November 07, 2015

85歳女性、1億円超の紙幣切り刻んで死去 遺族への嫌がらせ? http://www.afpbb.com/articles/-/3065733?act=all
>2015年11月06日 18:07 発信地:ウィーン/オーストリア
e123cf81.jpg仏北部リールで撮影された20ユーロ札(2013年12月11日撮影)。(c)AFP/DENIS CHARLET http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/3/b/400w/img_3b4ee5c7a7b993eb31c8953f071c3734232063.jpg
>【11月6日 AFP】オーストリアで、85歳で死去した女性の遺留品から細かく切り刻まれた大量のユーロ紙幣が見つかった。総額100万ユーロ近くにのぼり、遺産を相続する親族への嫌がらせのために女性が細断したとみられる。
>司法当局が5日、明らかにしたところによると、高齢者施設で亡くなったこの女性のベッドから総額95万ユーロ(約1億2600万円)分の紙幣と預金通帳が見つかった。ユーロ紙幣も通帳ももれなく細断されていた。
>検察当局者はAFPに、切り刻まれた紙幣は女性自身の財産であり、刑事事件として成立しないため、遺族はどうすることもできないと語った。
>だが大衆紙クリア(Kurier)は、最後に笑うのは遺族のほうだと報じている。クリアによれば、オーストリア国立銀行(OeNB、中央銀行)は寸断された紙幣について、出所を証明できれば全額交換に応じると話している。

宝くじで高額賞金当たったばっかりに人間関係メチャメチャになったなんて話もある、なら「遺産巡って家族親戚が争うのは忍びない」なんてなってもおかしくないか。それか単純に、自分の財産目当てな姿勢や態度がミエミエで腹立ったとか。
 とはいえ、日本でも破損した紙幣については取り決めがある、

 傷んだお金の引換えについて - 日本銀行 http://www3.boj.or.jp/shizuoka/gaiyou/hikikae.html
 >■お札の引換基準
 >燃えたり、破れてしまっても、表、裏両面があり、残っている面積が全体の3分の2以上であれば全額、5分の2以上であれば半額、として引換えます。
 >なお、面積が5分の2未満の場合は、お札としての価値がなくなり、残念ながら失効となります。
 >■貨幣(コイン)の引換基準
 >溶けたり変形したりしていても模様の認識ができ、重さが正規の重量の2分の1を超えるものは全額で引換え、それ以外は無効となります(ただし金を素材とする貨幣の引換えは、模様の認識ができ、重さが正規のものの100分の98以上を有することが必要です)。
 >貨幣の場合、お札のように半額といった基準はありません。

他国だって当然そういうのはあるだろうし。ましてや無事換金出来るとあっちゃ、婆さんの負けだ。実際のところ、「細かく切り刻まれた」って、どれぐらい細かかったんだろうか?シュレッダーで3×6ミリとかだったらパッと見ゴミだから、遺族も気付かず捨てちゃってしておかしくないけど、刻み揚げみたいな短柵切りだったらモロバレ、それこそ単なる嫌がらせでしかない。対世間や隣近所に向けての、無言の訴えだわな(´・ω・`)

ザ・カッティング・エッジ
ザ・カッティング・エッジ

アーティスト:ソニー・ロリンズ
販売元:ユニバーサル ミュージック クラシック
発売日:2013-03-13

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメントする

名前
 
  絵文字