November 10, 2019

ジャパンC創設39年目にして初の外国馬ゼロ https://www.daily.co.jp/horse/2019/11/09/0012862999.shtml
>2019/11/09
f_12863058 2018年11月、アーモンドアイがジャパンカップを制した https://i.daily.jp/horse/2019/11/09/Images/f_12863058.jpg
>JRAは9日、今年のジャパンC(24日・東京)に予備登録していた、全外国馬が来日しないと発表した。外国馬の出走ゼロは、ジャパンC創設39年目にして初めて。

来日馬ゼロったって、ここ十何年かは来ても勝ち負け出来るレヴェルの外国馬がそもそも実質ゼロ状態だった訳で、それを思うと「で?」でしかない、別に感慨も何も一切ない。招待などしなくてもテイクオーバーターゲットやスノーフェアリーがG Iかっ拐っていったように ━━ まあそれだって何年前だっていう話だが ━━ 本気で獲りに来る外国馬は確かに居る、しかしそういう層にジャパンカップというレースは【刺さって】ないという事だ。っつうか当の日本馬だって、今秋リスグラシューはオーストラリアに行ったしアーモンドアイは香港に行く。オープン特別より重賞、重賞の中でもGIIIよりGII、GIIよりGIの方が売上が歴然と良いっていう商業的価値は解るけど、もう日本一の高額賞金レースっていう以外にジャパンカップの存在意義はないと言っても過言ではあるまい。
 思えばジャパンカップ創設から39年、その4年後には天皇賞(秋)が3200→2000mに距離短縮という大規模変更がなされている。それだけ経ってるんだったらもうそろそろ、白紙改正ったら大げさだけど、一度GIスケジュールを考えても別に良いんじゃないかと思うんだけどねえ(´-`).。oO
インヴィテーション
アル・ヘイグ
EMIミュージックジャパン
2011-12-21



  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメントする

名前
 
  絵文字