January 11, 2017

はかた号プレミアムシートなら14時間乗っても快適 - デイリーポータルZ:@nifty(江ノ島茂道) (2017.01.10 16:00) http://portal.nifty.com/kiji/170110198512_1.htm

いやもう実に何ちゅうか、「水曜どうでしょう」でキングオブ深夜バスと畏怖された頃の面影は既になく、感慨深い。番組当時は京王と西鉄の2社2便体制だったし中央道経由で途中休憩は諏訪湖と下松S.A.、車輌は先代のエアロクィーンでその車内はモノクラスで豪華シートなんてなかった。初日二日目と連チャンではかた号だったから、哀れミスターはケツの肉が取れる悪夢にうなされる羽目に。
image
image
image
image
もう、何もかもが違い過ぎる。ミスターや大泉さんに言わせると「近頃の若者は」「ゆとり世代」とかになるだろうなと。
 バス好きとして乗ってみたい気持ちは当然あって、でも乗る事それ自体が目的の旅を出来るほどの身分でなし。やはり旅打ちでなければならなくて、それでも今のはかた号は小倉で乗降扱いするから小倉競輪や山陽オートに…って、スターフライヤーで早割の方が安いし楽、ダイヤ上もはかた号に勝ち目はないんだよな。半月前ネタにした東京〜大阪間の豪華バスは
2万円で買える時間 : 酒とワラwの日々
最終の新幹線や飛行機の後に出て始発より早く着くから優位性があるのに対し、はかた号はねえ…。乗ってみたい気持ちはあるんだけども('A`)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメントする

名前
 
  絵文字