November 01, 2016

【メルボルンC】売り上げは6億9737万1200円!一番売れたのは3連複 http://www.hochi.co.jp/horserace/world/20161101-OHT1T50107.html
>2016年11月1日14時50分 スポーツ報知
20161101-OHT1I50079-Lメルボルンカップが行われたフレミントン競馬場 http://www.hochi.co.jp/photo/20161101/20161101-OHT1I50079-L.jpg
>JRAは1日、メルボルンC・G1の売り上げを発表した。馬券の発売はインターネット投票のみで、この日の午前7時から発走4分前まで約6時間と短かったが、総額6億9737万1200円。10月2日に行われた凱旋門賞は41億8599万5100円だったが、平日の昼間のレースを考えれば、上々だった。
>最も売れたのは3連複で売り上げは2億2274万8400円(式別シェア31・9%)。一般的に最も売れる3連単は2億399万9900円にとどまった。なじみの薄い海外馬が大半だっただけに、難易度の高い3連単で高額配当を狙うよりも、的中確率を優先したようだ。

ウチの社の全員JRAのWeb投票はA-PATしか持ってなくて、だから誰一人メルボルンCを買えなかったのだが、それにしてもド平日の午前中6時間だけでこの売上って、改めて中央競馬ファンの購買力は凄いなと。関係者には悪いが参加日本馬はスターホースとは言えないし有力視もされてない、でもって馴染みのないオーストラリア競馬で今の若い競馬ファンは未経験の24頭立て、さらにハンデ戦、もう買い難い悪条件がこれでもかと揃っちゃさすがに三連単は買えないわ…って状況下でも7億弱。これ今年の東京ダービーより上だ、JRA的には御の字なんてもんじゃないだろう。
 さて、当たり前だがファンの財布の中身は変わらないのだから、JRAがこうして売上を伸ばしているという事は、どこか食われている業種があるという事になる。今までJRAしかやりません…って人が凱旋門賞や今日の新規参加になったのなら問題はないが、普通に考えて、そういう人は今までも中央馬が出てる地方交流重賞に手を出してたと見るのが自然だろう。であれば、外国競馬の伸長で地方競馬困窮という由々しき事態になって行くのか?注視して行きたい(´-`).。oO

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字