December 10, 2015

「2億円当せん券売る」 北見の男性170万円被害 http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/society/society/1-0211075.html
>12/09 07:33
>【北見】北見市の50代男性が7日、宝くじの当せん券をめぐり現金170万円をだまし取られたと北見署に届け出た。同署は特殊詐欺事件とみて調べている。
>同署によると、男性宅に11月上旬、占い師を名乗る男から「近々(あなたに)金が入る」と電話があった。さらに11月中旬ごろ、架空の金融機関従業員を名乗る男から「2億円当せんの換金されていない宝くじの券を、200万円で売ることができる」と電話で持ち掛けられた。
>男性は12月3日、男の指示で、オホーツク管内大空町の女満別空港から航空会社の貨物輸送サービスを使って、現金を東京都内の住所に送った。その後、金融機関従業員を名乗る男がさらに現金を要求したことから、北見署に相談した。

犯罪被害者の事を悪く言うのは追い討ちを掛けるみたいでちょっと気が引けるんだけど、でもこれはヒドイ。何でこんなレヴェル低いのに引っ掛かっちゃうかねえ。犯行グループも、アッサリ決まり過ぎちゃって拍子抜けしたんじゃないか?
 これが逆に「1億の当たり券を1億2000万で買いませんか」なら解る。実の親子であっても、カネをくれてやる際は110万を超える額に贈与税が発生する(1億だったら約5000万円)、「それが2000で済んだらお得でしょ?贈与したい相手が当たった事にして、自分で換金すればいい」と。そうやってカネ巻き上げて当たってない券や偽物を渡す、あるいはいきなりトンズラしちゃうと。これなら詐欺としても知能犯だ。対してこっちは、本当に知能がない。被害者には、引っ掛かっちゃった事ではなく「引っ掛かっちゃうぐらいの程度である事」それ自体に同情する。もう、読んでて情けない(´・ω・`)

マネー・ジャングル
マネー・ジャングル

アーティスト:デューク・エリントン
販売元:ユニバーサル
発売日:2014-10-07

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字