り上げ半減の可能性も|京都新聞 https://www.kyoto-np.co.jp/articles/-/181401
>2020年3月10日 12:58
>新型コロナウイルスの感染拡大防止策で、無観客の競輪レースが9日、京都府向日市寺戸町の京都向日町競輪場で行われた。同競輪場では初めて。
>期間中の各地のレース売り上げは落ち込んでおり、玉野競輪場(岡山県玉野市)は前年の同じレース比で35%、奈良競輪場(奈良市)でも同33%にとどまった。京都向日町競輪場は、売り上げが前年の半分以下になる可能性があるといい、同競輪場は「収益は厳しくなる見通し。今後の動向に注視していきたい」としている。

問題はこっちの方だよな。記事ではそこまで触れてないがコレGレースの事で、一年分の利益をここで叩き出のが輪界のビジネスモデル、それがこのまさかの惨状で屋台骨が揺らいでる真っ最中。一般開催を全部ミッドナイトにしても多分埋められそうにない。まあコロナが一段落すれば全て済む話で、俺の取り越し苦労に終われば良いんだけども(´-`).。oO
ミッドナイト・サン MIDNIGHT SUN
山本剛トリオ
CRAFTMAN RECORDS
2019-09-04



  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメントする

名前
 
  絵文字