July 04, 2018

「そういえば昔、あったよね」 いまや珍しいバスのサービス【高速バス編】 | 乗りものニュース https://trafficnews.jp/post/80580
>2018.07.03 須田浩司
>「サロン席」は、現在でも多くの観光バスで採用されていますが、かつては高速バスでも見られました。
>観光バスのサロン席は、テーブルを囲むような形で座席が配置されており、ここで仲間同士が語らいながら一杯…というのは、いまでもよく見られる光景です。一方、高速バスのサロン席は、どちらかといえば「乗客自身の気分転換の場」「喫煙スペース」として活用されていました。
>特に「ドリームふくふく号」に導入された車両は、日本初のサロン付き2階建て夜行高速バスとして一躍注目を集めたものです。
large_180530_natsukashi_09 サンデン交通「ふくふく東京号」。2階建て車両の1階にサロンが設けられていた(須田浩司撮影)。 https://contents.trafficnews.jp/post_image/000/023/729/large_180530_natsukashi_09.jpg
>しかしながら、やがてサロン席の利用状況は低下し、健康増進法の制定で車内は完全禁煙化されていきます。さらに、道路交通法改正による乗客のシートベルト着用義務化、道路運送車両の保安基準の改正などの理由で、サロン席を有する高速バス車両の製造自体が難しくなったことから、現在はすっかり見かけなくなりました。

昨日書いたばかりだが、ドラマや映画の中に喫煙シーンがあるだけでケチ付けられる昨今だが、一昔二昔前のものだとみんなスパスパやっている。ヴァラエティ番組でももちろんそうで、「水曜どうでしょう」でも大泉洋が、今は亡き寝台特急【なは】や夜行バス【ギャラクシー号】の中でタバコを吸っているシーンがある。
 ところでこの【ギャラクシー号】、福島〜大阪を結ぶが、東日本と大阪を結ぶバスの常で京都でも客扱いをする(現に、どうでしょう班は京都から乗車し福島へ行った)。競馬場のある街をピンポイントで繋ぐバスって凄いよな…と思ったが、新潟〜京都(・大阪)もあるし、西船橋(≒中山)や中央道府中(東京競馬場の南門から徒歩15分)だってあるか。…いや、でもこのバス、後背人口を考えるとやっぱ凄いよなあ(´-`).。oO
Jazzville 4 A.M.
Johnny Martel
P&S
2009-03-07



  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメントする

名前
 
  絵文字