May 25, 2017

連続企業爆破事件の大道寺死刑囚が死亡 http://mw.nikkei.com/#!/article/DGXLASDG24H6U_U7A520C1000000/
>2017/5/24 14:31
>三菱重工ビル爆破事件など1974〜75年の連続企業爆破事件で殺人罪などに問われた大道寺将司死刑囚(68)が24日午前、東京拘置所で多発性骨髄腫のため死亡したことが関係者への取材で分かった。
>大道寺死刑囚は死者8人、重軽傷者165人を出した三菱重工爆破事件をはじめとする一連の企業爆破事件を起こし、87年に最高裁で死刑判決が確定した。

死刑確定から30年間執行されずにいたのって凄いよなと。死刑制度の是非については触れなけども。
 この爆破事件、年代的には知ってる筈だが全く記憶になくて、でもピース缶爆弾(←タバコのショートピースの缶
peace6
に時限爆弾を仕込んだもの)は知ってるし、爆発物の中にパチンコ球や釘を配置する事で殺傷力を高める…なんて知識を何かの本か漫画で読んだ覚えはある。あと、昨今の刑事ドラマではあまり見掛けなくなったが、当時は時限爆弾のコードの赤と青どっちを切る?であるとか、クルマの下に時限爆弾がセットされてて運転シーン→ダイナマイトに括られた時計の秒針がゼロになる→爆発!であるとか、もうTVの定番というぐらい多かった。爆弾の材料に転用出来るもの(=除草剤など)は容易に入手可能だったため、今みたく爆弾の作り方をインターネットで一発検索って事はない代わりに、既に知識を有してる者にとっては作り放題爆破し放題であったらしい。
 昨日のとカブってしまうが、3競オートでも、簡単で良いから何らかの検査はあっても良いと思う。昭和の時代の騒擾事件ではゴミ箱に放火するのが定番だったが、今でも新聞を始めとして燃え易いものがそこらじゅうにあるし、全場内禁煙となってもいない、火気厳禁ではないのだからして。
 いわき平競輪に初めて行った時、入口でペットボトルは持ち込み出来ないと注意され、その場で飲み干してOKをもらった。まあ後で考えればもっともな話ではあるのだが。松戸競輪では場内の飲料自販機は紙パックのものしかない。缶ビールやチューハイを売ってる売店でも、買ったらその場で紙コップに空けて渡される。これらはゴミの分別ではなくて、バンクへの投げ込みを懸念した結果で、いわきのもそういう事だ。今の感覚からするとやり過ぎに思えるだろうけど、やっぱりバクチ場であるって事は忘れないようにしないと(´-`).。oO


  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメントする

名前
 
  絵文字