November 27, 2016

第36回ジャパンカップ(GI)の結果

演歌は身の毛もよだつほど大嫌いだが、サブちゃんの「まつり」は唯一の例外だ。ヴァラエティ番組でいろんな芸人がヒドい物真似をやってて免疫が出来てる、っつうかもう完全にネタとして昇華されちゃってる、定番になってるのだ。あれほどデフォルメされた失礼なネタを、あれほどの実力者であれば圧力掛けてやめさせる事だって容易だろうに、笑って捨て置いている度量の大きさたるや!でもって演歌が嫌いっつっても、それのはあくまで歌そのものについてであって、歌手本人は別の話だ。ましてやホースマンと来ればなおこちら寄りの人間だ。ジャパニーズJBことサブちゃん、おめでとう( ´∀`)
 ところで、自身や会社名義で馬主をやってた事でも知らされる萩本欽一は、運について「本業が上手く行ってる時は持ち馬は走らない(=好走しない)し、本業が行き詰まってる時は馬が走って経済的に助けてくれる」と経験則を語ってて、であれば、GI勝ちどころかオープン馬だって長らく遠去かってたサブちゃんが、2013年に紅白卒業宣言した途端に同馬と巡り合えた…ってのもそれだよなあ。奇しくも今週、紅白歌合戦の出場メンバーが発表されたが、落選した和田アキ子はそのショツクから恨み節タラタラだそうで、ソウルシンガーの明暗クッキリ分かれちゃったなと。紅白にも匹敵する大部隊で、万人に祝福されながら演い上げたサブちゃんとの落差がもう(´-`).。oO

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメントする

名前
 
  絵文字