May 26, 2018

IMG_20180527_211205(拾い画像)
不自然なオッズ、金沢競馬で「八百長」疑惑 : スポーツ : 読売新聞(YOMIURI ONLINE) http://www.yomiuri.co.jp/sports/etc/20180523-OYT1T50044.html
金沢競馬:騎手らに聞き取り 八百長疑い報道受け/石川 - 毎日新聞 http://mainichi.jp/articles/20180524/ddl/k17/050/246000c

金沢のアレ、何年前だったか、初めて表面化した時はネットと一部競馬誌以外はスルーしそのまま沙汰やみとなったのだが、なぜか今頃にはなって週刊現代が取り上げ、さすがに形だけでも調査しないといけないと思ったか、その翌日には主催者が関係者にヒアリングした、それを今度は読売と毎日が記事化。
 で、当時も書いたが、俺の感想は「下手くそ( ´,_ゝ`) 」の一語。俺が昔持ってた「騎手がバラした馬券術」って本の第一章でヤラズを取り上げていたが、


一番手っ取り早いのは出遅れだが、人気馬で出遅れて着外なんてやったら裁決室から呼び出されるに決まってる、本当のヤラズはもっと上手く、バレないようにやるものだ…というその具体的なやり方には唸らされたものだ。
 この本、逆にヤリを成功させた馬主から食事に誘われ、そこで手の内に忍ばせてた二つ折りの千円札の束を握手と同時に渡された(=金銭授受してるトコロをツマビラカにするのは上品ではない…という大人のマナー)…というクダリがあった。最高額紙幣として五千円札が発行されたのは1957年だから、それ以前の経験という事になる。となれば「実名を出すとヤバイ騎手」という著者(の少なくとも一人)はこの時点でもう騎手を引退した調教師 ━━ それすら引退しているかもしれない ━━ で、もう時効だから話せる騎手時代の話だったのだろう。しかしそれから十干十二支で一回りしてなおこのザマ、時代遅れにもほどがあるだろう金沢競馬。ヤラズをするなとは言わん(中央競馬だってやってる人は居る)、馬券をキメた関係者だって外れて全ヤラレになるリスクは一応背負ってる、主催者たる金沢競馬にしてみれば大口投票してくれる上客だから大ごとにはしたくないだろうし、だから目クジラ立てる気にはならない。ただ、それにしたって、もうちょっと上手くやれよと( ´,_ゝ`)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメントする

名前
 
  絵文字