February 19, 2016

高齢者金融トラブル続出 瀬戸内が危ない http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/15/278202/021700017/
>2016年02月18日 宗像 誠之、中 尚子
>瀬戸内海の島々で、金融関連のトラブルに巻き込まれる高齢者が後を絶たない。背景には、意外な資産家の多さや島の閉鎖性に目を付けた“裏”と“表”の金融業者の存在がある。
ph01瀬戸内海国立公園の特別地域に指定されている景勝地「寒霞渓」から見た小豆島町の市街地 http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/15/278202/021700017/ph01.jpg
>「小豆島における高齢者を狙う金融詐欺は、残念ながら、今に始まったことではない」。香川県小豆県民センター相談員の平林有里子氏はこう話す。
>なぜ小豆島は、詐欺グループに狙われるのか。現地取材からはいくつかの理由が浮かび上がる。
>一つは、単純に、「知られざる資産家集積エリア」であることだ。
>高松市の北東約20キロメートル沖に浮かぶ小豆島では、温暖な瀬戸内式気候を生かし、随所でオリーブなどが栽培されている。しょうゆやそうめん、つくだ煮、ごま油など全国区で競争力のある地場産品も多い。このため、島の一部は江戸時代には幕府の「天領」として、重要な財源になっていたほどだ。
>石材の採掘も盛んで、小豆島の石は大阪城の石垣に使われた歴史もあり、今も湾岸工事用などで需要がある。こうしたことから、地場企業の経営層や地権者など富裕層が多く、実際、島を歩けば“オリーブ御殿”“しょうゆ御殿”をいくつも見かけることができる。
>そんな状況に輪をかけて、2000年代前半以降、「小豆島=投資好きの富裕層が暮らす島」というイメージが全国的に広まってしまった。きっかけは、当時、絶大な人気を誇った投資信託「グローバル・ソブリン・オープン(通称グロソブ)」が現地で爆発的に売れ、一部メディアで「グロソブの島」などと紹介されたことだ。
>主要先進国のソブリン債券を主な投資対象とするグロソブは、毎月分配型投資信託の先駆けとして、2000年頃から全国的に流行。2000年代初頭には、7000円前後の基準価額で毎月1万口当たり60円の分配金が出ていた。仮に2000万円投資していれば毎月17万円、2億円なら170万円の分配金が出ていたことになる。年金だけでは心もとないと考えていた高齢者が、低リスクで毎月の収入を確保する手段として買い求めたのも無理はない。
>その傾向が顕著に表れたのが小豆島だった。2007年頃には、人口が3万人程度の小豆島で、約100億円分のグロソブが保有されていたという。
>「もともと資産がある上、島内に娯楽が少なくカネの使い道がないため、投資に回せる資金が多い。地域の人々の多くは顔見知りのため、『投資信託でもうけたカネで車を買い替えた』といった噂はすぐ伝わる。遅れてなるものかと、資産を持つ島民の多くが投資に走ってしまった」とある島民は説明する。
>こうして、小豆島は詐欺グループの間で「一定の資産を保有し、投資に興味がある高齢者が数多く暮らす島」と位置付けられてしまった。
>(日経ビジネス2015年11月30日号より転載)

何だそりゃ。小豆島ってそんな凄いトコだったのか。俺なんか小豆島=児玉広志ってイメージしかなくて
児玉 広志 - 選手近況成績|KEIRIN.JP
それがまさか、こんなにも富める島であったとは知らなんだ。何なら児玉の家ですら普通クラスだった…まで有り得るんだな。しかし、それほどまでに富んだ島であるが故に悪者達が虎視眈々、と。鴨ネギ一網打尽まである猟場とあれば、そりゃにモノせんと爪と牙を研ぎ澄ます狼が来ない居方がおかしい。そうか、児玉広志はこういう環境下にあったのか…( ´-`)y-~~~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメントする

名前
 
  絵文字