January 16, 2020

元ボートレーサー逮捕に関する緊急記者会見について | BOAT RACE オフィシャルウェブサイト

逮捕の報道が8日の夜。この会見まで1週間も何してたのよ?という気にもなるが、普通の会社だって年末年始明けの間に溜まってた仕事の処理もあれば前から決まってた予定だってそれなりにある、ましてや日本モーターボート競走会の会長・理事・顧問弁護士ともなれば。だからこの3人のスケジュールを合わせるとなると、成人の日の3連休跨ぎで1週間ならむしろ最速の部類だろう。だからそれは良い。質疑応答についても、逃げずに真摯に向き合っている印象を受けた。
syazai_kaiken
ただ、そもそもの問題となっているレースで、当該(元)選手に何の処分もなされてなかったのはどうにも引っ掛かる。
結果|BOAT RACE オフィシャルウェブサイト
競馬で最後の直線、ゴール前の1完歩2完歩なんてのは惰性が付いているので騎手は追って追わなくても変わらないと騎手は口を揃えるが、しかしそれをやってて他馬に差されるとそんな知識のない人にヤオと誤認されかねないため、JRAでは【油断騎乗】として30日間の騎乗停止に処される。昨夏の周回誤認事件では、騎乗停止3ヶ月という処分だった。
 競輪では、過剰牽制による大量失格が年に1、2度起こるが、これも見た目ヤオと受け取られないため【敢闘精神欠如】として選手は当該レース失格&即時斡旋停止2ヶ月プラス選手会からの2ヶ月出走自粛勧告で実質4ヶ月。車券客は命の次に大事なものを賭けている、バクチ打ちにとっちゃ性善論なんてクソ食らえであるからこそ選手に一方的に厳しい処分が下されるのであって。
 それに対して競艇の、こんなアカラサマにスッポンポンなヤオを疑われるレースに対して何のお咎めもなしというのは絶対にマズかった。結果論でなく、即時ヒアリングしファンに対してもその結果をエクスキューズしておくべきだったし、当時のルールで可能であれば何らかの処分をしておくべきだった。後手に回った感が否めないよなあ(´-`).。oO
Conference De Presse Vol 1 and
Michel Petrucciani & Louiss
Dreyfus
1995-01-01



  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメントする

名前
 
  絵文字