November 04, 2018

 本来なら日本選手権オートレースについて触れるべきなんだろうが、今回全くの不参加だったからなあ。売上目標未達も、
売り上げは前年比108%も目標には届かず/川口 - オート : 日刊スポーツ https://www.nikkansports.com/public_race/news/201811040000705.html
真裏でJBCが前人未到の売上レコードを打ち立ててる事を思うと、最低限のラインはクリアしたと言えるのではないか…とだけ。

75万円の競馬予想ソフト、馬券当たらず…相談が相次ぐ:朝日新聞デジタル https://www.asahi.com/articles/ASLB0641FLB0UGTB018.html
>小手川太朗
>2018年11月4日7時58分
>「競馬は投資」などとうたう高額な競馬予想ソフトを購入したが、損をしたという相談が相次いでいることが福島県消費生活センターへの取材で分かった。3日からは秋の福島競馬が開幕。センターは安易にソフトを購入せず、周囲の人に相談するよう呼びかける。
>県内の各消費生活センターによると、昨年4月からいわき市を中心に50件を超える相談があり、相談者のほとんどは20代という。先輩や友人に呼び出され、「馬券を自動で購入してくれる」「うまく使えば絶対もうかる」などと勧誘される。関係者によると、ソフトの金額は約75万円。「金が払えない」と断っても、クレジットカードや消費者金融での借り入れを半ば強引に勧められるケースがあり、届いたソフトを使って馬券を買っても的中しないという。(小手川太朗)

いわゆるインチキ予想会社の詐欺行為とは違う、2〜3年前にネット界隈で散見された(今でもあるが)情報商材ものという新しいパターン。
AL008-ookinayoukyuu20140722_TP_V
ただこれが成立するのは、情報商材が下火になって来たのと入れ替わるようなタイミングで馬券脱税裁判が結構大きく報じられて、それを薄っすら知ってるレヴェルの人には「儲かる競馬ソフトがある」と丸め込み易い…っていうのが一つ。もう一つは、事件の舞台がいわき市であるという点。福島県は会津・中通り・浜通りと三つに分かれ、いろいろと文化的に異なる。中通りでは何といっても競馬文化が強いが、浜通りだと相馬野馬追という馬事文化は強烈だが競馬・馬券となるとそれほどでもない。福島市にも微妙に行き難いし街の規模もそれほど変わらない、だから地元じゃ出来ない大きな買い物だ病院だとなったら東京行っちゃう。かくて競馬知識をちゃんと持ってる人がそれほど居ない、ってのもあるかなと。いやホント、詐欺師っつうのは巧いトコ突くよなあ(´-`).。oO
ブリティッシュ・ツアー‘75
ソフト・マシーン
マーキー・インコーポレイティド
2015-05-25



  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメントする

名前
 
  絵文字