October 23, 2015

ドラフト会議で当たりクジ取り違え事件 http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/baseball/463410/
>2015年10月22日 17時56分
50053e03.jpg勘違いしてガッツポーズした真中監督(右) http://www.tokyo-sports.co.jp/wp-content/uploads/2015/10/ea7bfcc9c7026433896eeb157dc865b0.jpg
>22日に行われたドラフト会議で当たりくじ取り違え事件が起きた。ドラフト1位指名で阪神、ヤクルトが明大・高山俊で競合。阪神・金本知憲監督とヤクルト・真中満監督が抽せんとなった。当たりくじには交渉権確定と書かれているのだが、先に封を開けた真中監督が勘違いしてガッツポーズ。その動きを見た金本監督はくじを確認しなかった。
>だが、その後にNPB関係者がヤクルトのテーブルに赴き、真中監督になにやら説明を始めると、真中監督の「えっ、違うの!」との悲鳴が…。しばらくの沈黙の後、NPBから「確認のミスがありました。当たりくじは阪神球団です」とアナウンスされると、会場からは「ええー!」との声が響いた。気を取り直してインタビューに臨んだ金本監督は「ビデオ判定でホームランに覆った心境です」とコメント。真中監督には「真中! ドンマイ!」との声援が飛び、観客をドッと沸かせた。
>過去には2005年のドラフト会議で巨人・辻内崇伸、日本ハム・陽岱鋼の当たりくじを取り違える事件が起きている。
ドラフト当たりくじ確認ミスは05年にも… http://www.daily.co.jp/newsflash/baseball/2015/10/22/0008503585.shtml
>2015年10月22日
88098a8d.jpg当たりクジには「交渉権獲得」の印が入っているが… http://daily.c.yimg.jp/baseball/2015/10/22/Images/08503586.jpg

すり替えが出来ないよう、用紙にはNPBの公印が捺されてて、それプラス『交渉権獲得』の文言があって初めて当たりですよっつってるのに10年前と同じ騒ぎ。こりゃ「50年前の黒い霧事件を教育してなかったのか」なんて批判出来る義理じゃないわな。
 そもそも、なぜくじでなくてはいかんのか。ショウアップという事ならヴァラエティ手法を取り入れない手はない、激辛早く完食したら勝ちとか、粉の中に入れた飴玉を手を使わずに取すなんてのでも良いじゃないか。顔中粉まみれでガッツポーズする監督とか、選ばれた選手も「自分の事をそんなにしてまで欲しがってくれたんだ」って感動にうち震えるかもしれん。TV的「良い画(え)」が撮れるじゃないか。
 まあ冗談はそれぐらいにしても、AKBみたくジャンケンだって良いだろう。後出しが気になるっていうならグー・チョキ・パーの描かれたカードをいっせのせ、という手だってある。とにかく、紙の入った封筒を引くなんて事をやってるからこういう勘違いが起こるのだ。そして何より地味だ。何なら俗に言うガラガラポン、正式名称新井式回転抽選器だって良い。実はこれこそが、一番不正をし難い抽選法であるのだからして。
 話モトイ。今回の戦犯はヤクルトの真中監督だが、そのガッツポーズを見て自分のを確認しなかった阪神金本監督も悪い。今から「ブラフに弱い」ってレッテルを自分から貼っちゃうって、ねえ。大体、3競オートやってる身からしたら「馬(車)券は確定するまでお捨てになりませんよう(ry 」って習性が身に付いてるから「でも一応」って自分も絶対中を見るものだ。…こりゃ来期のタイガースは「諦めが早過ぎる!」ってな事にならんのか('A`)?

ラッキー・ストライクス
ラッキー・ストライクス

アーティスト:ラッキー・トンプソン
販売元:ユニバーサル
発売日:2014-05-06

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字