January 19, 2017

デ杯欠場決めた錦織 日の丸より“ツアー優先”の計算と思惑 http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/197591
>2017年1月17日
d627b743c2bad0063b413acb9619f30020170116105642072 全豪オープン開幕前日に汗を流す錦織(奥はマイケル・チャンコーチ)/(C)AP http://static.nikkan-gendai.com/img/article/000/197/591/d627b743c2bad0063b413acb9619f30020170116105642072.jpg
>「エースであるケイ(錦織)が、遠征を理由にデ杯の地元開催を欠場するなんて考えられない」
>16日に開幕した全豪オープンテニスの大会前会見でのこと。錦織圭(27=世界ランク5位)が2月3〜5日に行われる男子国別対抗戦デビス杯1回戦(対フランス=有明コロシアム)の欠場を表明したことを受け、対戦国であるフランス人記者はこう言って目を白黒させた。
>錦織は2月13日から南米2大会(アルゼンチン・オープン=250シリーズ、リオ・オープン=500シリーズ)に出場するため、「スケジュールがタフ」(本人)とデ杯欠場の理由を説明した。
>「今年にかける意気込みの表れでしょう」と、さるマスコミ関係者がこう言った。
>「昨年3月、英国で行われたデ杯ではマリー(29=世界ランク1位)と対戦、4時間54分に及ぶフルセットの末に敗れた。6月のゲーリー・オープンを左脇腹痛、7月の全英を左ふくらはぎ痛で途中棄権せざるを得なかったのも、シーズン序盤の激戦がたたったという見方があるのです。まして今年のデ杯はプレッシャーの大きな地元・日本開催で、フランスはモンフィス(30=世界ランク6位)、ツォンガ(31=同12位)、ガスケ(30=同18位)らをそろえる強豪ですからね。去年以上に激しいプレーを求められるだけに、場合によってはシーズン前半は使い物にならなくなるかもしれません。錦織はこれまで4大メジャーどころか、マスターズ1000すら勝っていない。今年は最低でもマスターズ1000を取りたいと考えているのです」

既に発表されてる通りデビスカップの対戦国はフランスで、そんなもん勝てる訳がない、だったら最初から…ってのは至って妥当な、合理的な判断だ。つっても錦織だってカネカネカネカネカネって回避を決めたのではなく、昨夏はポイントにならない8月のリオ五輪や9月のデビスカップにもダブルスで出場してて、そこでこれだけご奉公したんだから今年は個人を優先させても良いでしょ…ってなもんだろう。でも実際、個人の実績あってこその錦織のヴァリューなんだし。それでもなお「イヤお国のために云々」って批判するのはさすがにプロスポーツ選手に掛ける言葉じゃないだろう(「喝!」とかタワケた事を言いそうなジジイが一人、すぐ思い浮かぶが)。テニスがいかに負担の大きな競技か、しかも錦織のプレイスタイルがいかに消耗するものであるか…を知ってたら、そんな事は口が裂けても言えない筈だ。
 まあもうチケットは完売してるそうだから買っちゃったファンはお気の毒様で、多分ネットオークション暴落だわ転売ヤー顔面蒼白阿鼻叫喚となっているのだろうが、でも転売ヤーでない一般テニスファンが買ってたとしても、やはり思慮不足というかミーハー丸出しというか。去年の秋競馬の古馬、中〜長距離のGI3連戦 ━━ 天皇賞(秋)・ジャパンカップ・有馬記念 ━━ 全てに出走した馬は一頭も居なかった。プロ野球だって、長いペナントレースの中では、相手がエースの先発だとかいう時には最初から負け試合として、こっちはローテーションの谷間投手で挑むとかするものだ。勝負処というものがあるからこそ、出場する試合やレースを取捨選択する…っていう事に考えが及ばないとはねえ( ´,_ゝ`)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメントする

名前
 
  絵文字