April 13, 2016

新宿は変わり続ける 「バスタ新宿」ら巨大施設誕生 http://www.nikkansports.com/general/news/1629469.html
>[2016年4月10日11時50分 紙面から]
sk-busta-shinjuku-kc20160410-w500_0http://www.nikkansports.com/general/news/img/sk-busta-shinjuku-kc20160410-w300_0.jpg
>新宿南口はすっかり様変わり。新宿で生まれ育ったお笑い芸人・玉袋筋太郎(48)が訪れ、変わり続ける新宿のエネルギーを再確認した。
>「うわぁ、デカいビルだねぇ」。玉ちゃんの見上げる先には32階建てのミライナタワーがそびえる。「小学生の頃、神宮球場で野球を見た帰りに自転車で通ると、この辺は暗くて寂しい所だったんだよ」と約40年前を振り返る。
>西新宿1丁目の生まれ育ち。西口のヨドバシカメラ前にある高速バスターミナルも近い。夜行スキーバスを利用した人も多いだろう。「オレも、バスで遠足に行った。ヨドバシカメラも昔は普通のカメラ屋さんで、土日は誰も歩いていない町だったんだよ」。
>新宿駅西口のヨドバシカメラ前など19カ所に散在していた高速バスや空港バスの発着場が、南口駅前の「バスタ新宿」に集約された。4階がバス乗り場、3階がタクシー乗り場で、バス+タクシー=バスタと命名された。バスは青森から福岡まで39都府県300都市とつながり、最大で1日1625便が発着する。
>南口と言っても、山手線の北端からだとホーム2つ分ほど歩く必要がある。10分は余裕がないと、バスに乗り遅れるかもしれない。バス発券場は混み合い、自動発券機も慣れないと時間がかかるので要注意。
>1971年(昭46)に開業した新宿西口の新宿高速バスターミナルは閉場した。外国人観光客の姿も少なくなった。家電量販店の店員は「目に見えて、歩いている人が減りました」という。南口に人の流れが移り、西口も変わっていきそうだ。
>◆玉袋筋太郎(たまぶくろ・すじたろう) 本名・赤江祐一。1967年(昭42)6月22日生まれ、東京都出身。高卒後、ビートたけしに弟子入り、水道橋博士(53)とお笑いコンビ、浅草キッドを結成。TBSラジオ「たまむすび」金曜パーソナリティー、東京MXテレビ「バラいろダンディ」水曜レギュラーを務める。

そうか前の新宿高速B.T.は閉鎖されちゃったのか。まあ全便バスタに移行したのなら使い途もないけども。
 ここ、『水曜どうでしょう』の「サイコロ5」などで有名だが、一般的なバスターミナルを想像すると面食らう。MY(=明治安田生命)第二ビルの1FとB1Fを待合室と発券カウンターとして使ってるだけ、その裏手(=ヨドバシカメラ側)にバスを2台停めれるだけ(1レーン) という、本当の素ビル。こんなだから発着能力が圧倒的に不足してて、旧ツアーバスを除く高速路線バスだけでもJRバスグループは代々木寄りの自社ターミナルを持ってたし、それでも足りない分は路線バスターミナルの周囲の路上を使ってた。
 俺の旅打ちに於けるこの新宿高速B.T.を思い返してみたが…そもそも新宿発着が意外と少ない。浜松町B.T.に東京駅八重洲口、池袋駅は西口&東口、新宿も前述JRバス独自の代々木寄りのと、そこに移転する前の新南口。観音寺競輪に初めて行った時と福山競馬は小田急ハルクの前からだったし、金沢競馬へは京王プラザホテルの裏からだった。だからクダンの新宿高速B.T.を使った事は岡山行のバスで玉野競輪に行った時だけ、しかもかなり前だし、当時はこんな事になるとは思ってなかったから中の写真撮りまくるなんて事もせず、だから全然印象に残ってない。もったいない事しちゃったなあ(´・ω・`)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字