February 07, 2017

今は存在しない地図記号「◎の中に☆」を80年前の宇都宮で発見 | しらべぇ http://sirabee.com/2017/02/05/20161060734/
>2017/02/05
>どうも、地図地理芸人の火災報知器の小林です。
>地図の中にある地図記号は、それをみれば何があるのか一目瞭然にわかってしまう、とても便利な記号です。
>しかし、年を重ねるごとになくなってしまった地図記号もあるのです。
sirabee20170128map2 http://img.sirabee.com/wp/wp-content/uploads/2017/01/25043125/sirabee20170128map2.jpg
>これは今から80年以上前。昭和5年の宇都宮、20万分の1の地勢図です。
>この年は第1回FIFAワールドカップが行われた年で、太平洋戦争開戦のおよそ10年前。それだけ古い地図だと、そこには「師團司令部」「旅團司令部」「要塞司令部」なんて地図記号があるのです。
>「◎の中に☆」「〇の中に☆」やはり司令部だけあってかっこいい。しかし、司令部なんてそう簡単にはないと思っていると…
sirabee20170128map3 http://img.sirabee.com/wp/wp-content/uploads/2017/01/25043127/sirabee20170128map3.jpg
>あった! 宇都宮駅前にポコポコって見つかりました。
>調べてみるとこの場所には第14師団と呼ばれる師団の司令部が実際にあったみたいです。現在は戸祭町付近が司令部のあった場所とされます。
sirabee20170131map02 http://img.sirabee.com/wp/wp-content/uploads/2017/01/31045238/sirabee20170131map02.jpg
>(文/小林知之・火災報知器)

こりゃすげえ。字が右から書いてあるだけでちょっとクラクラする。3年前か、テレ朝【タモリ倶楽部】で自慢の地図を披露した時は古書店で偽物掴まさいれたとイジられた火災報知機・小林さんだが(笑いになったから良かったけども)、これはさすがに本物っぽい。しかし俺的興味としては3枚目の、現代の地図からどうしても競輪場を探してしまう。もう習性だわさ。
 JR宇都宮駅から左に行って東武線の手前で右折(=上へ行く)すると『横長◎』が、これは国土地理院の定める地図記号にはないが栃木県庁で、すぐ上の『○の中に×』が警察署、これは県警本部。そのさらに上にもある『○の中に×』は宇都宮中央警察署で、右には『△の中にY』が、これまたグーグルマップ独自の記号だが八幡山公園で、その敷地内左上に位置するのが競輪場だ。簡単簡単( ´∀`)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメントする

名前
 
  絵文字