January 24, 2018

IMG_20180124_151629
二日経ってもこのザマだ。雪国ならぬ東京では公による除雪というものはなく、だから集合住宅だと住民自ら「明日会社(or学校)行けんかったらエラいこっちゃ」と必死に除雪するが、オフィスビルだとエントランスから離れたトコは全然…ってなトコも珍しくない。でもって高層建築物やら地形の関係で全く陽当たりのないトコも多々ある、そういうトコだと完全に融け切るまで1週間近く掛かったりする。
 で、思い出した昔話。東京競馬が雪で順延になって、それを買おうと外回り中の空き時間にメトロ新御茶ノ水で途中下車、水道橋のWINS後楽園目掛けてJRの線路沿いに歩く。メインレースのバレンタインステークスをパワフルボーイが勝ったのは覚えてて、今調べたら94年だった。
バレンタインS|1994年02月18日 | 競馬データベース - netkeiba.com http://db.netkeiba.com/race/199405010511/
JRの御茶ノ水駅は東西に流れる神田川の南岸、河岸段丘のようなトコにあり、さらに南は切り立った崖の上に御茶ノ水の街が広がっている。次の水道橋でJRは高架になるが、これはJRがジェットコースターみたいな高低差で走ってるのではもちろんなく、周りから見ると御茶ノ水の辺りだけ小高い岡になってるという事だ。だから途中、主婦の友社の前辺りから急な下り坂になる。
Point Blur_20181007_230814
でもってこの道路は北側には建物が建っておらずすぐ線路、だから北風に乗って降る雪が道路南側の建物でせき止められて、周辺道路と比べて積雪量が明らかに違う。さらに陽が差さないという、もう何重苦だ、とにかくこれだけ日数経ってもまだ融け切らずアイスバーンになっていた。そんなだから坂を下るのも慎重に慎重に、滑らないよう必死だった。で、坂を降り切って平坦になった、フォステクスの前でコケた。漫画やイラストによくあるような宙に浮く、滞空時間のあるコケ方じゃなく、足が着いた瞬間目の前に青空が広がっているようなスピード感。しかしまあ、真後ろにコケたのだから、一歩間違えれば後頭部強打で救急搬送まであったろう。そうならなかったのは胴から45度の角度で両手を開き、基本に忠実な柔道の後ろ受け身を取れていたからだ。高校時代の体育教師の顔がパッと頭に浮かんだ「K先生ありがとう、俺の高校生活3年間は無駄じゃなかった!」
 この印象があまりに強烈だったせいか、馬券の方は全く記憶に残ってない。でもまあ、それがなくても20年以上前の、重賞ですらないオープン特別だからなあ(´-`).。oO
マイ・ファニー・ヴァレンタイン
マイルス・デイビス
SMJ
2013-09-11



  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメントする

名前
 
  絵文字