February 03, 2016

【あの時・オグリキャップ】(番外編4)白川次郎アナウンサー : スポーツ報知 http://www.hochi.co.jp/horserace/20160204-OHT1T50156.html
>2016年2月1日18時24分 スポーツ報知
20160204-OHT1I50067-L白川次郎アナウンサー http://www.hochi.co.jp/photo/20160204/20160204-OHT1I50067-L.jpg
>―1990年の有馬記念で実況を担当されました。印象的だったのが残り200メートルでオグリキャップが先頭に立った時に「さあ、頑張るぞ、オグリキャップ」との言葉です。
>「完全に思い入れですね。『頑張れ』では応援になってしまうので『頑張るぞ』にコンマ何秒かで変えたんです。ラジオたんぱ(現ラジオNIKKEI)は場内放送を競馬会から委嘱されているオフィシャルの放送なので、厳正中立でなければいけない。これはどこの局でも一緒なんですけどね」
>―実際にレースを実況した感想は。
>「まさか(オグリキャップが)勝つと思っていませんでした。『ホントに? え〜っ!』という感じ。人間の世界ではあり得ないような奇跡的な勝ち方でした。ゴール前はものすごくテンションが上がって、結局、レース前に用意したコメントを全く使いませんでした」
>―勝った時のコメントを用意していたのですか。
>「出走馬全馬、勝った時にどう褒めてあげようかと称賛の言葉を用意するんですよ。当然、オグリキャップも用意してありました。ただ、これだけのことをやった馬に対して、通り一遍の褒め言葉はないだろう、と。空々しくなってしまうので、用意した言葉を一切捨てました。何を言おうかとなった時、びっくりした気持ちを素直に言おうと思いました。『この最後の瞬間にファンの期待に応えました』と。素朴に『すごい』と思いました」
>―ゴール後、オグリコールが起こった時に「さあ、みなさんもご一緒にどうぞ」と一言添え、黙ってマイクを場内に預けました。
>「実は、その年(1990年)のダービーで失敗しているんです。中野コール(アイネスフウジンで勝った中野栄治騎手をたたえるコール)が起きた時に、解説の方々に話を振ってしまいました。場内の音をそのままマイクに乗せて全国の皆さんに伝えれば、すごくいい雰囲気が伝わったはずなんですよ。せっかくいい音素材がありながら使えなかったという、ものすごく悔やんだ例があったんです。ですから、オグリコールが起きた時に、僕は黙ることにしたんです」
>―17万人のオグリコールを電波に乗せました。
>「音声さんや技術さんにお願いして、マイクのボリュームを上げてもらって。オグリコールを30秒くらい、ずっと聞いていただきました。それが全てを語っていると思うんです。その声を聞くだけで、スタンドの情景や競馬場全体の雰囲気が伝わったのではないかなと。あれは僕がどんな言葉を使っても言い表せない。言葉で伝えられる限界はやっぱりあって、それは常々感じており、競馬場のみなさんのリアクションを聞いてもらうことで、言葉を上回るものが伝わったと思います」
>(聞き手・石野 静香)
>◆白川 次郎(しらかわ・じろう)1945年11月5日、高知県生まれ。70歳。日大芸術学部放送学科から1968年にラジオたんぱ(現株式会社日経ラジオ社)に入社。オグリキャップが勝った有馬記念(88、90年)のほか、ミスターシービーが制した天皇賞・秋(84年)、トウカイテイオー復活の有馬記念(93年)などを実況。2002年に初のエッセー「あと100っ!」を出版。14年には過去のレース実況を収録したCD「白川次郎実況名勝負セレクション」を発売した。2014年6月に引退。現在は美浦トレーニングセンターのG1調教見学ツアーなどを行っている。171センチ、67キロ。血液型B。

「番外編4」とあるようにかなりの大特集だが(本項だってかなり端折ってる)、それが出来るばかりか、それを紙面で特集する事を許されるほどのスターホースだったという事だ。とにかくエピソードに事欠かない、そしてそれに触れた白川さんの強烈なプロ意識たるや!四半世紀経って、改めてオグリキャップの偉大さに思いを馳せると共に、これをやってくれた報知G.J.!と褒めそやしたい。俺はこの有馬は見(←「ケン」。バクチ用語で「スルー」の意)だったし、俺の馬券術は消しから入るのでアンチとまではいかないまでもオグリファンではなくて、でもそんな俺にすら「刺さる」良記事だった。再度、報知GJ(•∀•)!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメントする

名前
 
  絵文字