September 12, 2017

“魔の静岡・広島”…他 続「18きっぷあるある」8選 | マネーポストWEB https://www.moneypost.jp/197495
>2017年9月10日 12:30
18kippu_image 18きっぷ利用者なら納得(?)の「18きっぷあるある」 https://www.moneypost.jp/wp-content/uploads/2017/09/18kippu_image.jpg

この記事が18キッパーでない、っていうか旅慣れてすらない人を対象にしてるんだろうからケチ付けてもしょうがないけど、でもこの人、

 >「18きっぷ」をこれまで100回以上利用し、北海道から九州まで
  日本全国のJR線をほぼ乗り尽くした鉄道旅行マニアの男性(40代)

発想が子供過ぎる。何なら、本当に実在するのか?って気すらして来る。若いライターがネット検索で18あるあるを拾って適当なマニアでっち上げて書いただけのような気配がプンプンするんだが。いや、本当に実在するんだったらごめんなさいだけども。

 >【長時間停車に唖然】

情けない。時刻表読めば(≠見れば)それぐらい判るだろうに。一部の駅を除いて発車時刻しか載ってないが、それでも一駅間でヤケに時間が掛かってたら前後列車との所要時間を比べて、結構な違いがあったら「特急や貨物列車の通過待ちなり単線区間の対向列車と行き違い待ちがあるんだな」って推測出来るものだ。乗り換えアプリだったら判らなくてもしょうがないけど、18キッパーだったら紙の時刻表ぐらい読めるだろうに。そして以下の項目についても突っ込みどころパンパンだ。
 で、実のところ、18きっぷは確かにお得だけども、普段から普通列車に慣れ親んでおけばそれほど気追う事もない。都内から宇都宮や前橋競輪に遠征するとなったら普通の人は新幹線だろうが、俺は普通列車で行く。単純に貧乏旅行、特急料金節約で浮いた分を車券代に…ってのもあるが、せっかく新幹線に乗るのにたった45分とかで降りちゃうなんてもったいないし、何より旅感がない。普通列車で倍の2時間近く掛けて行くからこそ、旅打ちというにはちょっとスケールが小さいが、少なくとも「遠征してるぞ」って気にもなろうというものだ。通勤車輌のロングシートじゃ旅情もヘッタクレもないし、駅弁もビールも口にするのも憚られるが、それでも非日常感には浸る事が出来る。目的が目的だからあんまり威張れたものではないけど、これでもれっきとした旅だ(`・ω・´)! 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメントする

名前
 
  絵文字