October 26, 2016

JR北海道、赤字3線区廃止へ…バス転換念頭に http://yomiuri.co.jp/economy/20161025-OYT1T50018.html
>2016年10月25日 09時10分
20161025-OYT1I50006-Lhttp://www.yomiuri.co.jp/photo/20161025/20161025-OYT1I50006-L.jpg
>赤字路線の見直しを検討しているJR北海道が、輸送密度(1日1キロ・メートルあたりの輸送人数)200人未満の3線区を廃止し、バスへ転換することを念頭に沿線自治体と協議する方針を固めたことが24日、わかった。
>JR北などによると、3線区は、札沼線の北海道医療大学―新十津川間(14年度の輸送密度81人)、根室線の富良野―新得間(同155人)、留萌線の深川―留萌間(同177人)。また、輸送密度200人以上2000人未満の線区についても沿線自治体と維持の可否や手法を協議する考えだ。

鉄道ヲタクが公共交通機関の公共性を声高に訴え廃止反対と叫ぶのはお馴染みの図式だが、そもそも公共性のない企業などないし、私企業それも株式会社であるならば株主への説明責任がある、公共性の高さゆえに赤字でも良い…という事にはならない。もっとも赤字だから廃止というのではJR北海道は全滅してしまう、その線引きが営業係数とか輸送密度という訳だ。まあ、妥当なところなのではないか。…とか言ってるそばからこれだ。

 【悲報!!】日高本線、事実上の廃止へ 度重なる高波被害、復旧費用がどんどん増え・・・ - NAVER まとめ http://matome.naver.jp/odai/2147709522610295001

J北単独での復旧なんて金銭的にどだい無理、自治体にも負担をお願いしなければならない、でも沿線自治体は「カネは出さないけどとにかく直せ」じゃJ北がキレるのも無理はない。「お前ら日高道(=J北の商売敵)のセレモニーには嬉々として出席したくせに、よくもまあイケシャーシャーと」ってなもんだろう。もっとも、やむを得ないと受け入れる自治体もあって、日高町だけは「せめて日高門別まで残してくれんか」と主張してるが、そしたらそれ以外の町が「ウチら関係ないから日高町だけカネ出しなよ」となってしまう、だからもう詰んでる。差し当たって、現状バス代行輸送してる鵡川以東の廃線は時間の問題だろう。
 NAVERの中にあるように、車窓に広がる牧場と馬々は旅行客には非常に人気で、でもその人達ってどれぐらい居るの年何回来るの?…ってなると、これだけで「残して観光資源として活用しよう」とは現実離れしてるとしか言いようがない。門別競馬だってJRとは全然離れている。うん、やっぱ詰んでるよなあ(´・ω・`)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字