March 23, 2016

北海道新幹線の予約率が大不振…も函館ではむしろ喜ばれている?|週プレNEWS http://wpb.shueisha.co.jp/2016/03/20/62772/
>[2016年03月20日]
image観光客がこれ以上増えても受け入れ体勢が…? http://cdn.wpb.shueisha.co.jp/img/2016/03/cfd9bc6502f80439c31c5ee5bdd8d0d2_373e5a2dab5e10578174036fb78ce3ef.jpg
>北海道新幹線(3月26日開業)の開業9日間の予約率がいまだ25%ほどの低水準にあることがわかった。
>当然、運行主体のJR北海道も、最終駅として乗降客を受け入れる函館市(札幌延伸は2030年予定)もガックリしていると思いきや、頭を抱えているのはJR側だけ…。函館市に落胆の様子は見えないとか。
>落胆しないどころか、ホッと安堵していると言ってもいい。函館市内のホテル業者がこう語る。
>「実は市内の旅館やホテルがどこもひどい人手不足で、宿泊するお客さまに十分なサービスをできないでいるんです。特に大型旅館が集中する湯の川温泉などでは、夕食を客室に運ぶ仲居さんが足りず、部屋数の8割ほどしか予約を受け付けていない旅館もあるほど。
 >もし新幹線開業で観光客が当地にどっと押し寄せても、宿泊できない観光客大量に発生し、函館の評判が落ちるだけかもしれません」

これ、省いたけどシメがホームランバカで物凄く残念な記事になってしまってて、でもこの部分に関してはなるほどだ。北海道第三の都市・函館も人口は漸減傾向にあり、行く末はかなり暗いと予想されている事は以前ネタにした。

 過疎化の果て:酒とワラwの日々

函館は漁業と観光で成り立ってる街で、しかしその観光業が人手不足とは、致命的じゃないか。つっても昨秋渡道した際聞いたら、暗雲漂う北海道経済も訪日観光客で大にぎわいの札幌とニセコだけは活況を呈し、雇用も引く手あまただそうな。それに冬場は観光客も途絶える函館と違って、年間通して安定した需要がある。ニセコだったら函館から2時間足らず、新卒組は普通そっちに行くよなあ。
 …となるとだ。競馬関係者が遠征を例年楽しみにしてるとつとに有名な函館も、往事と比べるとサーヴィスの質は落ちてるって事になる筈。そういう人達の記事やブログとか見ても、特段そういう記述はないんだけども、やっぱそうなんだろうか('A`)?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメントする

名前
 
  絵文字