December 07, 2015

【CC】コパノリッキー7着 弱点出た http://www.daily.co.jp/horse/2015/12/07/0008626242.shtml
>2015年12月7日
ec16a5ab.jpg7着に沈んだコパノリッキー http://daily.c.yimg.jp/horse/2015/12/07/Images/08626243.jpg
>「チャンピオンズC・G1」(6日、中京)
>12番人気の6歳牝馬サンビスタが、史上初の牝馬によるJRAダートG1制覇を成し遂げた。内から末脚を伸ばした3歳馬ノンコノユメが2着。3着には大外から強襲したサウンドトゥルー。連覇を狙った2番人気のホッコータルマエは5着。1番人気のコパノリッキーは逃げて7着に沈んだ。
>フェブラリーSに続き、今年のJRAダートG1V2を狙ったコパノリッキーだったが、1番人気に応えられず7着に沈んだ。まずまずのスタートからハナを奪いに行ったものの、序盤はクリノスターオーやガンピットに絡まれる展開。「意味が分からない絡まれ方をされて、無駄脚を使わされたね。絡まれるともろいという弱点が出てしまった。まぁ、勝負だからしょうがないけど」と武豊は口をとがらせる。直線入り口までは何とか踏ん張ったが、最後は余力がなかった。村山師も「厳しい展開だった」とポツリ。次走は未定ながら、東京大賞典が視野に入っている。

1コーナーの攻防で同型のコーリンベリーが引いて、スンナリとハナ行けてシメシメ…と思いきや、代わりにクリノスターオーとガンピットが絡んで来た。でもってその2頭がブービーとシンガリじゃ、豊が「冷やかしで競りに来るんじゃねえ!」って怒るのももっともだ。しかし一方で、人気(それも1番人気!)の逃げ馬に誰も競り掛けなかったら、それこそ他馬の無気力競走だと批判の声が上がるだろう。特に、国際競走で外国人騎手も居るとなれば意外な展開になるという事もある(問題の2頭共、外国人騎手の騎乗だった)、というのは誰もが経験して来たのではなかったか。
 いやもっと言えば、日本だって昔の時代は勝ち負けを度外視して競りに行く例は、もちろん年がら年中起きてた訳ではないが、珍しいものでもまたなかった。いきなり大昔だが、「華麗なる一族」ハギノカムイオーにゲイルスポートが、自身はシンガリ負け確定と解っていながらの競り込みを幾度となくやってたのは、オールドファンの間では今なお語り草となっている。競輪の「トップ引き」みたいな、
競輪について教えてください。- その他(ギャンブル) | 教えて!goo http://oshiete.goo.ne.jp/qa/511694.html
よく馬主さん怒らなかったものだ。まあ当時は、馬主なんて「ダンナ」気質でやるものではあったけども。
 競輪といえば吉岡稔真も、全盛期には抱き込み心中というか、「どうせ敵わぬならせめて一矢」「吉岡を不発に終わらせ自分の名を売ろう」とばかりにバカ逃げする若手がしばしば現れ、吉岡は「吉岡を不発に終わらせても、自分が9着(=最下位)だったらそれは勲章じゃない」と苦言を呈してたっけ。
 話モトイ。豊だってそういった事は先刻ご承知で(な筈だ)、だから本心から不快感を示したのではなく、馬主や同馬の馬券買ってくれた人達へのエクスキューズであるとか、気持ちをおもんぱかっての発言なのだろうと思う。例の2頭の騎手に裏で一喝!なんて事は多分ないだろうな、と( ´-`)y-~~~

Hot Brass
Hot Brass

アーティスト:Ricky Ford
販売元:Candid
発売日:1992-07-24

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメントする

名前
 
  絵文字