December 07, 2016

2秒で書けてかっこいい「ビジネスサイン」の作り方 - デイリーポータルZ:@nifty(榎並紀行) (12.05 11:00) http://portal.nifty.com/kiji/161205198223_1.htm
>小学生の頃、スターになった将来に備えてサインを創作しようと試みた記憶はある。平凡に成長し、何者にもなれないと悟ったときに破り捨てたが、サインは何も著名人の特権ではない。印鑑文化の日本と異なり、海外のビジネスシーンではサインが基本。誰もが日常的にオリジナルのマイサインを用いているという。
>しかし「ビジネスサイン」というのは、どうやって作ればいいのか? 教えを請うべく、手書きサイン創作サービスを展開している「署名ドットコム」を訪ねてみた。
001-1本も出している http://portal.nifty.com/2016/12/05/b/img/001.jpg
>最も基本的なポイントは「どこまで画数を省くか」。デザイン性だけでなく、書きやすさも考慮しながら最適解を求めていく。
>まず決めるべきは、サイン全体のフォルム。三角形、四角形、円形など、どんな図形の中に文字をおさめるかによって、印象が変わるという。
>誠実、やわらかい、エッジが立ってる…などなど、「どんな自分を表現したいか」を考え、構図を選ぶのがコツであるという。
>文字を形作る線は「直線」「曲線」の2種類。どちらを活かすかによっても、印象は大きく異なる。直線を強調するとシャープになり、曲線を多用するとやわらかくなるのだ。
>サイン作りの基本的なコツは分かった。だが、せっかくなのでビジネスサイン書体のすごさをもっと感じたい。
>たとえば名前とかじゃなくて、もっとくだらない言葉、まぬけな言葉もサインにしたらかっこよくなりませんかね?
>「くだらない言葉ってなんですか…?」
>た、たとえば「うんこ」とか…?
>「ひらがなは難しいんですよ。だから、うんこじゃなくて『便秘』とかはどうですか?」
>翌日、メールで送られてきたのが以下である。便秘以外にも色々作ってくれた。
021まずはこちら「牛丼特盛」。A5ランク牛を使用し、2900円くらいしそうな雰囲気が出た。そのままお品書きに使えるんじゃないかという完成度 http://portal.nifty.com/2016/12/05/b/img/021.jpg
022難しいといいつつ、ひらがなも作ってくれた。ファッションブランドのロゴを思わせる「じゃがいも」。野菜の中でも朴訥なイメージだったのに、随分とあか抜けたものだ。カレーなどにおいそれと使うのはためらわれる http://portal.nifty.com/2016/12/05/b/img/022.jpg
023そして、「今日便秘」。リスキーな状況でありながら、あえて四角形の構図を採用しどっしりと構えている。「本日は便秘で候」といった、武士の潔さを醸し出している。この人は、漏らしても凛としているんだろうか http://portal.nifty.com/2016/12/05/b/img/023.jpg

テレ朝「ミュージックステーション」の出演者達がメッセージボードにサインしたのを番組サイトで見る事が出来るが、中ではAKBのが「いかにも芸能人のサインでございます」ってのから遠い、あんまりサインぽくない。普通に読めるような、あまりこねくらないサインを書くよう指導している…と何かで見聞きした記憶があるが、真偽は判らない。
 ウチはテレ玉が受信出来るので「バッハプラザ」ももちろん視ているが、優勝選手のサイン色紙をプレゼントしてて、だからいろんな選手のそれを見て来た。正直、読めない。てか、選手はどうやって自分なりのサインを開発してるんだろうか。競艇は養成所でそういう授業がある…と聞いた事があるが、これも真偽は判らない(´-`).。oO

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字