November 05, 2019

売り上げは13億円余り、目標は達成できず/飯塚 - オート : 日刊スポーツ https://www.nikkansports.com/public_race/news/201911040000458.html
>[2019年11月4日17時12分]><飯塚オート:日本選手権>◇SG◇最終日◇4日
>5日間の総売り上げは13億7297万6800円で目標の16億円には届かなかった。

…まあ…ねえ。

SG総売上は目標の16億円に届かず…/川口 - オート : 日刊スポーツ https://www.nikkansports.com/public_race/news/201910150000657.html
>[2019年10月15日18時27分]
201910150000657-w1300_0 12R優勝戦、1着(4)鈴木圭一郎、2着(1)高橋貢、3着(5)佐藤貴也(撮影・柴田隆二) https://www.nikkansports.com/public_race/news/img/201910150000657-w1300_0.jpg
><川口オート:全日本選抜>◇SG◇最終日◇15日
>5日間の総売上は12億4666万3100円で目標の16億円には届かなかった。

んー、でもオートレースグランプリは売上目標を大きく上回る17億2161万を達成してるんだし。
売上こそが万能薬 : 酒とワラwの日々
レースの売上は給料日や年金支給日といった日取りや天候、他競技や非ギャンブルイヴェントとの競合etc. 影響を与えるファクターが多岐に渡るため「これが理由だ!」と軽々しく断定出来ないししてはいけないのだが、それでも一つ仮説を立ててみたくなる。それは「SG多過ぎね?」って事。開催って398人しか居ない全選手の1/4近い96人が一同に介する、それがたとえトップ選手であったとしても毎度似たような顔触れのメンバーで年4回、プラスしてプレミアムカップ2回、準決勝からは毎度お馴染みのメンバーと来ればそりゃあ食傷気味にもなるだろう。
 私案だが、SGはもうオールスターと選手権だけにしてプレミアムも止めちゃう。スーパースター王座決定戦のポイントは各場の開設記念で、今のプレミアムと同点数を付与する。開設記念の出場基準は揃えないといけないので、本場はランキング上位48人、プラス外来4場はそれぞれランキング上位12人とすれば、優勝戦もハンデ30とかまであるかもしれない、顔触れも新鮮だし車券も推理し甲斐があるというものだ。各場12位と13位じゃ大違いだからA級上位の争いも激しくなる、選手層の底上げにもなる。もちろん止めたレースの賞金は開設記念などに再配分するのが大前提だが、そんな悪いアイディアでもないんじゃなかろうか(´-`).。oO
ベスト・オブ・セルジュ・ゲンスブール-イニシャルSG-
セルジュ・ゲンスブール
USMジャパン
2012-06-20



  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメントする

名前
 
  絵文字