March 17, 2016

京都向日町競輪4年後にも廃止 17年度から民間委託 http://kyoto-np.jp/sports/article/20160316000019
20160316081757muko1公営レース以外に、アマチュア競技でも用いられる競輪場。委託期間中には、こうした活用も検討する(2014年5月6日、向日市寺戸町・京都向日町競輪場) http://www.kyoto-np.co.jp/picture/2016/03/20160316081757muko1.jpg
>京都府は、京都向日町競輪場(向日市寺戸町)を早ければ4年後に廃止する方針を15日までに固めた。車券窓口販売などの業務を2017年度から3年程度は民間委託し、その間、公営ギャンブル施設として存続しながら跡地の利活用を検討する。競輪事業の人気回復は厳しいと判断した。
>競輪場は府が1950年に開業、最盛期の87年度には売上高403億円を記録したが競輪人気の低迷で、収入が100億円台に落ち込んだ。老朽化したスタンドの改修に25億円以上を要し、府は2011年に「中長期的に存続は難しい」と将来的には廃止する方針を打ち出していた。
>近隣にあった大津びわこ競輪場(大津市)が11年に廃止されて以降は場外発売収入が伸び、単年度では黒字を確保している。府は民間委託で赤字化を回避し、委託期間中に、アマチュア自転車競技用の運動施設化など、跡地利活用の在り方について関係市町と協議し、決める。
>協議や検討の状況によっては、委託運営の期間や、廃止時期の延長もあり得るという。府幹部は「競輪事業の廃止を念頭に、バンクを生かした運動施設にするのが良いのか、更地にして再利用するのが良いか、ゼロベースで協議したい」と話す。
>2016年03月16日 07時20分配信

鎮火したと思ってた人はアテが外れた格好。まあ

 >府は2011年に「中長期的に存続は難しい」と将来的には
  廃止する方針を打ち出していた

だから、もともと既定方針を一時棚上げしてただけで、改めてスケジューリングしましょうと再確認し具現化しただけではある。記事冒頭に

 >府は、京都向日町競輪場(向日市寺戸町)を早ければ4年後に
  廃止する方針を15日までに固めた

こうあるって事は

 >状況によっては、委託運営の期間や、廃止時期の延長もあり得る

これは字面通りには受け取れない、ガス抜きとかエクスキューズのタグイで、本音の部分では廃止に極めて前向きって事だ。あとは粛々と進めて行くだけ、まあ向日町に関しては生きてるだけで丸儲け、いつ命脈を断たれてもおかしくないと俺は思ってたから、特段ショックという事もない。ぶっちゃけ、取り立てて思い入れがある訳でもないしねえ。冷たいようだけど( ´-`)y-~~~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメントする

名前
 
  絵文字