February 18, 2018

裏カジノのちょいパチが2台から8台へ増台 | パチンコ日報 https://pachinko-nippo.com/?p=30116
>2018年2月17日
>ちょいパチを使った裏カジノがあることを伝えたのは1月20日だった。導入されているのは冬ソナとAKBの2台のみなのだが、これに順番待ちができることから、AKBをさらに2台増台して、計4台で営業していた。それでも順番待ちができることから、さらに4台島を作って計8台で営業することになった、という。
IMG_9857 https://i2.wp.com/pachinko-nippo.com/wp-content/uploads/2018/02/IMG_9857.jpg
>遊び方は1玉100円。玉は1万円買いで100発。ちょいパチは29分の1〜39分の1の確率である。100発以内で大当たりすることも十分あり得る。
>AKBの場合4ラウンドで208発、6ラウンドで312発の出玉だが、1回大当たりを引けば2〜3万円にはなる。ちょいパチでも連チャンすれば1000発ぐらい出る機種もあるので、10万円ぐらい稼ぐこともできる。
>1分間で1万円勝負。1玉100円というレート感と、確率の甘さがギャンブラーには堪らないようだ。

どはは〜。そんな所でちょいパチが。合法パチ店では芳しくなかったと聞くが、捨てる神あれば拾う神あり。期待値とゲームスピード、ゲーム性とレートがマッチしてたのは市中のパチ屋ではなくカジノ(「裏」とはいえ)向きだったとは、台メーカーも勉強になり、また刺激にもなった事だろう。案外、日本でカジノが解禁されたアカツキにはパチやスロが立ち並んでるのかもな(´-`).。oO
37ミニッツ・アンド・48セカンズ<SHM-CD>
ソニー・スティット
ワーナーミュージック・ジャパン
2016-07-27



  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメントする

名前
 
  絵文字