September 08, 2016

判明!これが三越伊勢丹の「閉店リスト」だ 三越千葉に伊勢丹松戸・相模原・府中店も視野 http://toyokeizai.net/articles/-/134896
>2016年09月07日
>印南 志帆 :東洋経済 記者
img_d86ff1ed51535288c0aa21dee7ed115577119http://tk.ismcdn.jp/mwimgs/d/8/-/img_d86ff1ed51535288c0aa21dee7ed115577119.jpg
>今年に入ってから、百貨店業界では都心郊外店を閉鎖する動きが活発化している。セブン&アイホールディングスは、傘下のそごう・西武の郊外店計4店の退店を発表。阪急阪神百貨店を運営するエイチ・ツー・オーリテイリングも、大阪市郊外にある堺北花田阪急の退店を決めた。
>三越伊勢丹の場合、これまで不振店舗でも省コスト運営を徹底して営業を継続させる方針を取ってきた。2008年に三越と伊勢丹が統合して以降、2009〜2011年に三越6店、伊勢丹1店を閉鎖したが、それ以後は2014年にJR大阪三越伊勢丹を閉鎖したのみ。
>だが、郊外店の不振をカバーしてきた伊勢丹新宿店、三越銀座店といった都心旗艦店での業績がここにきて悪化している。2015年度に活況を呈したインバウンド消費が急激に落ちこんでいることが大きいが、主力の衣料品の不振が深刻化していることも原因だ。こうした状況を受けて、従来の方針を変更せざるを得ない状況になったというわけだ。
>足元では、三越千葉店の他にも、伊勢丹松戸店、同相模原店、同府中店が営業赤字。三越伊勢丹ホールディングスの大西洋社長は東洋経済の取材に対し、「成長が望めず、設備投資をかけられないような店舗は、ここ2、3年のうちに手を打たなくてはいけない」と、上記の郊外店の閉鎖がさらに続くことを示唆した。

うーむ。今の時代に百貨店という小売業態がそぐわないのは解るが都市の顔として ━━ 地方都市は特にそうだけど ━━ 百貨店という業態が成り立たない程度の購買力や街の集客力がない…っていう凋落の象徴なんだよな百貨店の撤退っていうのは。
 東京競馬場の最寄駅は京王競馬場線の府中競馬正門前駅だけど、府中駅まで歩いても10分ちょっとなので、八王子方面から来る人はこっちがメインルートであるという人も多い、新宿方面だって特急一本で乗り換えなしだから敢えて府中まで歩く人もいる(俺もだ)。そんな人達にとっては府中のランドマークだ。でも府中に住んでる人の百貨店需要となると、JRで近年発展目覚ましい立川に行くんだろうな。まあ新宿だって30分足らずだし。
 松戸競輪の最寄駅は北松戸駅だが、各停しか停まらない小駅なので飲み食いもパッとせず、バスや徒歩で隣駅の松戸へ行く事となる。その松戸の街もそうなのか。まあ同じ常磐線でもずっと柏に負けまくり、その柏ですら駅前のそごうが閉店を発表したぐらいだけども。…うーむいやしかし、淋しいもんだわさ(´・ω・`)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字