August 09, 2016

【あの時・自転車チームスプリント「銀」】(5)何が何でも見返したかった http://www.hochi.co.jp/sports/etc/20160731-OHT1T50232.html
>2016年8月1日14時0分 スポーツ報知
>日本を出発する時、成田空港で見送った人は、長塚によれば「数人だけ」。地味な旅立ちだった。
>しかし、成田に凱旋すると、風景は一変していた。テレビでよく見る、スターがゲートから出てくるシーン。まさか自分たちがそうなるとは思ってもみなかった。
>シドニー五輪も経験した長塚は「シドニーで感じたことは、メダルは取らなければいけないものなんだということ。出るだけじゃダメ。僕は最低でも銅メダルは取れると思っていたし、そのつもりで4年間を過ごしてきた。夢というのは、実現可能な目標を設定することだと思っています」。そして公約通り、大きな夢を実現させた。
>もう一つ、長塚を奮い立たせたことがあった。「あるマスコミ関係者から『お前たちは競輪の売り上げにも貢献しないで五輪だ五輪だと言う。どうせメダルなんて取れないんだから、もっと競輪界のことを考えろ』って言われたんです。悔しかった。だから何が何でもメダルを取って見返したかった」。五輪の後、長塚に罵詈(ばり)雑言を浴びせた人物は「長塚君ならやると思っていたよ」と近づいてきた。「この時、大人の事情、大人の世界、世間というものが分かったかもしれない」(永井 順一郎)=おわり=

先週の記事だけど今日気付いたのだから仕方がない。で、このマスコミ関係者ってパッと思い付くのはあの人…っていうか他に思い付かないよな。
 この人、良い事も言うけど「それは違うんじゃないの?」って意見妄言のタグイも多く、また、いわゆるうるさ型の長老であるだけに煙たがってる人も少なくない。俺はアンチではないが信奉者でもない、というスタンスを明らかにした上で、これはさすがにないわ。マジで人格疑われるレヴェルの手のひらクルーだし、ここを先途と攻撃する燃料をアンチに与えちゃったよ。
 イヤ俺だって「車券買ってくれるファンやそれを主催してくれる施行者あっての競輪選手だろう、車券売上に関与しない世界選とかオリンピックなんぞよか目の前の、日常の競輪競走を頑張れや」っていう気持ちは強く持ってるし、実際その立場だったら多分言ってるだろう。でも、だったら素直に謝るよこれは。格好悪いけども。せめて「ああ言えば発奮してくれるかなと思って」ぐらいのエクスキューズ出来なかったもんか爺…イヤあの人と決まった訳じゃない、俺の勝手な思い込みだけども(´-`).。oO

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字