January 25, 2018

世界のトップ100 G汽譟璽垢IFHAから発表! JRA
>2018年1月24日
>IFHA(国際競馬統括機関連盟)は、昨日(日本時間午後11時)2017年世界のトップ100 G汽譟璽垢鯣表しました。
>今回は11ヶ国39競馬場のG偽チがリストに名を連ね、1位はフランスの凱旋門賞、2位はイギリスのキングジョージ裟ぁクイーンエリザベスステークス、3位はUAEのドバイワールドカップとなっています。
>日本の競走では、天皇賞(春)およびジャパンカップの12位を筆頭に、以下のとおり、合計12競走が100位以内にランクインしており、ランクインした競走数では、イギリス(24競走)、オーストラリア(22競走)、アメリカ(15競走)に続き、世界4位となります。
>なお、天皇賞(春)は2,700メートル超のExtendedカテゴリーで、世界ナンバー1に位置づけられています。
>天皇賞(春)(12位)、ジャパンカップ(12位)、有馬記念(14位)、天皇賞(秋)(22位)、大阪杯(38位)、宝塚記念(48位)、東京優駿(65位)、皐月賞(86位)、安田記念(86位)、マイルチャンピオンシップ(86位)、チャンピオンズカップ(86位)、東京大賞典(86位)
>全競走リストは以下のリンク先で確認できます。
http://www.ifhaonline.org/resources/LWBRR/Top-100-G1-Races-2017.pdf(外部サイトに接続)
IMG_20201006_175057
IMG_20201006_175151

一覧表を見るとなかなか興味深い。超長距離戦では天皇賞(春)がブッ千切り世界一レースで、春天距離短縮論者が「ホレ見ろこんな距離に力入れてるの日本だけやないかガラパゴス競馬や」と鬼の首でも獲ったように我田引水的曲解して大ハシャギするのかもしれないが、しかしそれが日本に於ける最高位レースレート競走であり、さらに同位タイにランキングされたのが2400mのJC、「チャンピオンディスタンスは2400ではなく2000になっているのが世界の趨勢」などと言われて久しいにも拘らず秋天22位・大阪杯38位と差を付けられてるとなれば彼らもグウの音も出まい(施行歴史を思えば大阪杯はなかなか大したものだが)。さらに、スタミナや底力よりもスピードの方が産駒に伝わり易く、その観点からだと2000よりマイル・マイルよりスプリントの方が種牡馬選定レースとしては価値が高いにも拘らず、今の日本競馬ではスプリントGIはランクインしておらずマイル戦もギリ何とか…というのが実状。だからこそ日本競馬はさらなる短距離志向をするべし?しかし馬事文化がないに等しい日本では馬券売上がない事には何も初まらない、となると短距離GIのさらなる増設ぐらいしかやりようがないが、それはそれでGI粗製乱造のそしりは免れまい。俺は現状容認で良いと思ってるんだけどねえ('A`)
Distance
Joachim Kuhn
Creative Music Prod.
1994-10-11



  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメントする

名前
 
  絵文字