February 06, 2016

おぎやはぎ、女遊び芸人狩野に感心「神社の息子…」 http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1601139.html
>[2016年2月5日20時51分]
sc20160205_ym_ogiyahagi-w500_0おぎやはぎの小木博明(左)と矢作兼(写真は2014年12月28日) http://www.nikkansports.com/entertainment/news/img/sc20160205_ym_ogiyahagi-w500_0.jpg
>お笑いコンビ、おぎやはぎの小木博明(44)と矢作兼(44)が、複数の女性との交際疑惑が持ち上がっているお笑い芸人の狩野英孝(33)について「ついに現れたね、芸人らしい男が」と冗談まじりに感心した。
>おぎやはぎの2人は4日深夜放送のラジオ番組「おぎやはぎのメガネびいき」で、狩野の話題に「どうしても笑っちゃうなあ。英孝ちゃんだからね」と触れた。
>“元カノ”とされるシンガー・ソングライター川本真琴や、“今カノ”と名乗り出ているタレントの加藤紗里だけでなく、さらにネット上では狩野と関係を持ったと告白する複数の女性たちが登場して話題になっている。
>矢作は、交際女性たちの真偽は不明としながらも、「芸人はさ、昔は『女遊びは芸の肥やし』なんて言ってさ、女遊びは当たり前みたいな感じだったよね。ウチのお母さんの世代だったら、『芸人でしょ、そりゃ女遊びくらいするわよ』ぐらいの認識だけど」と語り、「このご時世、結構厳しいから、なかなかこういう男は現れなかったよ。ついに現れたね、英孝ちゃん」と、“昔ながらの芸人”のように浮名を流す狩野をイジった。
>矢作のコメントを受けて、小木も「きたねー、芸人らしい人が。えらいよ、ずっと遊んでんだから」と同調。矢作は「すごいよこの人ほんとに。しかも神社の息子だからね。本物ですよ」と笑いながらも感心しきりだった。

それこそ「芸のためなら女房も泣かす」、往年の勝新太郎や横山やすしを見よ。もちろん今の英孝チャンの芸はその域に遠く及ばないけど、愛され方はよく似ている、憎めないのだ。結婚してたら「奥さん可哀想」って声も上がるかもしれないけどもう別れちゃってるから、何股かけてようが誰を選ぼうが全部裏切ろうが犯罪でもない。まあ、実際付き合ってて、自分を選んで欲しいと思ってる女性にとってはそんな悠長な事言ってられない、必死だろうけども。
 ミもフタもない事ではあるが、芸能人や著名人がスキャンダル起こしたって俺の人生や実生活には関係ない。それが不道徳のレヴェルでは済まない犯罪、例えばクルマで誰か轢き殺したとか詐欺だとか覚醒剤であっても、我が身に迷惑が及ばない限りは同じ事だ(関係あるとしたら脱税ぐらいのものだ)。その人に対する見方や感情はもちろん変化するが、それだけ。だからそういう、何かしらヤラカシた人達に正義感振りかざしTV局に抗議の電話する人達って何なんだろうか?といつも不思議に思う。動機とか行動力とか、鬼の首でも獲ったかのようにヒステリックになっちゃって。不道徳だから子供の教育に悪い…ってのは一理あるが、例えばネットで「毒女」と呼ばれる独身女性にはこの理屈は使えないしねえ('A`)?
 そういえば、先月のこのラジオでおぎやはぎはベッキー騒動を「これがダレノガレ明美だったら大した問題じゃないもんな」と喋ってたが、実際そんなもんだよなと思う。とはいえ、CMに採用してる企業としちゃ一大事、堪ったもんじゃないのもまた確か。…てな訳で、3競オートのCMやイメージキャラクターやってる芸能人をチェックすると…犯罪ではないけど、1人居るな。まあ生放送でパンツ下ろしてブランブランさせちゃったのは何十年も前だし、NHKの冠番組ももう結構な長きに渡る人気、いつまでもそのイメージを引き摺ってそういう事を言うべきではないんだろうけども。…でも、芸人としてそういう狂気は必要でもあるし、実際持ち続けてるし、ずっと持ち続けてて欲しいし。うん、こっちの意識はなかなか変われないよな(´・ω・`)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字