September 19, 2016

身近な派閥の話 - デイリーポータルZ:@nifty(きだてたく) (09.18 11:00) http://portal.nifty.com/kiji/160918197442_1.htm
>ちょっと前にSMAP解散に関してメンバー内でもめた、という報道がありまして。SMAP内部で解散派と存続派に分かれてバッチバチやりあってる的な相関図が新聞やテレビに出てたんだけど、それを見ると「アイドルも内部で派閥とかあるんだな」と思って面白かったんです。
001わざわざ図にまとめなくてもわかりそうな感じも面白い。 http://portal.nifty.com/2016/09/18/b/img/pc/001.jpg
>僕の記憶にある派閥と言えば、以前に勤めていた会社にももちろん派閥がありまして。会社自体は僕を入れて社員7人というすごい小さな制作会社だったんだけど、そこが社長派と制作リーダー派に分かれて常になんらかのギスギスがある、みたいな感じでした。
>配置的には、社長+営業+事務 vs 制作リーダー含む制作チーム4人(僕はこっち)という、制作会社とか代理店なんかに非常にありがちな図式。7人しかいない会社なのに、制作だけで社内杯ボーリング大会をやったり、対して社長派だけで花見を強行するなどという仲の悪さでした。すごい居心地悪い。
>しかし、なんと、早々に僕がこの会社を辞めたあと、営業(女性)が制作リーダーとつきあい出すという驚きの展開があったとかで、なし崩しに『社長派・制作派・制作リーダーと営業女子派』という三つどもえの図式に変わったと聞きました。三国志なら、どこかのタイミングで孔明の計略があったなと思わざるを得ない大展開です。
>「そういや、なんか派閥の話って憶えてます?」というざっくりした質問をライター西村さんにぶつけたところ、家庭内派閥の話を語っていただいた。

 >うちは3人兄弟が兄(7歳上)と弟(3歳下)vs 僕の構図になってました。多数決をとると必ず負けるし、弟と僕がケンカしていても兄が弟に肩入れして介入してくるので、武力闘争でも負けます。
 >西村まさゆき

>続いて、編集古賀さんの派閥。

 >学生のころ所沢の服屋でバイトしてまして、そこは店長派とスーパーバイザー派に分かれてました。スーパーバイザーは地域の複数の店舗を管理してるような立場の人で、その人に取り入る社員がいてさらにその社員に可愛がられてるバイトがいて…見たいな感じでした。
 >私はどっちにも属してない一匹狼みたいな社員のお姉さんと仲良くしていて争いには絡まなくてすみましてあれは助かったなと今でも思います。
 >私がバイトをやめる最後のほうになって高級化粧品ブランドから転職した社員が入ってきまして、さらに派閥分裂してどえらいことになってました。
 >古賀及子

>なんか1対1のケンカの話みたいなのだと聞いてる方も辛いんだけど、多数対多数だったり、三つどもえだったりとか、そういう勢力争いの話は程よく現実味が薄くて、ちょっとワクワクします。


好き嫌いのない人など居ないだろう。それはもちろん、人が対象であってもだ。ましてや単純なそれではなく、損得勘定が掛かってたりもするのだからなおさらだ。人の集まる所、大なり小なり派閥が出来るのは自然の理(ことわり)だ。
 3競オートだってもちろんそうだ、何よといっても師弟関係があるのだから。中央競馬では騎手のフリー化が進んでるが、これだってエージェントが間に入ってるから必然的に人脈というものが発生する。吉田一族とどう接するか?だって敵味方が出来る。武豊が一時期干されたのもそうだし引退直前のアンカツだってそうだった、それが出来るほど影響力がデカいのだからして。場合によっては競輪のラインよりよほど強固という言い方だって出来る。げに恐ろしきかな人の好みよ(´A`)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメントする

名前
 
  絵文字